バイナンスでクレジットによる仮想通貨購入が可能に

世界最大級で大手仮想通貨取引所のバイナンスは1月31日、大手決済処理会社Simplexとの提携を発表し、クレジットカードやデビットカードでの仮想通貨の購入が可能となったことを発表しました。

今回のクレジットカードやデビットカードで購入可能となった通貨は、以下の4種類です。

なお、クレジットカード購入に関係する主な情報は以下の通りです。

  • 購入からウォレットへの送金・反映が平均10〜30分
  • 購入毎の手数料は3.5%、もしくは10ドル
  • 利用可能カードは「VISA」「MasterCard」の2種類

バイナンスとは

言わずと知れたバイナンスはマルタ島に本拠地を世界一の取引高を誇る仮想通貨取引所です。

取り扱う通貨の種類は140種類を超え、世界でも取り扱う通貨の種類ではトップレベルで、バイナンスが発行している取引所通貨のBNB(バイナンスコイン)も手数料が割引になることなどから好評を得ています。

また、取引も1秒あたり140万の注文を処理することが可能で、取り扱い通貨が多くてもスムーズな取引を行うことが可能。

現在は公式サイトの日本語表記はなくなりましたが、以前までは日本語対応していたということもあって、日本人にも馴染みの大きい海外取引所の1つです。

そして、バイナンスのCEOであるCZ氏は、資産のほとんどを仮想通貨とし、2018年12月24日にXRPをバイナンスの基軸通貨にするという発言した際に、リップルの価格が高騰したことから、非常に注目な取引所であり、影響力の強い取引所でもあります。

仮想通貨取引所の中では、世界で最も注目が集まっている取引所と言っても過言ではありませんね。

バイナンスの今後の展開

バイナンスは過去4ヶ月間でBinance UgandaとBinance Jersey、2つの法定通貨建取引を可能とする仮想通貨取引所をオープンしています。

 

バイナンスCEOのChangpeng CZ Zhao氏は今回の提携について、次の様に語っています。

CZ氏

「Simplexと提携することで、クレジットカードの支払いとトレーダーのための暗号との間のギャップを世界規模で即座に埋めることができます。

Binance.comでは、クレジットカードで暗号を購入して数分で取引を開始できます。」

また、提携したSimplexのCEOであるNimrod Lehavi氏は次のように語っています。

Nimrod Lehavi氏
仮想通貨業界はまだ初期段階にあり、世界の大部分の資金は未だに平行線を進んでいる状態です。

 

CZ氏は2018年の9月に開催されたカンファレンスで、2019年の9月頃までには、5〜10の法定通貨と仮想通貨の取引が可能な取引所を開設するとしています。

また「大陸ごとに約2つの取引所を設置したい」と発言し注目されていました。

今回のクレジットカードでの支払いでも、新たな仮想通貨市場へ資金流入の可能性をあげるものとして注目を集めています。

今後は、さらに法定通貨やクレジットカードでの資金流入をどのように実現していくのか、世界から注目の視線を集めることでしょう。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事