仮想通貨FunFair(ファンフェア)

現在も新しい仮想通貨が続々と誕生しており、種類は増え続けています。

そんな仮想通貨の中で、たくさんの流通量を誇っているファンフェアという仮想通貨があります。

ファンフェアがどんな仮想通貨なのか、興味を持っている人は多いでしょう。

この記事では、ファンフェアの特徴や取り扱いのある取引所、懸念点や将来性について詳しく説明していきます。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)のwiki的基本情報

仮想通貨名 FunFair(ファンフェア)
トークン名 FUN
公開月 2017年6月15日
トークン規格 ERC20
発行上限(2019年7月1日現在) 10,999,873,621 FUN
発行枚数 6,548,879,189 FUN
公式HP https://funfair.io/
ホワイトペーパー https://funfair.io/how-it-works/whitepapers/
Twitter @FunFairTech
Facebook @funfairtech
Reddit r/FunfairTech
TelegramID FunFair Official
YouTube FunFair Technologies

仮想通貨FunFair(ファンフェア)とは

ファンフェアは、2017年6月15日に誕生した仮想通貨です。

2019年6月24日時点の価格は約0.6円となっており、まだ高い価値は発生していません。

主に海外取引所で購入することができる仮想通貨ですが、40億枚以上という豊富な流通量を誇っています。

イーサリアムのスマートコントラクトを導入している仮想通貨で、主にカジノ通貨として利用されています。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)の特徴

仮想通貨FunFair

出典:FunFair

国内ではまだ知名度の低いファンフェには、主に4つの特徴があります。

4つの特徴によって、今後可能性を秘めている仮想通貨としてポジションを確立しており、少しずつ注目度が高まっています。

現時点で価格がとても安い

ビットコインは百数十万万単位の価格が発生しており、アルトコインとして高い知名度を獲得しているイーサリアムは数万単位の価格が発生しています。

これに対しファンフェアは、2019年6月24日時点で1円よりも安いため、気軽に購入することができます

相応数を購入した場合でも、そこまで高額な資金を必要としないため、経済的な負担がほとんどありません。

ちょっとお試しで取引を行いたい人にとって、少ない資金で購入できるファンフェアは魅力的と言えるでしょう。

ブロック生成速度が短い

ファンフェアのブロック生成速度は約15秒となっており、ビットコインの10分と比べると圧倒的に速いという特徴があります。

これにより取引承認時間短縮や取引処理をスムーズに実施でき、円滑な取引を実現しています。

ビットコイン以外の仮想通貨と比べてもブロック生成速度が短いため、大きな魅力となっています。

発行上限枚数が非常に多い

ファンフェアには発行上限枚数が非常に多いという、他の仮想通貨とは異なる特徴があります。

発行上限は約1170億枚と定めらおり、非常に多くの枚数を発行できる仕組みとなっています。

これだけ多くの発行上限枚数が設定されているので、カジノ以外にも期待されている仮想通貨の一つとなっているのです。

カジノ運営に適したスピーディーな仮想通貨

ファンフェアは、取引承認時間短縮や取引処理が速いので、素早く楽しめる公平なカジノ運営に向いている仮想通貨です。

他の仮想通貨の場合、スピードや公平性などに不安が発生する場合があるのですが、スマートコントラクトの他にオープンソースによって、ファンフェアはカジノ運営を公平に行うことが可能になります。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)が購入できる取引所

仮想通貨FunFair(ファンフェア)が購入できる取引所

残念なことに、国内取引所ではファンフェアの取り扱いがないため、購入する場合は海外取引所を選択する必要があります。

その中でも比較的安心して購入できるおすすめの海外取引所が3つ紹介します。

それぞれの特徴を理解した上で海外取引所を選択することで、簡単にファンフェアを購入できるようになります。

ビットレックス

仮想通貨取引所Bittrex

出典:Bittrex

ファンフェアを購入できる海外取引所の一つとして、ビットレックスが存在しています。

取引手数料が少ないという特徴があるので、多くの手数料を支払わなくてもファンフェアの取引を実施することが可能です。

豊富な種類の仮想通貨を取り扱っているのも魅力の一つです。

ファンフェア以外にも色んな仮想通貨を取り扱っているので、気軽に仮想通貨取引を実施できる利点が発生しています。

バイナンス

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)

