ICO割れ

仮想通貨SPINDLEは、結構多くの人が一度は聞いたことがあるのでは?と思います。

芸能人の格付けをするテレビ番組で、常にホンモノを見分ける目を持つとされている、ミュージシャンGACKT氏がアジアエリアにおける戦略アドバイザーに加わっているとされ、注目を集めている仮想通貨ですが、果たして、この仮想通貨が他の仮想通貨と比較して価値あるものなのか?

今回はそのあたりの検証も含めて、コラムを進めていきたいと思います。

ICO割れ

仮想通貨SPINDLE(スピンドル)の概要と特徴について

SPINDLE(スピンドル)

ホワイトペーパーを読み解くと、SPINDLE/SPD(スピンドル)は、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた改ざん不可能な透明性の高い情報を持つ投資・運用のプラットフォームのICOプロジェクトとされ、投資や資産運用における運用の不透明性を解決すべく、ブロックチェーン上で安全に資産管理と運用情報の透明化を目指したプロジェクトであるとされています。

ただし、何を資産とするのか?何に投資を行うのか?という事に関しては現段階で具体的な明示が為されていません。

今、世界に山ほどある仮想通貨。

その基本とは、ブロックチェーンという技術=分散型台帳技術を用いて誰がどのような取引をしているのか、やり取りが明確にするという事が基本技術であり、まずはICOを行い、資金を調達する。

後は、上場を果たした後、投資家及び投機筋などが相場を読み、資金を動かすことで、その価値が定まってゆく。

となると、その仮想通貨がどれだけ汎用性の高いものになるか?決済手段として用いられるようになるか?という事が課題になっていきます。

しかし、今、仮想通貨の運営主体がどのようなビジネスを展開するか?という事によって価値が変動する、

もしくは、ただ投資を募るのみならず、運用の在り方まで明確にし、その裏付けを示してゆくという事まで発展しています。

このコラムで紹介した、「リップル」「NANJAコイン」「MINE」などは、それぞれ、不動産投資への展開、スポーツ支援、マイニング=採掘など、それぞれ運営主体があくまでも仮想通貨は決済通貨に過ぎず、その先を目指していることが伺えます。

しかし、SPINDLE/SPD(スピンドル)からは、その先がなかなか見えてこない…。

そのあたりが、今一つ、信頼性を獲得出来ておらず、投資家、投機筋から決していい評判、評価を得ているとも言えるかも知れません。
僕も良い評価をしていません。

SPINDLE/SPD(スピンドル)は、確かにICOを実現し、同時に海外の仮想通貨取引所五か所への上場を果たしたことで、SCAM=ICO詐欺疑惑を回避できたように思われますが、

本来、国内で開発された仮想通貨であれば、国内の仮想通貨取引所に上場させたいところですし、講談社が編集する「現代ビジネスに論考」を投じた金融ジャーナリストの伊藤博敏氏からは、

伊藤博敏氏
“プライベートセールの際に、その代理業務を与沢氏が率いるフリーエージェントスタイルの元経営幹部が行っているという事を根拠に“その“胴元”が、「モラルなし」と落第点をつけられ、代理店が「カネになりさえすればいい」と考える人種なのであれば、ホワイトペーパー云々の前に投資不適格というしかない。“

という厳しい指摘も出ています。

また伊藤氏は、スピンドルのパートナー企業である、運営会社のBLACK STAR&CO、金銀取引のオンラインサービスを提供するBullion Japan、アドバイザーのCDS経営戦略研究所などの経営陣の一人に、かつて、ベンチャーキャピタル創業時に、行政処分を受けた宇田修一氏が加わっている点に関しても、その処分が為されたことに関して、

伊藤博敏氏
“関東財務局の指摘は厳しく、文中には「宇田代表に法令遵守意識及び投資者保護意識は皆無である」と、金融業者としての能力と資格を全否定したような言葉もあった。”

と指摘するなど、SPINDLE/SPD(スピンドル)に関与する人々を「信用するに値しない」としているようにも思われます。

まとめると、GACKTという著名人をプロモーションパートナーとし、ICOを行い、上場は果たしたが、運営者からのその価値向上のための施策が示されていないことこそが特徴の仮想通貨と言えるかも知れません。

仮想通貨SPINDLE(スピンドル)の買い方とは?購入の仕方を紹介!

SPINDLEは現在海外取引所で上場していて日本円で購入できません。

BTCやETHを購入してから海外取引所でSPDを購入することになります。

流れとしては…。

1.国内の取引所でビットコインを買う

2.BTC-Alpha、Yobit、Livecoin、HitBTC、などSPINDLEが上場している仮想通貨上場所にビットコインを送金

3.ビットコインでSPDを購入

で、HitBTCへの送金手順、購入方法などをご紹介しようと思っていたのですが、現在、HitBTCでは日本国内に居住している人の新規登録は不可となり、取引にも参加することが出来ません。

という事で、今回はBTC-Alphaへの登録方法をご紹介したいと思います。

まずは公式サイトへどうぞ!

スピンドル

メールアドレスとパスワードだけで簡単にアカウント開設ができます。

入力したメールアドレスにリンクが届きますので、そちらをクリックして認証します。

スピンドル

入力したメールアドレスにリンクが届きますので、そちらをクリックして認証します。

スピンドル

つづいて二段階認証設定です。

右上の自分のメールアドレスをクリックするとメニューが出ますので、「Security」をクリックします。

スピンドル

「Tow Factor Auth」をクリック→「Enable Tow Factor Authentication」をクリック。

スピンドル

「NEXT」をクリック。

スピンドル

「Google Authenticator」でQRコードを読み取り、番号を入力→「NEXT」をクリック。

入出金方法

スピンドル

左メニューの「Finance」から行います。

入金する場合は、緑のボタンの「Deposit」、出勤する場合は、赤いボタンの「Withdraw」をクリックして行います。

後はSPDを選択し、通常通りトレードを行うことで、購入が可能となります。

ここで、一つ、ご注意を!

