仮想通貨が普及し、実際に流通している通貨のように買い物や決済でも用いることができるようになってきました。

しかし、仮想通貨は実際の通貨よりも流通量が少ないことや使用者が少ないという側面から、時に為替差益を狙った投資の対象となったり、致命的なセキュリティ上の問題が起こったことによる信用の消失により、非常に不安定な為替相場を示します。

そんな、不安定な一面に注目して開発されたのが今回紹介するステーブルコインです。

このステーブルコインについての誕生の由来や必要性に触れながら、実際にどんなステーブルコインがあるのかについての紹介や今後の展望についてお話ししていきます。

ステーブルコインが誕生した理由

仮想通貨はシステムが非常に優れ画期的な通貨ですが、致命的な弱点がありました。

それは為替相場が非常に不安定なことです。

この価格の不安定さを克服するという目的で開発されたのがステーブルコインです。

このステーブルコインは価値が非常に安定しています。

従来の仮想通貨は技術的な問題から度々セキュリティの信用を失うような事件を起こしてきました。

そして、その度に様々な改良がくわえられ進歩を遂げており、現在も技術的な課題が一つずつ解決されようとしています。

しかし、それ以外にも大きな問題を抱えていました。

先述した通り、為替相場が非常に不安定なことです。

ビットコインを例にとると発行された当初に比べその価値は当時をはるかに超えるような天文学的な変動をしました。

実際の通貨と仮定するすると「1ドル100円だったものが翌朝には1ドル1,000円になっていた」というような状態が起こるようなものです。

これだけ見れば確かに為替差益を狙って非常に大きな利益を出せるという魅力がありますが、これは当初の目的であった「実際の通貨のように使えるというもの」という目的を逸脱するものでした。

パンが100円相当の1ビットコインだったとすると、翌朝にはパンが同じ1ビットコインでも1,000円相当になっているということでは通貨として全く使い物にはなりません。

これは当初流通量が少なく、使用者も少なかったため実際の通貨よりも簡単に相場を上げることが可能だったことに由来します。

現在は当時のような変動は少なくなったものの実際の通貨に比べると非常に不安定な価格の変動をしています。

そこで開発されたのがステーブルコインです。

ステーブルとは英語で「安定」という意味で、海外では他の通貨と価値を連動するという意味で「ペッグ通貨」とも呼ばれています。

これは実際の通貨(米ドルや日本円、ユーロなどの法定通貨)のレートと連動した仮想通貨のことです。

つまり実際の通貨と同じく比較的安定した値動きで取引される仮想通貨なのです。

ステーブルコインはなぜ必要?

ステーブルコインは実際に使用するという目的で必要です。

ビットコインやイーサリアムと言った仮想通貨は、確かに様々な決済で使用されるようになってきましたが、それでも為替は実際の通貨に比べて非常に不安定で、その為替によって商業活動が非常に不安定なものになり得るリスクを持っています。

そのため、実際の通貨に比べて使いにくいという弱点を持っています。

例えば、商品を1ビットコインで販売し買ってもらっても、為替の変動で100円の利益が出る日もあれば逆に売ったことで1,000円の損失を出す可能性もあります。

しかし米ドルや日本円、ユーロと言った為替相場に連動したステーブルコインであれば、仮想通貨であっても実際の通貨の決済とほとんど変わりがないため比較的安定しているということから実際の商業活動で使用することに適しているのです。

このように価格が安定している仮想通貨は実際の生活においても使いやすく安心して貯金したり、あるいは仕入れや商品の売買、サービスの提供の代金として使用することができるというメリットがあります。

投資の対象のような性格を多分に含んでいる従来の仮想通貨と異なり、実際に使用するという点において必要な仮想通貨と言えるのです。

日本円を担保にしたステーブルコインの特徴

最初に日本円の為替と連動したステーブルコイン、つまり日本円を担保にしたステーブルコインを紹介します。

そのステーブルコインは、以下の3つです。

  • LCNEM(エルシーネム)
  • GMO Japanese YEN(2019年購入可能予定)
  • Grand Shores West(2019年購入可能予定)

LCNEM(エルシーネム)

出典:LCNEM

LCNEMは2019年4月現在実際に購入できる唯一の日本円を担保にしたステーブルコインです。

特徴は、法定通貨でポイントをあらかじめ購入する形で販売していることです。

つまり前払い支払い手段で実際に流通しているもので例えるとSuicaやnanacoと言ったポイントに近い形式の仮想通貨になっているということです。

Suicaやnanacoは日常生活にも浸透しているので、LCNEMもそれらのように移行しやすいという性格を持っているのが特徴と言えます。

ちなみにこの発行元は日本企業で、京都のスタートアップ企業である株式会社LCNEMです。

GMO Japanese YEN(2019年購入可能予定)

