SCFToken

近年、配当型ウォレットが続々と誕生しており、仮想通貨に興味を持っている人に強いインパクトを与えています。

運用するだけで配当を獲得し資産を増やすことができるため、多額の仮想通貨を配当型ウォレットで運用した場合は、驚くほど多くのの資産を得ている人もいます。

今回紹介するSCFTokenは、そんな魅力的な配当型ウォレットの一つです。

この記事では、SCFTokenの特徴や配当の仕組み、出金状況やTwitterでの評価などについてまとめてみました。

SCFToken(SCFトークン)のwiki的基本情報

SCFToken

出典:SCFToken

ウォレット名 SCFToken
分類 配当型ウォレット
公開月 2019年
公式HP https://scfly.io/scf/index
ホワイトペーパー -
Twitter -
Facebook -
Reddit -
TelegramID -
YouTube -

SCFToken(SCFトークン)とは

SCFToken

出典:SCFToken

世界中の人が使用しているSCFTokenは、使用しているユーザーが20万人を突破している人気の配当型ウォレットです。

CodingFly会社が運営と開発を実施しており、本社はシンガポールに存在しています。

投資額によって得られる配当が異なっており、最大月利が15%になっているのが特徴です。

SCFToken(SCFトークン)の特徴

SCFToken

出典:SCFToken

たくさんのアクティブユーザーを獲得しているSCFTokenは、魅力的な特徴がいくつも発生しています。

その中でも5つの特徴が大きな魅力になっており、たくさんの人に関心を与えることができています。

投資額が多いほど高い月利で多くの配当を得やすい

SCFTokenは、投資額が多いほど高い月利を獲得することができ、たくさんの配当を獲得できるのが魅力です。

50000ドル以上投資した場合は、高い月利によって相応の配当額を得ることができ、着実に資産を増やしていくことが可能です。

投資額が少なくてもある程度の月利が設定されているので、それでも地道に増やしていくことができます。

保有している仮想通貨を増やしたいと考えている場合は、SCFTokenを使用することで少しずつでも資産を増やすことが可能です。

100ドルから運用可能で気軽にチャレンジできる

SCFTokenは100ドルから投資を行うことが可能となっており、この点が多くの人から支持されている特徴の一つとなっています。

この100ドルという金額は、他の配当型ウォレットと比較しても非常に低く設定されています。

多くの配当型ウォレットは最低投資額が500ドルや1000ドルに定められているため、少ない資金でも運用を始めることができるSCFTokenは非常に魅力的な配当型ウォレットといえます。

いつでも出金することが可能

SCFTokenは、出金に関する制限が特になく、いつでも出金できるように配慮されています。

ただし、運用開始から30日以内の場合は5%の出金手数料を支払う必要があります。

運用開始から30日以降は出金手数料が1%に設定されているため、少ない出金手数料で出金が可能となります。

様々な銘柄の仮想通貨を保管できるSCFToken

SCFTokenは、有名なビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨だけでなく、様々な仮想通貨を預けられるのが魅力です。

国内での人気が高いリップルも預けることができ、高い利便性が保たれています。

ただし、配当を受けることができるのは2019年5月時点ではイーサリアムとビットコインのみとなっているので注意が必要です。

随時、預けた仮想通貨に合わせて対応しており、少しずつ配当を獲得できる仮想通貨が増えています。

SCFを預ける時は更に高い月利

SCFTokenは、SCFを預ける際は月利が優遇されるというシステムを採用しています。

最大で月利15%になっているので、人によってはSCFを預けて多くの配当を獲得しています。

最低の月利もSCFを預けた場合は月利7%に定められているのでお得です。

SCFToken(SCFトークン)の配当はどれくらい?仕組みは?

