ICO割れ
ICO割れ

リップル(XRP)の近日1ヵ月の価格の推移と要因

仮想通貨の時価総額情報などをまとめているコインマーケットキャップによると、仮想通貨リップル(XRP)は10月18日現在約52.9円(0.4725ドル)で取引されています。

参照:CoinMarketCap

1か月前の9月17日のリップル価格は約31.65円(約0.28ドル)なので、この1ヶ月で仮想通貨リップル(XRP)の価格は約66%上昇していることになります。

この1か月の中でリップルが最高値をつけたのは、リップル社が主催した国際カンファレンス「SWELL」開催直前の9月21日で、価格は最高値約86円(約0.77ドル)でした。

>>>9月21日23時頃リップル(XRP)が高騰した理由まとめ!!!

SWELL直前の価格暴騰や材料出し尽くしが原因の売り注文の増加など、リップルにとってはボラティリティが高い1か月でしたね。

仮想通貨ローンサービス企業NEXOがリップル(XRP)担保のローン提供を開始

Nexo(ネキソ)の公式Twitterにて、仮想通貨ローン融資プラットフォームの提供開始が報告されました。

💡Nexoツイートの日本語訳

世界で初めて、リップル(XRP)を担保としたローンサービスの提供を開始しました。

あなたのリップル(XRP)を維持したまま口座にアクセスし現金を手に入れてください。

NEXO(ネキソ)とは?世界初の仮想通貨ローンサービスのここに注目!

NEXOとは、仮想通貨を担保として現金を貸し出す世界初のローンサービスを提供する企業です。

>>>NEXO公式サイト

NEXOが提供するサービスに注目する点は、【仮想通貨を保有しながら現金を入手できる】ということです。

本来、仮想通貨保有者が現金を手に入れる為には、保有している仮想通貨を売却する必要があります。

しかし、NEXOは、保有している仮想通貨を担保として【1000ドル(11万円)~200万ドル(2.2億円)】までの現金を入手することが出来ます。

つまり、保有する仮想通貨を売却する手間もリスクも排除することが出来るのです。

担保として利用可能な仮想通貨はXRPを含めた以下の5種です。

NEXOは、今後も利用可能な仮想通貨を増やすと発表しており、下記画像の16種の中からユーザー投票で決定する方針です。

リップルの価格上昇した要因のMoney Tap(マネータップ)とは?

NEXO同様に、リップルを利用したサービスの1つにMoneyTap(マネータップ)があります。

MoneyTapは、SBI Ripple Asiaが提供するスマートフォン決済アプリで、2018年10月4日からサービス提供を開始しています。

>>>MoneyTap(マネータップ)とは?SBIRippleAsiaが10月4日に送金アプリ提供を開始!

また、リップルはSWELLにて、スペイン語圏最大銀行でもあるサンタンデール銀行が提携しています。

ICO割れ

さらに、2018年10月19日にカナダの仮想通貨取引所Bitvoにも新たな通貨の上場を発表しています。

つまり、今後のリップルの行動には注目ですね!

【参考文献】

【関連記事】

インドの大手仮想通貨取引所BitbnsがBTCとリップルの取引量を大幅な価格操作が発覚!

【画像あり】リップル主催のSWELLが1日~2日に開催!過去の事例からSWELL後の価格を予想しよう!

【画像あり】リップルSWELL1日目まとめ【大手3企業がxRapidを導入】価格は高騰?それとも下落?

【画像あり】リップルSWELL2日目まとめ【公式レポート公開】価格は高騰?それとも下落?

【画像あり】SWELL2018閉幕直後にリップル価格が急落!取引量激減!BTCとXRPは今後どうなる!?

MoneyTap(マネータップ)とは?SBIRippleAsiaが10月4日に送金アプリ提供を開始!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事