プレゼントのバナー

プレゼントのバナー

ステーブルコインを持っているだけで利子がもらえる!?

フリーの仮想通貨研究者であるHasu氏がネット上に作文を公開するサイト「Uncommon Core」にて、これまでステーブルコインの保有者は発行者に対してある意味「無料のローン」を提供していたが、今年その流れが変わるかもしれないとの見解を示しています。

【日本語訳】

これまでのところ、TetherのUSDTやCircleのUSDCのようなドル建ての安定した硬貨は、彼らの硬貨の保有者には何の利子も払わない。

今日では、stablecoinsのユーザーは、あるプロバイダと次のプロバイダとの間であまり区別されていないサービス(デジタルで銀行のドル建ての証明書を転送する)と引き換えに、プロバイダに無料のローンを効果的に提供しています。

ステーブルコインプロバイダは、顧客のお金を銀行に預け入れ、これらの預金から利子を集めることによってお金を稼ぎます。

これを書いている時点で、5つの最大のステーブルコインがまとめて267億ドルの顧客預金を保有しています。

年間2.5%の割合で、これらの預金は彼らのために年間6億7,500万ドルの収入を生み出しています。

また、Circleは、「将来的には、これらのフィアットファンドを流動性の高いAAA格の確定利付証券に投資する可能性がある」とすでに発表しています。

引用:Uncommon Core

Hasu氏は、数多くあるステーブルコインで差別化を図るため、ステーブルコイン保有者に対する利子の付与が一つのカギになるのではないかと予測し、ステーブルコイン同士の価格競争が始まるだろうと見ています。

ステーブルコインはビットコインなどの仮想通貨よりも価格の変動が小さく、資産保有に適しているとされている通貨です。

円やドルなどの法定通貨に1対1で連動した価格のものが多く、現在では数多くのステーブルコインが誕生しています。

ステーブルコインについてもっと詳しく知りたい人は下記の記事をご覧下さい。

これまでのステーブルコイン

Hasu氏によると、ステーブルコインは26億7000万ドル(約2900億円)ほどの金額を顧客から預かっており、年率2.5%の利子率で、年間6750万ドル(約74億円)の収益を生み出しているといいます。

ステーブルコインは、顧客から預かった資産をどのように運用するかが焦点となっていました。

USDコイン(USDC)を発行しているアメリカ仮想通貨決済企業サークルは、顧客から預かっている資産について「流動性が高く、AAA評価の債券に投資する」と発表しています。

また、仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のリサーチ部門の予想によれば、ステーブルコインの発行者はただドルを保管するのではなく、リスクの高い債券への投資に回すだろうとの見解を示しています。

Hasu氏はステーブルコインに投資する前に、

  • 提携先の銀行はどこか
  • どのような債券をファンドが保有しているか
  • 一個人としてのあなたが等価(1ユニット=1ドルなど)で換金できるか?その時間はどのくらいかかるか?

以上の3点を確認するよう呼びかけています。

これからのステーブルコイン市場

Hasu氏は、今後のステーブルコイン市場に関して、保有者が利子を得られる時代がもうすぐ来ると見ています。

さらに起業家のウィンクルボス兄弟が手がける仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)が、1ドル分のトークンを0.99ドルで販売したことは、利用者に対して利子を払う時代がもう目の前にあることを示唆しているとか。

こうした流れは、ステーブルコイン業者同士の間で「価格戦争」が起きるようなもので、コイン保有者にとってはありがたいことですが、コイン発行者にとっては悪夢のような時代が来るのではないかと指摘。

さらに、ドルに連動するステーブルコインに対しては、投資されすぎたのではないかという懸念を示しています。

次の焦点として、ステーブルコインの差別化という声はすでに出ており、 アンダーソン・毛利・友常法律事務所の河合健弁護士は、ステーブルコインの差別化のポイントについて次のように言及。

「自分たちのコインを使ったら〇〇という特典がつきます」といった点が差別化の要因になる。

今後のステーブルコインは「キャッシュバック」や「イベント招待」などの特典をめぐって競争が生まれるという予想も出ており、コインにプラスして、どのような特典が付いてくるのか注目が集まります。

【参考文献】

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事