アメリカ大手仮想通貨取引所であるCoinbase社の子会社、CoinbaseCustodyが保管対象通貨として正式に仮想通貨XRPを加えたことが明らかになりました。

Coinbase Custodyとは?

Coinbase Custodyとは、アメリカ最大大手の仮想通貨取引所であるCoinbaseの子会社です。

Coinbase Custodyが行っている業務は、仮想通貨のカストデイサービス(※)です。

※カストデイサービスとは
カストデイサービスとは、別名カストディアンとも呼ばれ、投資家の代理人として、有価証券の管理や保管、元利金や配当金の代理受領などのもろもろの業務を行うサービスのことです。

もともと、Coinbase社内で立ち上がったプロジェクトでしたが、業績の拡大を見込み2018年にCoinbase社から独立しました。

Coinbase Custody社が取り扱っている有価証券は「仮想通貨」であり、同社は一般投資家ではなく機関投資家向けのサービスを展開しています。

そして、Coinbase Custodyはアメリカ時間の2018年10月24日に、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から信頼憲章の交付を受けたことを発表しています。

ニューヨーク証券取引所(DFS)が、Coinbase Global、Inc.の100%子会社であるCoinbase Custody Trust Company LLCを限定目的として運用することの承認したことを、Maria T. Vulloが発表。

引用:2018年10月23日New York STATEプレリリース

上記により、Coinbase Custodyはニューヨーク州銀行法の下で操業する独立した適格カストディアンとしての事業が可能となっています。

Coinbase Custodyで取り扱う仮想通貨一覧

今回の発表がされる前のCoinbase Custodyで取り扱うとされていた仮想通貨は以下の5種類です。

そして2018年8月には、Coinbase Custodyにて以下40種類の仮想通貨取り扱いを発表していました。

しかし、2018年11月現在、上記の40種全ての仮想通貨がCoinbase Custodyの取り扱い対象となっているわけではありません。

今回追加されたコインは以下の4種類です。

よってCoinbase Custodyでは、当初から存在するコインと上記の4コインを合わせて計9種類の仮想通貨に対応していることになります。

ただし、ビットコインキャッシュは2018年11月現在、ハードフォーク問題の関係で取引を停止している状態です。

ビットコインキャッシュのハードフォークについて詳しい詳細は下記をご覧下さい。

>>>ビットコインキャッシュのハードフォークが成功!BitcoinSVの今後はどうなる!?

Coinbase Custodyにリップル(XRP)が追加された経緯

今回、Coinbase Custodyにリップル(XRP)が追加されたことは、やはり今までのリップルの活躍があってのことでしょう。

リップル(XRP)は、リップル社が展開するxRapidやxCurrentをはじめとするサービス・事業は世界的な規模での広がりを見せており、仮想通貨の社会実装の先駆けとして目覚ましい活躍を見せているからです。

また、リップル社のQ3売上報告書においては、企業向けの売り上げが前四半期比594%増加したと発表するなど、実績も確実に上がってきています。

ですから、リップル(XRP)に対する需要の高まりは今後さらに拡大することが期待できるでしょう。

また、Coinbase Custodyに、いつ40種類すべての対応が完了するのかはわかりませんので、Coinbase Custodyに関する最新情報に目を光らせている必要がありますね。

【参考文献】

CoinBaseとリップル(XRP)に関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事