出典:Binance

有名な海外取引所の一つになっているバイナンスは、取引量や利用している人が非常に多いです。

2017年7月に設立してからすでに多くの人が利用しており、活発的な海外取引所として存在しています。

簡単に登録することができるという点が大きな魅力となっています。

本人確認が不要なので、ファンフェアを素早く購入したい人は、バイナンスがおすすめです。

イーフィネックス

Ethfinex

出典:Ethfinex

イーフィネックスは、海外取引所の中でも厳重なセキュリティが大きな特徴になっている取引所です。

コールドウォレットやマルチシグの他に二段階認証など徹底的に対策をしており、強固なセキュリティを確立しています。

取り扱っている仮想通貨も多いという特徴もあります。

レンディングサービスも行っているので、仮想通貨を貸出することで、少しずつ利益を生み出すことも可能です。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)に対する評判・口コミ

仮想通貨FunFair(ファンフェア)に対する評判・口コミ

ファンフェアは現時点でそこまで知名度が高い仮想通貨ではありません。

ただし、仮想通貨取引を行っている人によっては認知されており、注目されている仮想通貨になります。

そんなファンフェアは、色んな口コミが存在しており、様々な評価がされています。

東京オリンピックでの使用を期待している口コミ

仮想通貨ファンフェアが、東京オリンピックで使用されることを期待しているツイートです。

現状はそこまで高い価格が発生していませんが、もし東京オリンピックで使用された場合は、多くの人が仮想通貨ファンフェアを認知するでしょう。

それによって取引が盛んになり、価格高騰する可能性があるので、ファンフェアの今後に期待しているのです。

カジノに特化した仮想通貨として認識を広めているアカウント

知名度の低いファンフェアが多くの人に知ってもらえるように、認識を広めているツイートです。

カジノだけではなく、競馬にも活用できる可能性を解説しているのが特徴です。

【価格下落を懸念している】

2019年6月23日情報で、バイナンスの下落率トップ3にファンフェアが含まれていることを紹介しています。

独自の見解は掲載されていませんが、少なからずファンフェアに対してマイナスな印象を与えています。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)に対する懸念点

仮想通貨FunFair(ファンフェア)に対する懸念点

カジノに適した仮想通貨として存在しているファンフェアには、懸念点もあります。

この懸念点を少しでも改善されない限り、積極的な取引が増えない可能性もあるため、注意が必要です。

発行上限枚数が多すぎる

ファンフェアは発行上限枚数が多すぎため、価格高騰がとても難しいという懸念があります。

発行枚数が多いということは、多くの人が気軽に入手できるという魅力があります。

しかしその反面、価格が上昇しないというデメリットもあるため、利益を生み出すのが難しくなるのです。

価格が圧倒的に低い

2019年6月24日時点でファンフェアの価格は約0.6円となっています。

今後は何かの影響によって価格が高騰するかもしれませんが、それでも万単位の価格高騰は厳しいでしょう。

このように価格が低いことから、ファンフェアに懸念を持つ人も多いのです。

似たような仮想通貨が多く存在

スマートコントラクトを導入している仮想通貨はすでに数多く存在しているため、競合する仮想通貨が多いという懸念もあります。

今後もスマートコントラクトを導入した仮想通貨が増える可能性を秘めています。

今後、ファンフェアが特別な仮想通貨としてのポジションを確立しないと、他の仮想通貨に負けてしまう恐れがあるでしょう。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)の将来性

仮想通貨FunFair(ファンフェア)の将来性

公平でスピーディーなカジノ運営に適しているファンフェアは、多くの人に期待されています。

その理由は、カジノ規模が今後大きくなる可能性を秘めているからです。

特に、国内ではカジノ法案が可決されたので、ファンフェアの価格が上昇する可能性があります

またカジノ以外にも競馬や他のゲームでも使用されるチャンスがあるため、この部分に期待している人もいます。

仮想通貨FunFair(ファンフェア)のまとめ

ファンフェアは少ないコストでカジノ運営を行うことができるだけでなく、素早く公平なカジノにできるため、少しずつ注目度が高まっています。

ファンフェアには、発行上限枚数の多さや価格が非常に低いという特徴がありますが、現時点ではそれほど知名度が高くないので、今後の状況に期待されている状況です。

国内取引所では取り扱いがないため、購入する場合は海外取引所を選択する必要があります。

Twitterでは、東京オリンピックでの使用に期待する声や価格下落を懸念する声など様々な意見が飛び交っています。

ファンフェアには、価格高騰が難しいという懸念や同様の仮想通貨に負けるといった懸念がありますが、カジノや競馬の他にその他ゲームでも使用される可能性を秘めているため、高い将来性がある仮想通貨といえるでしょう。

現状ではそこまで高い知名度はありませんが、今後の状況によっては有名になる可能性も秘めています。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事