CloudToken(クラウドトークン)

現在、多くの人が仮想通貨取引や管理を行っており、仮想通貨によって莫大な資産を手にすることができた人もたくさんいます。

適切に取引をすることができれば誰にでもチャンスがあることから、世界中の人が積極的に仮想通貨取引を行っている状況です。

そして、大切な資産である仮想通貨を保管・管理する際は、トラブルをできる限り回避するために多くの人がウォレットを利用しています。

ウォレットには数多くの種類がありますが、最近注目が集まっているのが配当型ウォレットで、今回紹介するクラウドトークンもそんな配当型ウォレットの一つです。

国内だけでなく世界中で注目されているクラウドトークンには、どのような特徴があり、どのような評価を獲得しているのでしょうか?詳しく紹介していきます。

CloudToken(クラウドトークン)のwiki的基本情報

CloudToken

ウォレット名 CloudToken(クラウドトークン)
分類 配当型ウォレット
公開月 2018年
公式HP https://www.cloudtokenwallet.com/
ホワイトペーパー -
Twitter @CloudTokenCTO
Facebook @CloudTokenOfficialGF
Reddit -
TelegramID -
YouTube Cloud Token Official

CloudToken(クラウドトークン)とは

クラウドトークンは配当型ウォレットの一つです。

クラウドトークンに対応している仮想通貨を一定額投資もしくは運用することで報酬を獲得できます。

投資や運用額に合わせて相応の報酬を獲得することができるので、国内で高い人気を獲得しています。

CloudToken(クラウドトークン)の特徴

クラウドトークンには魅力的な特徴がいくつもあり、多くの人に関心を与えることができています。

あまり配当型ウォレットに詳しくない人でも、どのような特徴があるのか簡単に理解できるでしょう。

月利は6%から12%

クラウドトークンに対応している仮想通貨を運用することで、月利による報酬を獲得することができます。

月利は6%から12%ほどとなっており、多くの資産を運用している人は多くの報酬を得ることが可能です。

国内だけではなく世界中の人がこの月利に魅了されており、積極的な利用が目立っている状況です。

ただ運用するだけでも少しずつ仮想通貨を増やしていくことができるので、特に多くの仮想通貨を保有している場合は非常に魅力的と言えるでしょう。

運用開始から30日以降は出金手数料0%

特徴の一つになっているのがクラウドトークンの出金手数料です。

クラウドトークンでは、運用開始から30日以内は8.9%の出金手数料が発生します。

しかし、運用開始から30日以降は出金手数料が0%になるので、手数料を木にすることなく仮想通貨を出金することが可能です。

この期間は各ウォレットによって異なりますが、クラウドトークンの場合はかなり短い期間に設定されているため、大きな魅力の一つとなっており選択する人が増えています。

紹介報酬でも資産を増やすことが可能

クラウドトークンでは、紹介報酬もあります。

直で紹介した人物の収益から100%の紹介報酬を受け取ることができ、その次の代からは50%の収益を紹介報酬として獲得することができます。

3代目以降からは5%ほどの紹介報酬を受け取れるようになっており、紹介した人が少しでも報酬を獲得できるように配慮されています。

7種類の仮想通貨に対応している

クラウドトークンは、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨だけではなく、ライトコインやビットコインキャッシュなどの仮想通貨にも対応しています。

これらの仮想通貨を持っている人は気軽にクラウドトークンを使用できるので、とても便利です。

対応している種類は多くありませんが、このように様々な仮想通貨に対応しているのがクラウドトークンの強みです。

登録がシンプルで簡単

クラウドトークンは、各デバイスにクラウドトークンのアプリをダウンロードできるように環境が整えられています。

そしてダウンロードとインストールを完了したら速やかに登録手続きを実施でき、クラウドトークンで投資や運用などを実施することが可能です。

とてもシンプルで分かりやすく、操作性に優れているので多くの人から評価されている部分になります。

CloudToken(クラウドトークン)の配当や仕組み

クラウドトークンはとても分かりやすく月利は6%から12%に定められています。

最低入金額は500ドルになっているので、運用開始にそれほど多くの資産も必要としません。

紹介報酬の配当は、直紹介をした人物が獲得した収益の100%を獲得することができます。

次の代が50%で3代目以降が5%に定められているのがクラウドトークンの特徴です。

CloudToken(クラウドトークン)は出金できる?

CloudToken(クラウドトークン)は出金できる?

クラウドトークンは2019年7月29日時点で出金することができます。

入出金に関して非常に安定しているのがクラウドトークンの特徴で、多くの人が安心して出金できている状況です。

ただクラウドトークンで出金する時は、運用日数に注意しなくてはいけません。

30日以内の場合は出金手数料が8.9%に設定されているので相当の手数料を支払うことが必要です。

30日以降であれば出金手数料が0%に定められているため、たくさんの人がこの日数に気をつけながら出金しています。

CloudToken(クラウドトークン)に対する評判(口コミ)

CloudToken(クラウドトークン)に対する評判(口コミ)

すでに世界中の人が利用しているクラウドトークンなのですがTwitter上では、様々な評価を獲得しています。

良い評判も存在していれば、悪い評判もあるのでどのような評判になっているのか気になる人はTwitter上をチェックすることで、すぐに確認できます。

アップルストアに承認され驚愕

このツイートでは、アップルストアに承認されたことに対して、びっくりしている様子を確認することができます。

これによって簡単にクラウドトークンをダウンロードすることができ、使用できるので他の人もリツイートしている状況です。

あまりにも衝撃的な出来事により、本当なのか疑っている部分も確認できます。

徐々に上昇していることに満足

クラウドトークンの価格が上昇していることに満足しているツイートになります。

とてもシンプルなツイートで、クラウドトークンに良い印象を持っているのが把握できます。

問題なく出金できることを高評価

他の配当型ウォレットの場合、事情によって出金することができない場合があります。

しかし、クラウドトークンの場合、問題なく出金できていることが確認できます。

ただ出金できているだけではなく、安定感があるのでクラウドトークンに対して高評価をしているのが特徴です。

不具合で登録できない可能性を指摘

著しく悪い評判になっている訳ではありませんが不具合によって、登録できない可能性をツイートしています。

時間を空けてから再度登録手続きを実施することで、登録できる可能性があることを多くの人に広めています。

運用中のETHが消失し悪い評価

運用していたイーサリアムが消失したことに対するツイートが行われています。

このツイート以外にも他の人がリツイートしており、かなり悪い評判が目立っている状況です。

特に多額のイーサリアムをクラウドトークンで運用していた人には大打撃になっています。

クラウドトークン関連の詐欺の警告

クラウドトークンを使用した詐欺もしくは悪用に関して促しているツイートです。

どのような人物なのか確認でき、クラウドトークン自体にもあまり良くない発言をしています。

CloudToken(クラウドトークン)のまとめ

配当型ウォレットであるクラウドトークンは、月利が6%から12%に設定されているのが特徴です。

紹介報酬もあるため、配当以外でも資産を増やすことが可能となっています。

シンプルで簡単な登録方法が確立されているため、国内だけでなく世界中から注目が集まっています。

30日以内の出金には8.9%の手数料が発生しますが、30日以降は出金手数料が0%になります。

2019年7月29日時点では、問題なく出金ができる状況です。

Twitter上では、クラウドトークンに保管していたイーサリアムが消失したり、不具合で登録できない状況に対する悪い評判もありますが、全体的には良い評価のツイートが目立っています。

魅力的な配当型ウォレットとして、今もたくさんの人に利用されているのがクラウドトークンなのです。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事