アポロンコイン

アポロンはオンラインの分散型決済プラットフォームとして誕生した仮想通貨で、eスポーツやオンラインカジノといった成長性に期待できる市場の取り込みも目指しているのが特徴です。

日本のパチンコ・パチスロの世界発信を目指してマカオのIT企業と戦略的な協力契約を結ぶなど、ユニークな取り組みも行っていることでも知られています。

最高経営責任者がマカオのカジノ産業の投資に成功している人物でもあるため、カジノ関連の仮想通貨の一つとしても注目されています。

アポロンコイン(Apollon/APO)のwiki的基本情報

仮想通貨名 Apollon(アポロン)
トークン名 APO
公開年 2018年前半
開発国 マルタ
公式HP http://apollon-foundation.org/
ホワイトペーパー 英語表記
Twitter @ApollonAlliance
Facebook アカウント停止中
Reddit r/ApollonAlliance
TelegramID ApollonAlliance
YouTube Apollon Alliance

アポロンコイン(Apollon/APO)とは

アポロンはオンラインの分散型決済プラットフォームで、商品やサービスに対し、安全な支払いを永久的に可能にするオールインワン通貨を目指して開発された仮想通貨です。

エンターテイメント業界全体の網羅が目標

関連するビジネスアプリケーションの開発やサポートを視野に入れ、ゲーム、観光、および効率的な支払いシステムを備えたエンターテイメント業界全体の網羅を目指しています。

