仮想通貨デイトレ

ビットコインのデイトレードは、1日のビットコインの価格の変化を利用して差益を得る手法です。

株式やFXでも行われていて、数ヶ月、年単位の中長期の投資とセットで語られることが多いという特徴があります。

1日の間でどれだけ価格差が発生するかを予測するのは難しいため、いかに損失をださずに続けられるかが大切になってきます。

取引内容によっては手数料がかかってしまうのもポイントで、手数料も含めて利益をコントロールすることが難しいのです。

一方で短期で莫大な利益を上げられる可能性があるなど、中長期のトレードにはない魅力もあります。

そもそもデイトレードとは

デイトレードとは、ビットコインに限らず、株や為替など、各種金融商品の1日の価格差を利用して差益を得るトレード手法です。

金融商品の価格は常に変動しており、1日の間でもかなりの価格差が生じることがあります。

1日の間でも安いときに商品を購入し、高くなったタイミングで商品を売却すれば利益が出る可能性があるのです。

また、予測と逆に価格が変動すれば高く購入したものが安くなってしまう可能性もあります。

利益でなく損失が発生することもあるのです。

中長期投資とは別物である

デイトレードは日々の価格差を利用するトレードで、中長期の投資とは別のものとして解釈されます。

中長期のトレードの場合は、1日の内で価格が下がっても、数ヶ月、年単位でプラスになれば儲けが出ます。

また、日々の値動きに左右されないため、結果的に利益や損失が大きな金額になることが多いのも特徴になります。

利益が出るのも損失が出るのも早いのがデイトレードで、ハイリスクハイリターンな取引と認識している人も多いのです。

また、価格差に敏感になる必要があり、価格のチェックなどに労力が必要になるのもポイントになります。

スキャルピングとデイトレードの違い

スキャルピングとデイトレードには、1日の取引の回数や単位に違いがあります。

スキャルピングは回数をこなし収益を上げる

スキャルピングは、小さな価格差の取引を繰り返し、数をこなすことで収益を上げるのが特徴です。

取引回数が多くなるためどうしても手間が増えます。

システムを組んで高速でトレードを繰り返すなど、工夫を加えることも一般的になっているのです。

また、一回の取引の金額が少ないため、それを補うために高いレバレッジを掛けることも一般的になっています。

注意したいのは、想定以上に価格差が生じた場合には、儲けが増える可能性がある一方で損失も一気に拡大する恐れがあることです。

スキャルピングを行う場合は、正確にトレードする必要があり、レバレッジもリスクの許容範囲内で調整する必要があります。

デイトレードは1日数回のトレードで成立

デイトレードの場合は、スキャルピングよりも1日の取引回数が少なく、1日1・2度程度のトレードでも成立します。

もちろんレバレッジを掛けることも可能です。

取引回数が少ないため、

  • 取引の手数料が少なくなりやすい
  • 価格チェックの回数が少なくすむ

などの利点があります。

ただし、価格差が大きくなる可能性があるのはスキャルピングと同じで、コントロールが必要な部分になってきます。

ビットコインでデイトレードするメリット

値動きが激しい

ビットコインの特徴の1つとして、1日の値動きが激しいという点が挙げられます。

1日で数%の変動が起きることも珍しくなく、他の金融商品などと比べても収益を上げるチャンスが多いのです。

価格が余り動かない金融商品の場合は、収益よりもトレードのための手数料が上回ってしまう場合もあり、取引回数が多いほど損失に繋がる恐れが高まります。

1日の価格差が大きいことは、利益をだす上で非常に重要なポイントになってくるのです。

手数料がほとんどかからない取引所がある

ビットコインを取り扱う仮想通貨取引所の中には、手数料が極端に安い取引所が含まれます。

トレードをしても手数料がほとんどかからない、あるいはゼロの取引所も存在し、他の金融商品に対して大きなアドバンテージとなっています。

そのため、1日の間で何度も取引を繰り返し、収益をあげるトレーダーも存在するのです。

手数料の安さを利用してスキャルピングで稼ぐ人もいます。

短期で損益が確定する

デイトレードのメリットは短期で損益が確定することです。

長期的な視野で相場が下がる場合でも、日々の利益で収益を上げられる可能性があります。

また、価格が読みづらい場合は取引自体を見合わせることも可能です。

毎日取引をしなければいけないわけではないため、価格が読みづらい場合は売買自体を避けることも可能なのです。

中長期のトレードは価格の急変についていけない場合もあるため、価格の急変なども含めて受け入れられるかが重要なポイントになってきます。

