日本時間の11月12日、シンガポールでフィンテック・フェスティバルが開催されました。

参加したリップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏が、ブルームバーグの取材に対応し、

リップル社とSWIFTが水面下で提携関係を結ぶ準備を進めている」という噂を断固として否定しました。

では、リップルとSWIFTのそれぞれの特徴と、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏の発言について詳しく見ていきましょう。

SWIFTとは

SWIFTは1975年からサービスの提供をはじめ、2018年現在では世界200の国と地域に1万1,000以上の提携金融機関を持つ、世界規模で送金サービスを提供している会社です。

世界中のほとんどの企業が国際送金の際にはSWIFTを利用していますが、SWIFTには主に以下の3つの問題点があり、幾度ものトラブルが起きています。

  • 高額な手数料
  • お金の流れが不透明
  • 送金から着金までの時間が長い

SWIFTは上記の問題を解決するために、2018年10月に世界的大手のIT企業であるMicrosoft社(マイクロソフト社)と提携し、同社が提供している「アジュール」というサービスとSWIFTを統合させるこことを発表しました。

公式の発表では、SWIFTとアジュールが統合することで「これまでより速く、効率的で安全な送金システムを提供できる」ということですが、いまだ統合の詳しい日時は判明しておらず、システムの統合に2年ほどかかるのでは?という見方も出ています。

マイクロソフト社とSWIFTの提携については下記をご覧ください。

>>>SWIFTとマイクロソフト社が提携!国際送金に便利なリップル(XRP)との違いは?

リップル社とSWIFT

ブロックチェーン技術を利用した国際送金サービスを開発・提供しているリップル社と、長年国際送金規格として活躍してきたSWIFTはいわば「ライバル関係」です。

先述した「SWIFTとMicrosoftの提携」には、リップル社がxCurrentxRapidなどの革新的な送金サービスを開発したことでSWIFT側に焦りが出て提携を急いだ、という背景があります。

では、SWIFTとリップル社では国際送金サービスの性能にどれほどの差があるのかを以下にまとめたので見ていきましょう。

SWIFTとリップルの違い
SWIFTxCurrentで比較しています。
  • 送金スピード
    SWIFT(数日)<リップル(4秒程度)
  • コスト(手数料)
    SWIFT(5000円程度)<リップル(60~70%のコストダウン)
  • 信頼性(金の透明性やシステムの信頼性)
    SWIFT(中央集権、エラーしやすい)<リップル(ブロックチェーン、エラーしにくい)

以上の通り、システム(性能)上のあらゆる面において、リップル社が提供するxCurrentのほうが優れているのが分かりますね。

しかし、リップルの技術が優れていようともグローバル規模での明確な規制の枠組みが整備されていない限り、リップルはSWIFTの背中を見ることすらできないこともまた事実です。

リップル社は、9月からの2か月で「リップルネットワークの参加企業・金融機関が全世界で200社を超える」という猛烈な勢いを見せていますが、SWIFTと提携している11,000社には及びません

逆にSWIFTが国際送金における独占的地位を確立するためには、仮想通貨業界全体で不安視されている「セキュリティ・信頼性」に対するソリューションを提供すると、自社サービス(SWIFT)のアップグレードをする必要があると言えますね。

SWIFTとリップル社の噂をガーリングハウス氏が否定

リップル社とSWIFT社が提携するという噂の概要は以下の通りです。

かねてより、この2社の提携による国際送金ネットワークは大きく国際決済に影響を与えると期待されており、これらの噂はSWIFTが40年以上毎年主催している大規模な金融カンファレンス「Sibos」の開催前だった10月に浮上したもので、Rippleを脅威と見なすSWIFTが提携関係を結び、Rippleの国際送金システム「xRapid」を導入するのではないか、といった憶測だった。

引用:COINPOST「リップル社CEOがSWIFTとの提携の噂を払拭

上記の噂について、ブルームバーグの取材に対応したリップル社CEOガーリングハウス氏は、次のようにコメントしました。

根も葉もないうわさだ。Rippleが行っていることは、事実上のSWIFT乗っ取りであります。

我が社はすでに100社を超える銀行と契約を結んでいます。

SWIFTのサービスを利用可能な世界最大の銀行の一部は現在Rippleの技術を利用している。

我々はいずれSWIFTを追い越す

今後もリップル社は様々な提携していきますが、まだ時間がかかるでしょうから、今後ニュースに注目していきましょう。

【参考文献】

リップルやSWIFTに関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事