スマートコントラクトのメリットとデメリット

時代が変わり、多くの技術が誕生しています。

そのうちの一つがスマートコントラクトと呼ばれる技術です。

これは仮想通貨などに使われているブロックチェーンに関連する技術や考え方で、最近多くのメディアで目にしたり、あるいは耳にするキーワードでもあります。

しかし、言葉の知名度ばかりが先行し、実際はどんなものなのかと言うことを知る人は意外と多くはありません。

そこで今回、このスマートコントラクトについてその概要やメリット、現在抱えている諸問題にも触れながら、デメリットやその将来の展望についてもお話しします。

きっとこれを読めばスマートコントラクトが何なのかを知ることができるのではないでしょうか。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは

自動実行される契約

スマートコントラクトとは「自動実行される契約」のことです。

スマートは「賢い」(スマートフォンと同じ意味、自動化と言うニュアンス)、コントラクトとは「契約」と言う意味になります。

ブロックチェーンの取引を自動で行うものを始めとした様々な契約をプログラムによって自動で行うという技術や考え方を指したものになります。

1994年に技術やアイディアが提唱された

その歴史は古く、技術やアイデア自体は仮想通貨などのブロックチェーン技術よりも遡ること十数年前、1994年にNick Szaboという法学者・暗号学者によって提唱されたことが始まりです。

「あらゆる契約を自動販売機のようにする」というものです。

自動販売機も厳密に考えると飲料を売買する取引の契約を自動で行うものですから、ネット上なども含めて様々な面でこの自動販売機のようなシステム、スマートコントラクトを利用しようという動きが起こったのです。

自動販売機的な仕組みの応用

おもなスマートコントラクトの仕組みについてもお話しします。

スマートコントラクトの仕組みは、「契約の定義→イベント発生→契約→取引」と言った流れですすめられていきます。

このうちの「契約の定義」を管理者が事前に設定すれば、後はスマートコントラクトによって「イベント発生→契約→取引」と言った流れを自動で行うというものです。

自動販売機に例えるなら、管理者が「利用者が130円入れてボタンを押したら該当するジュースを1本売る契約が成立するので自動販売機内が該当するジュースを1本出して利用者に提供する」という定義を行うことで、後は自動販売機(スマートコントラクト)が利用者の入金、ボタン入力のたびにジュースを出して売買契約を成立させて行くと言った仕組みになります。

つまり、「利用者が必要な金額を投入する」「特定の飲料のボタンを押す」の二つの契約条件が満たされた場合にのみ、自動的に「特定の飲料を利用者に提供する」という契約が実行されるという仕組みです。

このような自動販売機的な仕組みを様々なものに応用していこうという考えやシステムをスマートコントラクトと言います。

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトには様々なメリットがあります。そのうちの5つを紹介していきます。

  • 自由度が高い
  • コスト削減
  • 契約の透明性
  • 契約の相手を信用する必要性がなくなる
  • ブロックチェーン上での利用でセキュリティを保てる

自由度が高い

定義をうまく設定すればあらゆる取引や契約をスマートコントラクトによる自動契約にすることが可能となるため、自由度が高いといえます。

そのため従来必要であった様々な手間を省き、スムーズな契約を行えるということが多くの分野で実現可能となるのです。

コストの削減

コストの削減も大きなメリットと言えます。

仲介業者や第三者、時に契約を行う人員も不要となりますから、それらの人件費や手数料をゼロにすることも可能です。

また従来の取引や契約に必要だった様々な書類なども状況によっては全て電子化し、スマートコントラクトとブロックチェーンによって契約内容の保証や保管が可能になるため、そういったコストの削減も実現可能です。

契約の透明性

契約の透明性もメリットと言えます。

履歴が残り、改ざんされないことで取引の内容も確実に記録され、どんな取引を誰といつ行ったかと言ったことを遡って確認するということが誰でも容易に可能となります。

これにより、不透明な契約や取引が発生することなく記録としてどんどん保管されていくため、不正が防止できるといわれており、最大のメリットの一つに挙げることができます。

契約の相手を信用する必要性がなくなる

契約の相手を信用する必要性がなくなるという点もメリットです。

従来の契約方法では相手が何者かを身分証明書で確認したり、時に調査機関に依頼して素性を調査する必要もありました。

しかし、スマートコントラクトを利用すれば契約がプログラムによって機械的にその認証を実行するため、相手からの虚偽情報の申請を気にするリスクを大幅に減らすことが可能となります。

ブロックチェーン上での利用でセキュリティが保てる

またブロックチェーンで利用されることが想定されているため、取引のデータの更新に対する認証が行われたり、分散管理されていると言ったセキュリティの高さも期待でき、安全な契約も実現できる可能性が高いです。