Gackt氏の動画を巧みに利用し、公式サイトではないところから購入させるという詐欺が多発しています。

要するに、ある種の闇ブローカーがLINE@への登録を促し、こうした面倒で煩雑な手続きを割愛してこのSPINDLEの購入を行うというものですが、結局、資金を集めるだけ集めて、購入もせず、元本割れなどと言い逃れをして消えるというケースが後を絶ちません!

こうした、上場取引所を介さない取引には一切手を出さないことをオススメします。

ICO割れ

仮想通貨SPINDLE(スピンドル)は上場したが現在は・・・

スピンドル

SPINDLEに関しては、プレセールからICOまでにこのような経緯をたどっています。

実際にプレセールに参加したF.Tさん(32歳:実名公表不可)が以下のように説明してくださいました。

F.Tさん
「2018年1月末に実施されたプレセールでは、1SPD=0.006ETHで販売されました。その月のETHの価格が約85000~138000円だったので中央値である111000円でETHを買ったとすると、1SPD=666円です。
SPINDLEが、その後1SPDの配布枚数を20倍にしたので、結果、1SPD=0.0003ETH(約33.3円)で買ったのと同じ意味になりました。
2018年4月29日~5月6日のクラウドセールでは0.0003ETHに10%上乗せした1SPD=0.00033ETHで販売が開始されました。

5月7日~5月11日では0.00036ETH、5月12日~5月15日では0.00048ETH。4月29日から5月15日のETHの価格は70000円~90000円前後を推移していました。

SPINDLE購入直前に円をETHに換金して支払った場合は、クラウドセールで買った方が得になり、ホールドしているETHから支払った場合は、プレセールの方が得になるという事でした。

驚いたことに、HitBTCに上場後SPDは数時間で約16.6円に到達します。

けれど、その後しばらく売買が出来ない状態が続き、再開したと思えば、約3.3円まで暴落!

そして、2018年5月21日時点では約6.4円まで回復しました。

プレセール価格で約33.3円だったのが、一時3.3円まで下落したのでプレセール価格に対して1/10まで価格が下がった事になります…。

まぁ、ICO割れを起こしたことになります。

これで、完全に市場の評判を下げ、多くのホルダーが一斉にSPINDLEを手放しました。

期待のICOでしたが、売っても損。という事で暫く塩漬けにしておこうと思っています。」

ICO前に投資を募り、ICO、上場後の利益を確定させ、収益をあげるというのが、草コイン投資への賭けだと、F.Tさんは話します。

しかし、「ICOも果たし、上場も叶ったわけだから、売り時は、HitBTCに上場にした瞬間でした。ところがその後、売買できなくなったことに不信を感じます。推測に過ぎませんが、運営チームが利益確定させ、所持していた、SPINDLEを手放したのでは?という疑念も拭えていません。」

投資家の皆さんからは、このように、あまりいい評判が聞こえてこないのが、SPINDLEの今を物語っているかも知れません。

仮想通貨SPINDLE(スピンドル)の今後と将来性については?

スピンドル

格付けに出演しているガクトさんは格好良く見えますが、この写真はどうしても胡散臭く見えてしまいます(笑)

まず、SPINDLE(スピンドル)の今までの軌跡について考えるならば、GACKT氏の登場でICOを煽り、SCAM疑惑も出たものの、海外取引所に上場したことで、投機家、投資家は一応の安心はできた筈だったと思います。

しかし、実際のところは、これに関与する人々が、仕手筋、投機筋の妖しい人物であることを、金融ジャーナリストの伊藤博敏氏が示していることを考えれば、

もしかすると、先ほど、登場したF.Tさんが指摘した“運営チームが利益確定させ、所持していたSPINDLEを手放したのでは?”というのは本当のことなのかも知れません。

(いや、勿論、そうとは断言できませんよ!)

ただ、思うに、やはり「これから先の未来」が何も示されていないことには、大きな不安を憶えます。

例えば、SPINDLEが何か特定の領域における決済通貨となるであったり、何か付帯するサービス開発への努力を垣間見ることが出来るのであれば期待は高まります。

要するに、これから先の未来をどれだけ明確に、はっきり示すことが出来るのか?

また国内通貨として、これから想定される金融庁等の行政の厳しい管理の目や規制にどれだけ耐え得ることが出来るのか?

もしかすると、国内初の「上場廃止、仮想通貨」になる!なんてこともあるかも知れない。

とにかく、未来への明確なビジョンが、このSPINDLEの価値を決定づけるものになるとそう思うのです。

冒頭でもお話をしましたが、その仮想通貨がどれだけ汎用性の高いものになるか?決済手段として用いられるようになるか?ということが大事になってきます。

なので僕、個人的にはサービス、コンテンツありきで運営されている株式会社Chattinessが発行している「CHATTY」に注目をしています^^
何か特定の領域における決済通貨となる、という意味では一番現実的だと思っています!実際にCHATTYコインでブランド物とかが安くで買い物できちゃうので。

なんかCHATTYの営業みたいになっちゃってるので、今回の記事は終わりにしたいと思います!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事