世界での成長が著しいeスポーツ分野やオンラインカジノが含まれるだけでなく、観光を含めた様々なエンターテイメントの支払いの利用を目指しているのが特徴です。

観光分野では航空券の手配やホテルなどの支払いにも使えることを目指していて、波及する分野が広くなっているのがポイントです。

仮想通貨LCASHとの二層構造を作っている

また、国際的な取引を容易にするためにドルとヒモづいたLCASHと呼ばれる仮想通貨との二層構造を作っているのも特徴です。

常にLCASHと交換できることで国際的にどの程度の価値があるのかという基準を判断しやすくしているのです。

仮想通貨は価値の乱高下やレートの変動による不透明性付きまといがちなため、実用性を重視して開発された面もあるのです。

アポロンコイン(Apollon/APO)の特徴

Apollon APO

出典:Apollon APO

2層デジタル通貨構造を採用し、LCASHと紐付いている

アポロンの特徴の一つが、2層デジタル通貨構造を採用し、LCASHと呼ばれる仮想通貨ともヒモ付けが行われている点が挙げられます。

LCASHは流動性があるもののドルとヒモ付けられているため、レートの計算が簡単に行えるように配慮されています。

LCASHをヒモ付けることによってアポロンを利用する様々なお店はドルレートを利用した簡単な計算が可能になり、取引上の複雑さを緩和することができるのです。

簡単に法定通貨でのレートが確認できない仮想通貨も多いため、わかりやすく価値が確認できるのは大きな武器になります。

仮想通貨は複数の仮想通貨をトレードしなければ法定通貨に両替できない場合も珍しくなく、世界的なビジネスに利用する場合は不向きな面があります。

アポロンはLCASHとヒモ付けすることで支払いのハードルを下げ、世界を巻き込んだ経済圏を取り込もうとしているのです。

オンラインゲームやカジノ、観光業は国境や通貨が障壁になることが多いため、アポロンの主要なターゲットになっています。

反量子アルゴリズムを採用した仮想通貨

また、アポロンは反量子アルゴリズムを採用した仮想通貨の一つとしても知られています。

コンピューターが進化し、量子化すると、現行技術とは比較にならないほどの計算速度で様々な情報を処理できるようになると見られています。

問題になるのは、コンピューターの量子化が進むことで、仮想通貨の暗号鍵を含む様々なセキュリティの脆弱性があらわになる可能性があることです。

既存の仮想通貨の暗号化技術は量子コンピューターに対する対策をとっておらず、量子コンピューターの計算能力の前には無防備になってしまう可能性があるのです。

アポロンはアルゴリズムレベルで量子コンピューターへの対策をとっている先進的な仮想通貨の一つなのです。

アポロンコイン(Apollon/APO)とカジノの関係

アポロンは匿名性の高い仮想通貨決済が可能で、アポロンを利用した様々なアプリケーションを開発できるプラットフォームとしての側面も存在します

アポロンはeスポーツなどのエンターテイメント業界との結びつきが深いだけでなく、ゲームを使った賭けというカジノとの関係も必然的に深くなります。

トップゲームグループと戦略的な協力契約を行っている

特に影響が強いのは、アポロンがトップゲームグループと戦略的協力契約を行っていることです。

トップゲームはマカオに本拠を置き、様々なオンラインゲームを開発しています。

マカオは観光とカジノで有名ですが、オンラインでもカジノが提供できるのは大きな強みです。

オンラインゲームの技術に注目したアポロンジャパンは、パチンコ・パチスロを世界展開するためにトップゲームグループと戦略的な協力契約を行っているのです。

アポロン財団の最高経営者がトップゲームグループの取締役を兼任

アポロン財団の最高経営者のアラン・ラウ氏がトップゲームグループの取締役を兼任していることも大きなポイントです。

アラン氏には投資家としての面もあり、様々な投資を成功させています。

カジノ産業との深いパイプがあるのです。

日本に縁の深いパチンコ・パチスロのオンライン化と世界への普及といったユニークな取り組みをしていることもアポロンの注目度が高い理由になっています。

また、現在カジノ関係(スポーツベッティング含む)IEO案件の仮想通貨BOSSC(ボスコイン)がプレセール中です。

詳しくは下記の記事もご覧ください。

アポロンコイン(Apollon/APO)のロードマップについて

アポロンはテクニカルロードマップを公式サイトに公表しています。

2019年4月にテストネットを実装し、6月にはメインネットを実装する予定になっています。

テストネット、メインネットにあわせてウォレットも実装予定です。

2019年12月にアポロンエコシステムプラットフォームを実装予定

重要なのが、2019年12月にアポロンエコシステムプラットフォームを実装する予定になっていることです。

プラットフォームとしての公開が進めば、それにあわせて開発する産業が増える可能性があります。

メインネットの実装とその後の調整がうまくいくかにも注目が集まりますが、年内に予定通りの公開ができるかが鍵になってきます。

協業や提携があれば別途発表される可能性がある

また、ロードマップは技術的なものであり、企業との提携などの情報が含まれないのがポイントです。

協業や提携があれば別途発表される可能性があるため、公式サイトだけでなく各種SNSなどをチェックしてみるのも選択肢になります。

TwitterやFacebookなどの公式アカウントがあるため、そちらをフォローするのも方法になっているのです。

YouTubeのチャンネルもチェックしてみましょう。

アポロンコイン(Apollon/APO)の開発者

アポロン財団の最高経営者責任者は様々な業績を上げた人物

アポロンの開発や普及を進めるアポロン財団の最高経営者責任者アラン・ラウ氏は、中国HP(Hewlett-Packard)のセールスマネージャーを務め、上海証券取引所への世界初のUnixオンライン取引システムを構築するなど様々な功績を上げた人物として知られています。

中国市場で長らく活躍した経験があり、上海コンピュータソサエティの創立メンバーであるだけでなく、英国の様々な協会に所属。

投資家としての側面もあり様々な有名企業の立ち上げにも携わっています。

オンライン取引システムの構築に関わった実績があり、合理化のために必要なノウハウを知っていることが大きな武器になります。

また、投資家として成功を収めていることから個人的な資金力が高いのもポイントになります。

CTOは最初期のビットコインマイナーの一人

CTOの飛ヤン氏は、最初期のビットコインマイナーの一人で、ブロックチェーン技術のエンジニアとして様々な企業の創業に関わっています

現在も国をまたいでブロックチェーンコンサルタント、シニアソフトフェアエンジニアとして仕事を続けています。

開発以外にも様々なサービスの販売などに関わってきた人材や、日本人の投資家などの顔ぶれが並ぶのがアポロン開発陣の特徴になっています。

アポロンコイン(Apollon/APO)の上場先

アポロンが上場しているのはDiDiDu Exchangeになります。

ベラルーシに本社を置く取引プラットフォームでアプリでの取引に対応しています。

日本語はサポートされていない

ロシア、アメリカ、日本、韓国、香港にオペレーションセンターを設置する予定とされていますが、現在日本語はサポートされておらず、アプリ経由での利用がメインになってきます。