SCFToken

出典:SCFToken

投資額によって月利が異なるSCFTokenは、多額の資産を運用するほどたくさんの配当を獲得することが可能です。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を預ける際の配当は以下の通りです。

  • 100ドル〜500ドル ▶ 6%
  • 501ドル〜30000ドル ▶ 10%
  • 30001ドル〜50000ドル ▶ 12%

また、SCFを運用した場合の配当は以下の通りです。

  • 100ドル〜500ドル ▶ 7%
  • 501ドル〜30000ドル ▶ 12%
  • 30001ドル〜50000ドル ▶ 15%

SCFを預けて運用すると、よりお得な月利で多くの配当を獲得可能です。

SCFToken(SCFトークン)は出金できる?

SCFTokenは出金できる?

SCFTokenは、2019年7月29日時点で出金手続きをすることができ、無事に着金している人が多数います。

現時点ではSCFTokenは問題なく出金することができ、獲得できた配当を着金によって獲得できている状況です。

SCFToken(SCFトークン)に対する評判

SCFTokenに対する評判

様々な配当型ウォレットが評価されている中、SCFTokenも良い評判が目立っています。

しかし人によっては良い評判ではなく、悪い評判をしており、現状のSCFTokenに満足していない人もいます。

Twitter上では各々の発言やツイートが行われていて、様々な考え方を把握することができます。

SCFの価格上昇をツイートしているアカウント

このツイートでは、SCFの価格高騰によってとても満足しているのが分かります。

SCFTokenに対して、良い評判をしており、今後の価格上昇を期待しています。

インストールや登録が面倒だが得られる配当を評価

このツイートでは、インストールや登録に関しては面倒と認めています。

ただしSCFTokenによって、仕事をしなくても良いほど安定した利益を確保できる可能性を説明しており、ポジティブな考え方を発言しています。

魅力的な配当になっているので、多くの人にSCFTokenの存在を知ってもらえるように紹介しているのも関係しています。

配当型ウォレットに興味を持っているアカウント

現時点で様々な配当型ウォレットがあるので、どのウォレットを選択しようか悩んでいるツイートです。

その中でもSCFTokenに強い興味を持っていて、登録しようか検討しており、前向きで良い評価をしています。

100ドルを切ってしまうと運用できなくなるので警戒しているツイート

SCFTokenは100ドルを切ってしまうと運用によって配当を獲得することができなくなるので注意が必要です。

このツイートでは、イーサリアムの価格が暴落した時も何とか運用できていることをアピールしています。

それと同時に100ドルがリミットになっており、若干ではあるのですがSCFTokenに悪い評価をしているアカウントです。

出金遅延情報を提供しているツイート

様々な配当型ウォレットの出金情報を提供しており、発言しているアカウントです。

上記ツイートでは、SCFTokenに対して遅延情報を提供しています。

このツイートは多くのリツイートを獲得しており、様々な意見交流が行われています。

SCFTokenが出金遅延しているということで、少なからず悪い評価をしています。

経営に不安を感じているアカウント

このツイートは、SCFの価格が上昇しているにもかかわらず、個人的な意見として運営に不安を感じており、マイナスな評判をしています。

その理由としてSCFTokenを使用するユーザーの増加スピードが遅いことを理由に挙げており、独自の発言をしています。

SCFToken(SCFトークン)のまとめ

100ドルから運用することができるSCFTokenは、他の配当型ウォレットよりも敷居が低く設定されているのが特徴です。

少しずつでも資産を増やせることから、すでに多くのユーザーを獲得しています。

いつでも出金できる点も魅力となっており、出金遅延がほとんど発生していないことも強みです。

配当の月利も高く設定されているため、たくさんの仮想通貨を保有している人はSCFTokenを活用することで着実に資産を増やすことができます。

Twitter上では、良い評判と悪い評判の両方が存在します。

出金や経営に関して少なからず不安を感じている悪い評価もありますが、SCFの価格上昇に満足していたり、高い月利に定められているのでその部分に納得しているツイートが目立ちます。

SCFTokenは世界中の人から注目されており、少しずつアクティブユーザーを増やしている人気の配当型ウォレットなのです。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事