ICO割れ

妖しいネット商材や仮想通貨を巡る案件は後を絶ちません。

多くの人がICO案件など色んな仮想通貨の話で騙されたのではないでしょうか?

殆どの人がSNSやメール、メッセンジャー等で「元手無しに…。」「一夜にして。」「一発逆転!」こんな触れ込みで様々なビジネスへの勧誘を仕掛けて来ることに遭遇したという経験をお持ちだと思います。

一つ言えることは、元手無しにレバレッジが効くビジネスがないわけでは無い。

投機、投資の際は、それが叶う可能性も高い。

けれど、そういったビジネスを開発する背景には、例えば、仮想通貨におけるブロックチェーンやDappsというある種の高等技術に裏打ちされた、不断の努力と開発への熱意や情熱の結晶があると考えます。

まともにコンテンツ勝負、サービスありきでやっている仮想通貨はないなと僕も思っています。

だから、こうやって情報発信をしているのですが。

今、投資や投機が一般化の傾向を見せてますが、“何もしないで楽して儲ける”という触れ込みで投資、投機を募るビジネスが横行していますが、この「THE REVERSAL PROJECT」にもその匂いがします(笑)

果たしてこの、「THE REVERSAL PROJECT」の背景には、不断の努力と開発への熱意や情熱の結晶が見られるのか?を検証してみたいと思います。

ICO割れ

笠原翔とはどんな人?笠原翔のWiki的プロフィールを紹介


以下はあくまでも筆者個人の推測により、断定できるものではないことを、あらかじめ冒頭で述べておきます。

「THE REVERSAL PROJECT」に関しては、動画が公開されています。

その動画をもとに、このビジネスの運営者たる笠原翔氏(カサハラカケル)のプロフィールを追ってみると…。

2016年からネットビジネスを始め、今までにアフィリエイト商材を購入、アフィリエイト合宿に参加、転売スクールに参加、個別コンサルティングを受講、FXツールを購入、仮想通貨自動売買ツール購入、仮想通貨投資ファンドに投資など様々なものに手を出してきましたが、すべて成果はゼロで200万円の貯金がマイナス500万円になったこと告白しています。

上記のように資産を減らしていく状況は、ある意味、ネット商材やネットワークビジネスにおけるノウハウコレクターという“詐欺師の術中”にハメられたことを白状と同じであると筆者は解釈しています。

1つの情報商材が役に立たなくて悔しがっているときに別の商材の紹介メールが届いて、損を取り戻そうと新しい商材を買って損を膨らまし、ゴミ同然の使えない商材が溜まっていく状況です。

こういう状況に追い込まれ、騙され続けてきた人は、ある日、一つの事実に気が付きます。

「稼げる情報商材なんて無いのではないだろうか?」

「情報商材の通りにやっても稼げない。」

「では、どうすれば稼げるようになるのか?」

その末、達する結論とは?

そうだ!騙すほうになればいいんだ!

と…。(笑)

このプロジェクトが利益を出す方法なんて、全く説明されていない、この動画を見て、直感しました。

第1回の動画では説明されていないことから言えるのは、この人、雪ダルマ式に騙された過去を羅列し、“学んだ!”としながらも、“騙す人になればいいんだ!”と考えてのではないか?と思われます。

その根拠は後程、詳しく述べます。

仮想通貨案件「THE REVERSAL PROJECT」の概要と詳細について


第1回の公開動画の中では、このプロジェクトが利益を出す方法は、第1回の動画では説明されませんでしたが、セールスページから予想します。

このプロジェクトが提供するシステムは、完全自動で毎日資産が9%増えるそうです。

9%と聞くと大きな金額ではないと思う人もいるかも知れませんが、1日9%はどんな資産家も気絶するほどの利率です。

例えば、10万円を毎日9%の複利で資産を増やしたら半年後には5454億円になります。

そしてとある情報筋によると、

「笠原翔のビジネスモデルは『仮想通貨』で間違いないでしょう。

それも取引所の価格差で稼ぐ『アービトラージ』の全自動システムではないかと予想されます。

アービトラージとは簡単に説明すると、取引所の価格差を利用して、価格が安い取引場で買った通貨を価格が高い取引所で売って利益を得るという手法です。
アービトラージで稼ぐことは事実可能ですが、いざ価格差があり安値で買って送金しようと思っても、送金に何時間もかかるという事もざらにありますし、仮想通貨市場では昇降が激しい為、その送金時間の間に相場が動いてまう事もよく起こります。
また、価格差をリサーチし、取引するためには数々の取引所の口座を開設し、その価格差を四六時中チェックする必要があり、かなりの労力と時間が必要になりますので、初心者が継続的に利益を出し続けるにはハードルは高め。
恐らく今回の案件では、このリサーチや売買を自動で行ってくれるシステム販売という流れになってくるのではないかと予想されます。」

とのこと。

「THE REVERSAL PROJECT」は詐欺案件?その理由とは?