法定通貨のサポートも行われていないため、アポロンを購入したい場合はビットコインやイーサリアムで入金を行い、仮想通貨同士でトレードをする必要があります。

上場しているのはDiDiDu Exchangeのみ

アポロンはDiDiDu Exchange以外の取引所に上場していないため、現時点では購入するルート自体が限られています。

そのため、今後取り扱う取引所の数を増やせるのかにも注目が集まっています。

同一名称の仮想通貨を発売した団体があった

また、アポロンの許可なく、アポロンと同一名称の仮想通貨を販売した団体などがあったことが発表されています。

現時点では、アポロンが取引できる取引所は1ヶ所のみとなっています。

公式発表以外で取引可能な場所が増えたという情報は、アポロンとは全く関係のない仮想通貨という可能性もあるのです。

詐欺などを防ぐためにも最新の情報を公式サイトで確認することが非常に大切です。

また、アポロンと似た名称の仮想通貨も多いため、混同しないように注意も必要です。

アポロンコイン(Apollon/APO)に対する評判

アポロンコイン(Apollon/APO)に対する評判

アポロンの運営陣がマカオで開かれたG2E(カジノマシン、周辺機器イベント)に参加したことに触れる内容です。

内容が良くてもセールスなどに不安がある仮想通貨なども珍しくないため、運営陣の活動を評価する声が多いのがアポロンの特徴にもなっています。

アポロン経由でのパチンコのオンライン進出に期待を寄せる人もいます。

ただし、あくまで中立的な意見も多く、仮に世界に発信されたとしてどのように受け取られるかを見守る姿勢の人がいるのもポイントです。

実際にヒットするかは発表されてからでないとわからない部分もあり、他のカジノなどとの差別ができるかにも注目が集まります。

複数の仮想通貨を比較してツイッター上でアンケートする人もいます。

自分の中で評価しているのと、評価している人の人数が多いこと、フォロワーに多く評価者がいるかは別の話になってしまうのがポイントです。

パーセンテージにズレがあるのは前提になりますがそれなりに期待を集める仮想通貨の一つであるのがわかります。

アポロンコイン(Apollon/APO)の将来性

アポロンはeスポーツやカジノといった産業への利用が期待されるだけでなく、実際にカジノ関連に投資している投資家が財団の最高経営責任者になっているというパイプの強さが魅力です。

パチンコ・パチスロの世界展開を目指すなど日本とのかかわりが深く、日本人の役員がいることも注目のポイントになっています。

オンラインカジノだけでなく、実際のカジノにも利用される可能性があると見る人がいることも評価が高くなるポイントになっています。

市場規模が大きいこと開発が順調に進んでいることもプラスで、後発の仮想通貨としてはかなり評価が高くなっています。

将来性の高さから価値が急激に上がると見ている仮想通貨関連の投資家も珍しく無いのです。

一方で、カジノ関連の仮想通貨は多く、どの仮想通貨が先に実用化されるのかにも注目が集まります。

他の仮想通貨の実用化が先に進めばアポロンが入る隙間がなくなる可能性もあるからです。

実際に実用化されても共存ができるのか、市場の奪い合いになるかもしっかりと注視する必要があります。

同じに見えるカジノ関連の仮想通貨でも戦略や戦術などが異なることは珍しくないため、どのような差があるかもしっかり見極める必要があるのです。

アポロンコイン(Apollon/APO)のまとめ

アポロンはeスポーツやカジノ、観光などのエンターテイメント業界を幅広く網羅することを目指した仮想通貨です。

経営陣にカジノ関連の投資家や開発者が多いこと、企業との提携が進んでいるのも特徴です。

パチンコ・パチスロのオンライン化や世界への発信を目指すというプロジェクトも抱えているなど、日本人が親しみやすい部分もあります。

また、後発仮想通貨であるため、次世代のコンピューター技術を見越してセキュリティ面にも気を配っているのがポイントで、量子コンピューター技術が早い速度で発展した場合は、普及面で先んじる可能性もあるでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事