次に紹介するのがGMO Japanese YENです。

これは動画配信を始めとしたあらゆるサービスを手掛けているGMOが手掛ける仮想通貨で、特徴はカレンシーボード制を検討しているということです。

このカレンシーボード制とは、流通しているステーブルコインと同額の日本円をGMOが保有するというルールです。

例えばGMO Japanese YENが世界で1,000億円流通したとしたら、価値の保障としてGMOも1,000億円用意するというものです。

これにより十分な信用をステーブルコインに与えようとしています。

Grand Shores West(2019年購入可能予定)

最後のGrand Shores Westですが、香港のブロックチェーンファンド企業であるGrand Shores Westが日本の金融に詳しい日本のいずれかの銀行と組んでステーブルコインを発行しようとしています。

特徴は未定ですが、現在のところ唯一の外資系のステーブルコイン発行者となる可能性を秘めています。

このように、現在はまだ日本円と連動するステーブルコインはほとんど購入できません。

米ドルを担保にしたステーブルコインの特徴

米ドルを担保にしたステーブルコインは数多くあり、2019年4月現在5つあります。

  • Tether
  • TrueUSD
  • Gemini dollar
  • Paxos Standard
  • USD Coin

米ドルは世界的な基軸通貨であることからステーブルコインとしては非常に魅力的な法定通貨であり、世界中で開発が進められています。

Tether(USDT/テザー)

出典:Tether

Tetherの特徴は、圧倒的な人気を持ちながら信用が低下しているという点です。

米ドルと連動した初めての仮想通貨で、一時はステーブルコインの主流になるとも目されていました。

しかし、信用の担保となってる発行済みのTetherと同額の米ドルを保有していないという疑惑がもたれ、1ドルと同じ価値でなければならないステーブルコインであるのに1ドル以下の価値となってしまっています。

TrueUSD(TUSD/トゥルーユーエスディー)

出典:TrueUSD

TrueUSDの特徴は、1ドルを直接トークン(仮想通貨)化するトラストトークンという仕組みを使って発行していることです。

つまり1ドルをこのステーブル通貨に変えようとすると1TUSD発行されるというものです。

Gemini dollar(GUSD/ジェミニ・ドル)

出典:Gemini dollar

Gemini dollarの特徴は、透明性のあるオープンAPIという仕組みで、他の人間がその仕組みを見ることができます。

Tetherは透明性に欠けていたので、それを補完する意味でも画期的なステーブルコインです。

Paxos Standard(PAX/パクソススタンダード)

出典:PAXOS

axos Standardの特徴は、仮想通貨取引所や仮想通貨の保管事業(カストディアン)の運営を行っている企業が発行しているという点です。

仮想通貨の取り扱いに非常に慣れた企業が手掛けているという点においても、ステーブルコインとして魅力を持っています。

USD Coin(USDC/ユーエスディー・コイン)

USD Coinの特徴は、ゴールドマン・サックスという巨大金融グループから出資を受けているという信用です。

ゴールドマン・サックスが今後決済に使用する可能性があり、注目のステーブルコインです。

 

このほかにも様々な企業がステーブルコインを発行しており、今後も非常に多くのステーブルコインが発行されることが期待できるでしょう。

ユーロを担保にしたステーブルコインSTASIS EURS(スタシス・ユーロ/EURS)とは

出典:STASIS

世界第2位の流通量を持つユーロにも、ステーブルコインが存在します。

そのステーブルコインはSTASIS EURS(スタシス・ユーロ/EURS)です。

このSTASIS EURSの特徴は、ユーロのステーブルコインとしては初めて公式認定された通貨であるという点です。

また機関投資家からの需要増加を目指しているため、今後は法人向けのサービスを積極的に行っていく可能性があります。

ステーブルコインの今後

この記事では、ステープルコインの必要性や特徴、種類についても触れてきましたが、総括してステーブルコインの今後は明るいと言えるでしょう。

なぜなら、法定通貨と連動しているため信用度が高く、草コインと呼ばれる中小の仮想通貨よりも安心して使用できるからです。

また、ビットコインなどの仮想通貨の為替取引をしている際に一時的にステーブルコインにすることで、法定通貨へ戻す手数料なしで法定通貨の代わりにステーブルコインにしておくということもできます。

さらに、発行通貨も人民元と言った他の通貨のステーブルコインも出現しているほか、原油埋蔵量推定世界1位のベネズエラに関しては国家自らが法定通貨以外の原油を担保としたステーブルコインを発行するなど、発行元も徐々に民間から国家へと変貌を遂げています。

従来の仮想通貨のような為替差益を目的とした取引を行っても、安定感が違うため安心して使うことができますし、このような理由から見てもステープルコインは仮想通貨の新しいスタイルとして定着する可能性が十分あります。

そういった意味でも、ステープルコインの今後は明るい見通しであると言えるのではないでしょうか。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事