BlockEco(ブロックエコ)

新しい仮想通貨が様々な目的で誕生しており、今ではかなり種類が多くなっています。

そんな仮想通貨は、年々取引や管理を行う人が増えており、高い注目度を獲得しています。

そんな仮想通貨を守っていくため、たくさんの人がウォレットを使用して不正アクセスやその他トラブルに巻き込まれないように対処しています。

BlockEcoは配当型ウォレットと呼ばれており、様々な特徴や魅力が生み出されています。

そこでBlockEcoはどのような特徴が発生しており、得られる配当はどのくらいなのか解説します。

BlockEco(ブロックエコ)のwiki的基本情報

BlockEco

出典:BlockEco

ウォレット名 BlockEco(ブロックエコ)
分類 配当型ウォレット
公開月 2019年6月
公式HP https://www.blockeco.io/
ホワイトペーパー -
Twitter -
Facebook -
Reddit -
TelegramID -
YouTube -

BlockEco(ブロックエコ)とは

BlockEco

出典:BlockEco

BlockEcoは、2019年6月に正式リリースした配当型ウォレットで、すでに高い注目度を獲得しています。

一般的な配当型ウォレットは、一つの運営会社で管理されているケースがほとんどです。

しかし、BlockEcoは4つの会社の利益を元に誕生した配当型ウォレットになっており、似たような配当型ウォレットとは異なっています。

すでにロードマップも公表されていて、まだまだ進化が期待できる配当型ウォレットになります。

誕生してまだ期間が経過している訳ではありませんが、続々と利用している人が増えており、国内でも利用する人が増えています。

BlockEco(ブロックエコ)の特徴

BlockEco

出典:BlockEco

BlockEcoは、多くの人にインパクトを与え興味や関心を惹きつける特徴が5つあります。

この5つの特徴によって、多くの人の注目や人気を獲得している状況です。

運営の資産を確認できる透明性

多くの配当型ウォレットでは、運営会社の資産を確認することはできないのが一般的です。

また、配当型ウォレットによっては、運営会社が不透明になっている場合もあり、どのような運営会社が運営しているのか分からないことも少なくありません。

しかしBlockEcoは、運営資産を速やかにチェックでき、安定した資金巡りを実施できるのかも確認することが可能です。

それだけではなく、BlockEcoプロジェクトに参加している4つの会社もすぐに確認可能です。

運営状況が明確になっているので、多くの人が安心して利用できる配当型ウォレットとして、ポジションを獲得しています。

強固なセキュリティが大きな特徴

たくさんの人が安心して使用できるようにBlockEcoは、セキュリティに力を入れているのが大きな特徴です。

極力サーバダウンを発生させないように最新のサーバを導入しており、多大な負荷が発生した時も問題なく処理を実施できるようにしています。

その他にも資産価値を徹底的に保護したり、プライベートキーで管理されているので不正アクセスやハッキングなどの被害を生み出させないように対策しています。

配当型ウォレットに不安がある人も、強固なセキュリティ対策が行われているBlockEcoであれば安心して使用することが可能です。

運用した時の月利がとても高い

BlockEcoは、他の配当型と比較して月利が高く設定されているのが特徴です。

運用することで獲得できる月利は8%〜20%となっており、同じ配当型ウォレットと比較して高いです。

たくさんの仮想通貨を保有している人は、運用することで相当額の報酬を獲得できるのが魅力です。

その他にも、ロックアップすれば、終了後にロックアップした仮想通貨の25%以上をBLECとして獲得できます。

BLECとは、BlockEcoの独自トークンで、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に交換可能です。

出金手数料がお得になっているBlockEco

28日を目安に出金手数料が定められているのがBlockEcoの大きな特徴です。

運用を行ってから28日以内の場合は出金手数料は5%に定められていて、28日以降は出金手数料が1%に定められているのが特徴です。

長い期間を目安に出金手数料を定めている配当型ウォレットが多い中、BlockEcoは28日が目安とかなり短くて手数料の負担を少しでも減らせるようにしています。

最低運用額は500ドル以上に定められている

配当型ウォレットの中には運用するために1000ドル以上の入金が必要な場合もありますが、BlockEcoは500ドルに設定されているため、それほど多くの資金を必要としません。

またビットコインの他にイーサリアムなど500ドル相当の仮想通貨を運用すれば問題はないです。

500ドル以上の仮想通貨を保有している場合、多くの資産を運用すればするほど多くの配当を獲得することが可能です。

BlockEco(ブロックエコ) の配当や仕組み

BlockEco(ブロックエコ) の配当はどれくらい?仕組みは?