また、短期で損益が確定することから、利益が上がり続ければ毎日トレード可能な金額が増え、加速的に収益が増えていく可能性もあるのです。

ビットコインでデイトレードするデメリット

値動きの激しさがデメリットにもなる

ビットコインのデイトレードのデメリットはメリットと切り離せないのがポイントです。

値動きが激しく収益を上げるチャンスが多い一方で、損失に繋がるリスクも高いのです。

適切にリスクをコントロールする意識も大切で、損失が発生しても最小限にする意識がないと想定以上に資金を失ってしまう場合があります。

レバレッジ取引をしている場合は更に注意が必要で、あっという間に資金がゼロ以下になることもあり得ます。

シビアにロスカットを設定するなど、自衛の意識が大切になるのです。

手数料の高い取引所も存在する

ビットコインは値動きが激しさが特徴で、取引の処理をしている間に価格が急変する可能性があります。

価格の落差は取引所にとって大きなリスクになるため、取引の手数料を高くすることで収益を維持しているケースもあるのです。

取引形態によって手数料が変わるものの、デイトレードの利益以上の手数料が発生するトレードもあり得ることに注意が必要です。

どの取引所で、どのように取引するかを事前に考え、取引所自体を選ぶ必要があるのです。

トレードが成立するまでの誤差に注意が必要

ビットコインのトレードは仮想通貨取引所の基本で、ほぼ全ての取引所で可能になっています。

一方で、取引所によって利用するトレードのシステムは異なり、トレードが成立するまでに誤差が生じるケースがあります。

ちょっとした時間の差で大きな価格変動がおきることがあるのがビットコインのため、売買の操作や処理をしている間に取引が成立しないほど値動きが進んでしまうことがあるのです。

取引所のシステムトラブルで取引ができない時間が発生ケースもあり、投資家と取引所でトラブルが発生する場合もあります。

トラブルに巻き込まれないように、安定してトレードができる取引所を選ぶことや、いざというときに素早く取引所を変更するなど柔軟に考えることも大切なのです。

デイトレードをする際の注意点

ロスカットは必ず設定する

デイトレードをする場合は、ロスカットを覚えて設定することが大切になります。

ロスカットは、損失が膨らみそうになった場合に損失を確定することです。

損失を確定すると言う言葉にマイナス印象を受ける人もいますが、ロスカットを設定しないと損失が膨らみ続ける可能性があるのです。

ロスカットは、自分の想定を超える値動きが起きた際のストッパーになります。

利益を確定するタイミングも重要ですが、赤字が出ないようにする、赤字がでても許容範囲内で納めるリスク管理が大切になるのです。

価格が動かないときもある

ビットコインの値動きが激しいといっても、価格が余り動かない場合もあります。

現物取引の場合は、翌日以降に取引を持ち越すことも簡単ですが、先物やレバレッジなど取引手法によっては手数料が増えてしまうことに注意が必要です。

手数料が発生するタイミングは取引所によって異なり、取引手法によっては値段が動かない間は赤字が発生し続けるということもあり得るのです。

ロスカットと同じく一旦ポジションを解消して様子を見るなど工夫も必要になるのです。

外部要因で価格が変動することも有る

ビットコインのデイトレードを難しくする要因の一つに、外部要因による価格の変動があります。

例えば、仮想通貨取引所から仮想通貨の流出が発生した場合や、ハッキング被害などの報道があった場合は、ビットコインの価格が急落する恐れがあります。

同様に仮想通貨の実用性が増すような重大な何かがあれば価格が急上昇することもあります。

大物投資家の発言や投資機関関係者の発言によって変動が起きるケースも存在し、価格が読みづらい部分があるのです。

結局ビットコインのデイトレードは稼げるの?

ビットコインのデイトレードは、ハイリスクハイリターンです。

うまくいくときはすさまじいペースで利益が上がりますが、逆に損失ばかりが膨らむこともあります。

さまざまなニュースで価格が変動することは珍しくなく、値動きを予測することが難しいのも特徴です。

短期で収益が上がっても、長期目線で稼げるとは限らないのです。

安定して稼ぐためには、リスクをしっかり管理する意識が必要になり、簡単に稼げるものではないということを覚えておきましょう。

ビットコインのデイトレードのまとめ

ビットコインのデイトレードは、短期で損益が確定するだけでなく、株やFXなどに比べて値動きが激しい傾向があります。

長所が多い一方で短所も多く、正しく理解しなければリスクの方が大きくなってしまうこともあるのです。

安定して収益を上げることは難しいため、余裕資産で運用するなどリスク管理が大切です。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事