ビットコインvsアルトコイン

仮想通貨取引や管理を行わない人でも、ビットコインは知っていることがとても多いです。

それだけ多くの人に認識されていて、今後に注目されている仮想通貨がビットコインになります。

そんなビットコインに対し、アルトコインと呼ばれている仮想通貨がいくつも存在しています。

人によっては同じコインが付いているので、一緒と考えてしまう場合もあります。

そこでアルトコインとビットコインはどのような違いが発生しているのか解説していきます。

そもそもアルトコインとは

そもそもアルトコインとは?

ビットコインの技術を元に誕生している仮想通貨をアルトコインと言います。

近年は様々なアルトコインが誕生しており、今ではかなり多くのアルトコインが存在している状況です。

イーサリアムやライトコインなど高い知名度を獲得している仮想通貨もアルトコインのひとつです。

正確に定められている訳ではありませんが、一般的には、ビットコイン以外の仮想通貨全般のことをアルトコインと呼んでいます。

そもそもビットコインとは

そもそもビットコインとは?

仮想通貨の中で高い知名度を獲得しているだけではなく、常に活発的な取引が行われているのがビットコインです。

仮想通貨の代表格として世界中の人に認められており、現在ではかなり高額な価格が発生しています。

2009年に運用が開始されており、仮想通貨の中で最も古い歴史がある仮想通貨です。

ブロックチェーン技術とP2Pネットワークを採用しており、中央管理者がいないだけではなく、当時素早く取引を行うことができたので注目された仮想通貨です。

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインの違いは?

アルトコインとビットコインには、様々な違いがあります。

人によっては同じ仮想通貨として認識している人もいますが、仮想通貨取引や管理を行う場合は間違わないように気を付けないといけません。

知名度が全然違っている部分

アルトコインとビットコインの大きな違として、世間一般の知名度が大きく違うという点が挙げられます。

ビットコインは最も知名度の高い仮想通貨で、仮想通貨に詳しくない人でも、テレビやネットを通して知っている人が多くいます。

これに対し、アルトコインは、ビットコインほどの高い知名度はありません

仮想通貨を知らない人にとっては、同じ仮想通貨として認識している人もいますが、知名度という点ではビットコインに大きく引き離されている状況です。

しかし、今後はビットコインだけではなく、アルトコインの取引も活発化されていくことが予想されているため、仮想通貨に興味が無い人もアルトコインの存在を正しく把握できるようになる可能性があるでしょう。

ビットコインのオープンコード改良や修正をしているのがアルトコイン

ビットコインのオープンコードを参考にして、改良や修正を行った仮想通貨がアルトコインになります。

アルトコインはビットコインを元にしており、ビットコインが抱えている様々な問題改善をするために誕生しています。

仮想通貨として同じポジションにいるのではなく、ビットコインが元になっており、ビットコインの問題点を改善したものがアルトコインなのです。

ビットコインとアルトコインには、このような違いもあり、ビットコインを元に誕生したアルトコインがたくさんあります。

アルトコインとビットコインのドミナンスの違い

アルトコインとビットコインのドミナンスの違い

以前は圧倒的にビットコインのドミナンスが高く、アルトコインはわずかになっていました。

仮想通貨におけるドミナンスとは、その通貨が仮想通貨の市場全体でどれだけのシェアを有しているかを表す指標です。

ドミナンスは仮想通貨へ投資する際のひとつの判断基準として使用されます。

引用:ドミナンスとは

しかし、2019年に入ってからは徐々にアルトコインがドミナンスが高くなっており、それに反動してビットコインのドミナンスが減ってきている状況です。

ビットコインの価格や問題などが原因でドミナンスが下がっている訳ではなく、アルトコインの普及や知名度向上などによってドミナンスが下がっているのが原因です。

今後もアルトコインに対し、活発的な取引が行われる可能性が高いので、ビットコインのドミナンスは下がる可能性があります。

とはいえ、2019年6月26日現在は、ビットコインがゴールドの価格に比例する様に、ドミナンスが高まってきています。

これはいわゆる、ビットコインが『デジタル・ゴールド』としての価値が高まってきているのではないかとの見方も強いです。

しかし、ドミナンスが高まると、ビットコインから一気に通貨が無くなり、アルトコインに資金が流れ、結果的にビットコインの価格がぼ暴落する可能性もある為、注意が必要です。