BlockEcoの配当は月利になっており、ロックアップなしで月利8%〜20%と定められています。

もし3ヶ月間ロックアップした場合は、8%から20%の月利に加えてロックアップした仮想通貨の25%をBLECとして獲得可能です。

12ヶ月ロックアップした場合、8%から20%の月利に加えて100%のBLECを得られるため、ロックアップ期間が長いほどたくさんの報酬を獲得できるのがBlockEcoです。

BlockEco(ブロックエコ)は出金できる?

BlockEco(ブロックエコ)は出金できる?

2019年7月29日時点で、BlockEcoは問題なく出金することができています。


たくさんの人が出金手続きを行い着金を確認しているので、出金できない状況は現時点で発生していません。

しかし出金を行ってから着金するまでに多少時間がかかってしまうケースがあります。

着金するまで約1日ほど時間がかかるケースがあり、その時の状況によってスピーディーに出金できるのか異なっています。

BlockEco(ブロックエコ)に対する評判(口コミ)

BlockEco(ブロックエコ)に対する評判

BlockEcoはTwitter上で様々な評判を獲得しており、良い部分と悪い部分がはっきりとしている状況です。

これからBlockEcoを検討している人は、BlockEcoの評判をTwitter上で確認するだけでもどのような配当型ウォレットなのか判断することができます。

BlockEcoのスタンスに満足しているアカウント

同じ配当型ウォレットの中でもスタンスを評価しており、BlockEcoに期待しているツイートです。

今後の状況も期待していることが確認でき、多くの人にBlockEcoの存在を広めようと発言しています。

たくさんの配当を獲得して納得しているツイート

BlockEcoで資産運用することで相応の配当を獲得でき、満足しているツイートです。

数千円単位の配当を得ており、他の配当型ウォレットよりも優れていることを多くの人にアピールしています。

今後の状況に大きな期待をしている発言

BlockEcoに大きな期待をしており、AppleStoreの認証を待っていることをツイートしています。

AppleStoreに認証されることでこれまで以上にBlockEcoの利便性を高められるため、今後に期待して良い評判をしています。

対応に不満を感じているアカウント

得られる配当に対しても疑問を持っており、中々運営が対応してくれないことに不満を感じているツイートです。

運営のことを心配しながら、対応が遅いことに対し厳しい発言をしています。

複数の不安要素に反応しているツイート

BlockEcoが繋がらないもしくは独自トークンの価格が上がらないため、不安を感じているツイートです。

BlockEcoの様々な部分に不安を感じていることが伝わってきます。

出金してから着金までに時間がかかっているので不安

BlockEcoで出金してから着金するまでに時間がかかっているため不安を募らせているツイートです。

出金の手続きを行ってから4時間ほど経過しているにもかかわらず、着金できていないため、どうなっているのか疑問を感じているようです。

BlockEco(ブロックエコ)のまとめ

4つの会社の利益によって成り立っているBlockEcoは、運営資産がどうなっているのか確認でき、透明性が保たれているのが特徴です。

強固なセキュリティも確保されているので、不正アクセスやハッキングなどの被害を防ぎながら仮想通貨の資産運用を実施することが可能です。

配当は月利で8%から20%に定められており、ロックアップすることで更に多くの報酬を獲得できます。

出金速度や独自トークンの価格には多少の不安がありますが、たくさんの人が利用している配当型ウォレットとして、高い人気と需要を誇っています。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事