シンガポールで開催されているフィンテックフェスティバル2018にて、リップル社のパンフレット内の以下のような記載が「リップル社の新しい商品はxCurrent4.0か?」と話題になっています。

xCurrentを利用している銀行や金融機関がシームレスにXRPトークンを用いたxRapidへのアクセスが可能になる

引用:COINPOST「リップル社がxCurrent4.0を発表

xCurrent4.0とは?

今回の報道は、フィンテックフェスティバル2018に参加している通称ecentさんが、自身のTwitterでリップル社のパンフレット写真を公開したことで注目されました。

以下が実際のツイートです。

リップル社のパンフレットには「xCurrent4.0」という題目で、あらたな複数の特徴が掲載されています。

出典:Twitter

上記のパンフレット内で最も注目されている項目は6番目のIncreased Product Interoperability(プロダクト間の相互運用性の向上)です。

以下が原文と日本語訳になります。

日本語訳

6.Increased Product Interoperability(プロダクト間の相互運用性の向上)

Seamlessly access xRapid for digital asset payments(デジタル資産決済のための、xRapidへのシームレスなアクセス)

つまり、仮想通貨XRPを利用するソリューションのxRapidへの接続が今後行われるのではないか?ということです。

xCurrentとxRapidの違い

リップル社が提供している送金・決済サービスは主に以下の3つがあります。

では先述した「xRapid」と「xCurrent」の違いについて解説していきましょう。

xRapidは、流動性コストを最小化したい送金業者やその他の金融機関のためのサービスです。

xCurrentは、銀行による即時国際送金の決済を可能にし、すべての送金プロセスを可視化するサービスです。

銀行などの金融機関はxCurrentを利用することで、銀行間でのリアルタイムメッセージングが可能となりますので、取引前の決済内容の確認や決済後の着金確認が容易にできるようになります。

逆に、これまで国際送金システム規格として広く認知されてきたSWIFTは、銀行間「リアルタイムメッセージング」が難しく、お金の流れや経由銀行が不透明かつ非効率です。

ですから、以下のような問題が発生していました。

  • 高額な手数料
  • お金の流れが不透明
  • 送金から着金までの時間が長い

そして、xCurrentとxRapidの一番の違いは、送金の際に実際に仮想通貨リップル(XRP)を利用しているかどうかです。

他国へ資金を送金する際には、送金時は自国通貨でも着金時は他国通貨になっていなければなりません。

また、新興市場への送金の際にも同様に、国の通貨に変換させる必要がありますが、新興市場の場合は現地通貨の用意が難しいためどうしても流動性コストが高くなってしまいます。

上記を解決する役割がxRapidです。

xRapidには主に以下のような仕組みがあります。

  1. 自国通貨を他国へ送金
  2. 送金時に自国通貨が仮想通貨XRPへ置き換わる
  3. 仮想通貨XRPが他国へ着金
  4. 着金時に仮想通貨XRPが他国通貨に置き換わる

つまり、仮想通貨XRPが、自国通貨と他国通貨のブリッジ(橋)になるということです。

そして、仮想通貨XRPをブリッジ通貨にすることで、わざわざ他国通貨を用意する必要がなくなり、現地通貨の調達が難しい新興市場への送金も容易になるということですね。

リップル価格への影響は?

13日の仮想通貨市場は、アメリカのダウ平均株価暴落に引きずられたビットコイン価格がマイナスに転じる形となりました。

ビットコイン価格がマイナスに転じたことで、多くのアルトコイン価格も減少しましたが、XRPBCHXEMといったアルトコインには価格上昇の場面が見られました。

XRPの場合は、リップル社によるxCurrent4.0の発表でリップル需要拡大の期待感が反映したと考えられます。

XEMの価格上昇は、先日のコインチェック一部仮想通貨取引再開報道の影響があったものと考えて良いでしょう。

BCHはハードフォークによる価格への影響だと感がられます。

いずれの3銘柄も価格への影響材料があることからも、今後の価格への動きとしては極めて重要になると考えて良いでしょう。

【参考文献】

リップルのxCurrentに関する関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事