bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

ウォレットとは、英語で財布、札入れという意味です。

最近はITサービスでも、携帯電話会社の〇〇ウォレットとか、航空機の搭乗券を一括管理するウォレットアプリなども多く、利用されている方には馴染みのある言葉かもしれません。

仮想通貨のウォレットについても、その名のとおり、仮想通貨を保管しておく財布というイメージがわかりやすいでしょう。

では仮想通貨におけるウォレットとは具体的にどんなものであるのか、ご説明いたします。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

仮想通貨におけるウォレットの意味とは

      まず、仮想通貨を保管するにあたっては、必ずしもウォレットを使用する必要はありません。

      そもそも仮想通貨の取引は、その仮想通貨を管理する各社の仮想通貨取引所で行われます。

      そして、とくにウォレットを利用せず、その取引所において仮想通貨を管理してもらっておくことも可能です。

      もっとも、仮想通貨の取引所と聞くと、多くの方々の記憶にも新しいと思われる、仮想通貨の流出事件が想起されるのではないでしょうか。

      取引所は常にハッキング等の悪意の攻撃のリスクに晒されており、管理が不十分な会社の取引所に仮想通貨を保管したままにしておくと、ハッキング等の被害に遭った際、仮想通貨を全て失ってしまうおそれもあります。

      そこで、より安全に仮想通貨を保管しておく場所が、ウォレットです。

      そもそも取引所は、その名の通りではありますが、あくまで仮想通貨の保有者間等で取引をする場所であり、長期保管しておく場所では無いと認識しておくべきでしょう。

      対してウォレットは、保管に加えて、仮想通貨を外部の脅威等から守る金庫の役割を有しているといえるのです。

      ウォレットを運営している会社も複数存在し、それぞれ、利用料金やメリット、特徴も様々です。利用する際は、それぞれ比較検討したうえで、契約をされることをおすすめいたします。

      bellcoin_banner600-500_2 (1)
      bellcoin_banner600-500_3
      bellcoin_banner600-500_1 (1)

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      仮想通貨情報をお届けします

      Twitterでフォローすると良い事あるかも!

      おすすめの関連記事