アルトコインとビットコインの価格の違い

アルトコインとビットコインの価格の違い

イーサリアムやライトコインなどの価格は、2019年6月25日時点で数万単位の価格になっています。

ビットコインの価格は2019年6月26日時点で130万円を超えており、価格では大きな差があります

ビットコインの方が高い価値が発生しているだけでなく、知名度も高いです。

それに加えて多くの取引所がビットコイン取引を行えるように環境が整えられているので、活発な取引が行われているという背景もあります。

アルトコインもこれまで以上に活発的な取引が行われるようになれば、ビットコインほどの価格高騰が発生する可能性もあるでしょう。

アルトコインとビットコインの時価総額の違い

アルトコインとビットコインの時価総額の違い

ビットコインの時価総額は2000億ドルを軽く超えており、時価総額においても1位を独走している状況です。

二位はアルトコインとして高い人気を獲得しているイーサリアムの約300億ドルですが、圧倒的な差がついています。

今後も当分はこのような状況が続くので、どのようにしてイーサリアムなどのアルトコインがビットコインの時価総額に近づけることができるのか注目されています。

アルトコインとビットコインが購入できる取引所の違い

アルトコインとビットコインが購入できる取引所の違い

アルトコインとビットコインを購入できる取引所は、国内と海外で大きな違いがあります。

特に国内取引所を利用して、アルトコイン購入を検討している人は、それぞれの違いを理解しておくことで満足いく取引ができるでしょう。

ビットコインしか取り扱っていない国内取引所が存在

ビットコインは人気の仮想通貨なので、多くの取引所で取り扱っています

そのため、スムーズに購入や取引ができるだけでなく、他の通貨に比べて少しでも利益を確保しやすくなっています。

しかしアルトコインの場合は、取引所によって取り扱っている種類も異なるため、注意が必要です。

残念ながらビットコインしか取り扱っていない取引所もあるので、その場合は今後のアルトコイン対応に期待するしかありません。

レバレッジ取引にも違いが発生

ビットコインのレバレッジ取引に対応している取引所が多い中、アルトコインのレバレッジ取引に対応している取引所はまだ少ないです。

現時点では、ビットコインの方がレバレッジ取引をしやすいという状況です。

ただし、アルトコインのレバレッジ取引を行っている取引所もあるので、アルトコインのレバレッジ取引を希望している場合は、事前に取引所の特徴をチェックし、対応している取引所を選択しましょう。

海外取引所は豊富なアルトコイン取引が特徴

全ての海外取引所に当てはまる訳ではありませんが、多くの海外取引所はアルトコイン取引に適しています。

アルトコインを取り扱っている国内取引所の場合、多くても十数種類ほどの銘柄しかありません。

しかし海外取引所の場合は、200種類以上を取り扱っている場合もあるため、マイナーなアルトコインも問題なく取引することができます。

アルトコインだけではなく、有名なビットコインの取引も行えるので、マイナーなアルトコインを求めている人ほど海外取引所を利用しています。

アルトコインとビットコインで手数料に違い

アルトコインもしくはビットコインの取引や保管をする時に注意が必要なのが、手数料の違いです。

ビットコインに対して手数料が低く定められている取引所もあれば、気軽に取引してもらえるようにアルトコイン全般に手数料を低くしている取引所もあります。

仮想通貨取引所によって、ビットコインとアルトコインに対する手数料も異なるため、どのような仮想通貨を求めているのか明確にしてから取引所を選択すると良いでしょう。

アルトコインとビットコインの将来性の違い

アルトコインとビットコインの将来性の違い

アルトコインは、ビットコインの取引承認時間や取引処理低下などを改善しているケースが多く、高い将来性が確立されている場合も多いです。

ただし、全てのアルトコインがこのように高い将来性が確立されている訳ではなく、主にイーサリアムやリップルなどメジャーな仮想通貨に対し、高い将来性があると言えます。

ビットコインは、元々の知名度に加えて現状でも高い価格が発生している人気の仮想通貨であり、現在も世界各国でビットコイン決済を行えるように導入が進められているため、更に利便性が高まる可能性があります

ビットコインは高い知名度を誇っているので、今後もあらゆる分野で期待されている仮想通貨と言えるでしょう。

アルトコインとビットコインの違いのまとめ

アルトコインとビットコインは同じ仮想通貨の仲間ですが、様々な部分に違いが発生しています。

まず価格と時価総額は、圧倒的にビットコインが勝っており、アルトコインは残念ながら大きく引き離されて負けている状況です。

また、将来性に関しても、アルトコインの一部に高い将来性が発生しているのに対し、ビットコインは今後の動向に注目されている仮想通貨となります。

ただし、今後はこれまで以上に多くの人が仮想通貨取引を行っていく可能性が高いので、アルトコインもビットコインのように価格や時価総額が上がっていく可能性を秘めています。

実際にビットコインのドミナンスは昔と比べても少しずつ下がってきており、それに合わせてアルトコインのドミナンスが上がってきています。

魅力的なアルトコインを購入していき、適切なタイミングで取引を行うことができれば、一気に多くのお金を獲得できる可能性が出てきます。

今はビットコインほどの高い知名度はありませんが、将来はビットコインのように知名度を獲得できるチャンスが十分にあるでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

 

ベルコインなどの情報交換コミュニティを公開中!

LINE@とは別に、主にアルトコインの情報交換コミュニティのオープンチャットを開始しました!

匿名でご参加できる為、ぜひ情報交換の場としてお使い下さい^^

ご質問やご相談につきましても、オープンチャットをご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事