モナコイン

モナコインを約1500万円ハッキングした宇都宮の18歳少年逮捕!

2018年9月1日に起きたモナコインのウォレットサービスとして有名な「Monappy」で約1500万円相当のMONAがハッキングされていた事件の首謀者であるハッカーである宇都宮在住の18歳少年が電子計算機使用詐欺などの疑いで書類送検されたことが、朝日新聞の報道で明らかになりました。

仮想通貨「モナコイン」を顧客から預かるサービス「Monappy(モナッピー)」(営業停止中)にサイバー攻撃を仕掛け、モナコイン約1500万円相当を詐取したなどとして、警視庁は14日、宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺などの疑いで書類送検し、発表した。

引用:朝日新聞

大量のモナコインがハッキングされたことにより、「Monappy」は今も停止状態であり、約8000人のモナコイン保有者に影響が出たモナコイン最大のハッキング事件です。

また当時モナコインのハッキング事件が起きた時、モナコインの価格は1MONA160円から、120円まで暴落するという大きなハッキング事件でした。

とはいえ、ハッキングされた「Monappy」は当時モナコイン保有者に、補填を即座に行う対応を見せネット上から賞賛の声を受けていました。

モナコインの価格変動について詳しくは下記の記事をご覧下さい。

モナコインのハッキング事件でハッカーが18歳少年だったことによる反応まとめ

モナコイン

今回、モナコインをハッキングしたハッカーが18歳少年だったことについて、全国のTV局、そしてネット上でも多くの話題を生み、様々な反応があります。

以下、モナコインのハッカーが逮捕されたことについて評判や口コミ、そして反応を一挙にまとめたのでご覧下さい。

やはり最初に思うことは、まさかのハッカーが18歳少年だったということでしょう。

天才は今後もハッカーとして活動していくのか、それともホワイトハッカーとして活動していくのだろうか。

そしてまずは報道ステーションで放送された動画をご覧下さい。

モナコインをまだ詳しく知らない人は下記の記事をご覧下さい。

少年の将来を優秀な人材として賞賛する声も。

Monappyを開発した人物も10代の女性である為、やはり時代は大きく進化していますね。

やはり18歳である以上、まだ少年法で守られている模様です。

少年はどうやって裏技を見つけたのだろうか。

例え少年であっても、犯罪は犯罪ですね。

ハッキングはハッキングでも映画で見るようなハッキングではなく、まさかのスマホ連打!

同課などによると、少年は主にスマートフォンを使ってアクセスしていた。引き出したモナコインは海外の仮想通貨取引所に開いた匿名口座で保管し、配当を得ていた。これまでに10万円を受け取り、スマホなどの購入に充てたという。被害に遭ったのは約7700人分のモナコインだった。

引用:毎日新聞

ブロックチェーン技術はやはりすごい。

YouTubeニュースでも報道されていますね。

[su_youtube url="https://youtu.be/Q4xo8wyUAz0"]

モナコインのハッキングに関するまとめ

今回、モナコインの企業を狙ったハッキング事件は全国で初として大きく話題を呼んだモナコインのハッキング事件ですが、世界では多くのハッキング事件が起きています。

日本でもコインチェックやザイフで起きたハッキング事件はまだ記憶に新しいものの、世界の仮想通貨取引所クリプトピアは、ハッキングされたことが原因でまだ復旧できていません。

ハッキングが原因で、自身が保有する大切な資産が凍結すると、目の前でただ資産が目減りするのをただ見ておくだけの状態になる為、取引所やウォレットを使用して仮想通貨を保管する時はセキュリティ性の高いコールドウォレットで保管している仮想通貨取引所、あるいはハードウォレットなどに保管する様にしましょう。

モナコインが購入できる取引所や、保管する為のウォレットについては以下にまとめています。

また、国内取引所でセキュリティ性レベルを含めたランキングも以下のまとめていますので、今後の仮想通貨運用の為にご覧下さい。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事