THE REVERSAL PROJECTの特定商取引法に準じた記載には、こう記してあります。

  販売会社:合同会社アドバンス

販売責任者:笠原翔

所在地:埼玉県狭山市水野1307-38

電話番号:・・・

メールアドレス:the.reversal.project.info@gmail.com

表現及び商品に関する注意書き:本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

個人情報に関する取扱い:今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用するために、口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。

出典:「THE REVERSAL PROJECT」Webサイトhttps://the-reversal.com/tokusho_lp/

この情報をもとに、ネットビジネスに詳しい筆者と親交のある、ネット系の妖しい情報商材に特化した記事の取材を行っている、札幌在住の加計勝さんというライターさんが取材を行って、筆者に以下のような情報を提供してくれました。

仮想通貨番長
加計さんは、「THE REVERSAL PROJECT」を胡散臭い情報商材だと認識しているようですが、その理由を教えてください。

加計ライター
合同会社アドバンスは色々調べてみましたが存在していない会社という事で結論を出させていただきます。
というのも、合同会社アドバンスに関して幾つかの登記があるのですが、所在地に該当する住所で登記されている合同会社はないとのことでした。

そして、笠原翔の事も色々調べてみましたが、もしこの方がちゃんとしたビジネスの経歴をお持ちの人でしたら、S.N.S=フェイスブックやGoogle+などにも顔出しして、自身のプロフィールを書きしるし提示するものですがこの人に関わる情報はネットに出てきません。
たぶん、情報商材へもの初デビューかと思われます。
電話番号にしても記載もありませんし、メールアドレスもGメールによるフリーアドレスになっておりますのでこのオファーの為に取得したフリーメールアドレスと言えると、思います。
最近は、情報商材を買ったのですが、連絡が取れなくなったという、ご相談が私のところにも増えてきたように思いますので皆様におかれましては十分注意していただきたいと、そう思います。

ICO割れ

仮想通貨番長
もっとも怪しいと疑う点は?

加計ライター
ゼロから年収4,200万円を約束と笠原翔さんのTHE REVERSAL PROJECTの動画では謳っていますが、
セールスレターの表現及び商品に関する注意書きを見てみると、再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございませんと齟齬がある点です。
個人情報に関する取扱いに関しても、本来目的に使用する以外、第三者に提供するなどとは謳わない者ですが、公然と“あなたの個人情報は第三者へ提供させていただきます”という事を謳っています。
本来であれば、こうした個人情報の第三者共有を行う際には、パーミッションの取得が必要ですし、厳密にいえば個人情報を第三者に提供するマーケティング活用に関してはプライバシーマークや、
もしくはそれに準拠する個人情報保護に関する認可を受ける必要があると思われますが、実在しない会社のように見受けられますので、こうした記載が何処にもない点です。
こうした、案件の誘いにのって、メールアドレスなどを登録すると、迷惑メールが山ほど届くという結果になりかねないので、軽い気持ちでの登録はやめた方がよろしいのではないかと思います。

とのこと。

加計さんの件の見解をお伺いすれば、やはりこの人に関しては怪しい匂いが満載(笑)

結論。やはりこの案件は詐欺案件に近いと断定できそうです。

笠原翔と仮想通貨案件「THE REVERSAL PROJECT」のまとめ


いかがでしたでしょうか?

ただ、自分の借金の履歴だけを告白し、ビジネスの仕組みに関しては一切触れず、福利9%を歌い、楽して儲けることを勧誘するこのビジネスの背景に、ある種の高等技術に裏打ちされた、不断の努力と開発への熱意や情熱の結晶など全く垣間見ることが出来ない…。

投機、投資の世界はある種のギャンブルであることは否定しません。

しかし、こんなペテン師の口車に乗って大切な資産を放り出すほど、バカなことはないし、既にこの男のことなど誰も信用などしていないと思います。

騙されたことを方便に、騙す側に回るという浅はかな魂胆が見え見えのこういう人間が、こうしたビジネスに参入し、真剣に真面目に、仮想通貨やその他のビジネスの普及に普請している人からすればノイズ以外の何者でもない。

そう、ノイズ以外の何者でもない。

繰り返しますが、どんなビジネスの背景にも必要なのは、“不断の努力と開発への熱意や情熱の結晶です。

それがない人にはビジネスに携わる資格はないと、筆者は考えます。

仮想通貨に投資をする際は、開発への熱意や情熱の結晶、サービスへの共感などで決めて、投資をしましょう!

※冒頭でも言いましたが、あくまで筆者個人の推測、経験により、断定できるものではないこと。

【関連記事】

仮想通貨詐欺の手口やカラクリとは?騙されない為に知っておくべきポイントとは?仮想通貨詐欺事例も紹介

佐渡凌一が主催した「LEADing Edge Project」は詐欺案件なのか!?自動取引で本当に稼げるのか?

渡辺雅典が主催した「MDITカレッジ」は本当に稼げるの?詐欺案件なのかを検証!

吉川将大の「Fixer Project」は稼げるのか?詐欺案件だと思われる理由とは?

BITPRO取引所が2018年8月にオープン?レバレッジ500倍って本当?詐欺案件なのかを解説!

【仮想通貨】ICOとは?仕組み・買い方・ICO詐欺の見分け方4選

【仮想通貨】ICOの詐欺割合と本当にあったICO詐欺一覧3選

ウィズコイン(WITH)は詐欺コイン確定か?集団訴訟の詳細は?ウィズコインの今後について

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事