これらのメリットから、契約と言う大きなイベントに対しても、より短時間に安全な状態でしかも低コストに実行できるのではないでしょうか。

スマートコントラクトが抱えている問題

スマートコントラクトが抱えている問題

残念ながらスマートコントラクトは現在問題を抱えています。

  • 法律の解釈
  • 契約のキャンセル
  • プライベートの管理

法律の解釈

従来の様々な契約は各国の契約に関する様々な法律を元に行われています。

しかし、スマートコントラクトはコード(の人間が理解・記述しやすい言語やデータ形式を用いて書き記されたコンピュータプログラムなどのこと)のやり取りで行われているため、そういったものに対して法律がどのような解釈で適応されるのか、またどの国の法律を基準にして適合させるのかと言った問題があります。

契約のキャンセル

また契約のキャンセルなどの柔軟性の乏しさも問題です。

自動販売機で買ってしまったジュースをキャンセルして返金するというのが非常に困難なように、重要な契約の突然の解除と言ったやむを得ない行為に対しては、現状のスマートコントラクトでは十分な対応ができないことも少なくありません。

このように従来の契約のような柔軟性を持ち合わせていないという問題点もあるのです。

プライベートの管理

また履歴が誰でも確認できるということは本人にとって不都合な事実も履歴に残ってしまい、改ざんできない、あるいは秘匿できないことから、プライベートに関するものが配慮されないという問題も抱えています。

透明性の高さは逆に問題でもあるのです。

このような問題をどのように対応していくかによってスマートコントラクトの発展は左右されるといっても過言ではありません。

スマートコントラクトのデメリット

スマートコントラクトのデメリット

スマートコントラクトには、問題点と並行してデメリットもあります。

そのうちの主なものを5つ紹介していきます。

  • プログラミング言語への変換が必要
  • あらゆる状況を想定しプログラムする必要
  • プログラミング(定義)の設定でのバグ
  • 契約内容の変更が困難
  • 仲介を業とする人間の失職

プログラミング言語への変換が必要

プログラミング言語への変換が必要といのは、あらゆる契約をそのままスマートコントラクトにすることはできないため、プログラムに入力するなど準備が必要ということです。

プラットフォームを作り、ひな形のようなものを利用すれば手間が省かれるかもしれませんが、それでも作った契約をそのままスマートコントラクトで行うには手間がかかるというデメリットです。

あらゆる状況を想定しプログラムする必要

また、スマートコントラクトは様々な状況を想定して作る必要があります。

例えば、こちらがどうしても売りたいものに対して、相手が微妙な金額で値下げ交渉をしてきた場合どうするかと言ったことや相手が他の条件を提示してきた時と言った柔軟な対応をしたい場合はそれに応じてより複雑なプログラムを組む必要があるのです。

プログラミング(定義)の設定でのバグ

複雑なプログラムを組むと、多くの場合バグやエラーが発生するというデメリットもあります。

そのため契約がとん挫したり、そのエラーの穴をくぐって不正に取引を行い利益を上げる人間もいるかもしれません。

例えば、バグでジュースが130円のところ13円になっており、13円でジュースを買ってしまうというような内容です。

また実際にハッカーによってスマートコントラクトのバグを突かれ、約52億円相当の仮想通貨が盗難被害を受けた事例もあります。

契約内容の変更が困難

また契約内容の変更も困難です。

一度130円で売ると決めたら返金や返品ができない自動販売機のように、柔軟な対応ができない」「契約が立ち消えになってもその履歴を消すことができない」といったデメリットがあります。

仲介を業とする人間の失職

最後は、仲介業を行う様々な人が職を失い経済活動ができなくなるというデメリットです。

現在は単純な契約のみの対応ですが、将来的に認証が必要な契約が全てスマートコントラクトによって置き換えられれば、不動産業や問屋などの職業に従事する人は全て職を失う恐れがあるのです。

スマートコントラクトの未来はどうなる?

スマートコントラクトの未来はどうなる?

スマートコントラクトの未来は明るいでしょう。

しかし、柔軟性の欠如とバグによる不正取引、そして人が職を失うといった様々な課題も抱えています。

それらの諸問題を解決することができれば、スマートコントラクトによる新しい可能性の創出は、より輝かしいものとなる可能性は十分あります。

そのため諸問題をいかに解決するかによって、未来はより明るいものとなるでしょう。

まとめ

スマートコントラクトはこれからの人類の文明を変える大きな技術の一つと言っても過言ではありません。

しかしその反面、様々なデメリットや問題も抱えており、それをどのように克服するかによって、より大きな発明へと人類を導いていくものと言えます。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事