bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

リップル主催のSWELL1日目が終了!

アメリカのリップル社が主催する国際カンファレンス【SWELL2018】が、日本時間の2日~3日にかけて行われていました。

>>>リップル社公式HPはこちら

【SWELL2018】の1日目が終わった今、具体的な発表内容が明らかになりました。

リップルSWELL2018重要な発表内容

1日目がおわり、特に注目が集まったコンテンツは以下の3つです。

  1. ビルクリントン氏の公演
  2. リップル社CEOの発言
  3. xRapid関連の発表

1つずつ詳しく見ていきましょう!

ビルクリントン氏の公演

ビルクリントン氏は1993年から2000年まで、第42代アメリカ合衆国大統領を務めた人物です。

そして、世界的な不況の中、最新テクノロジーを用いたサービスなどを積極的に取り入れ経済の活性化に尽力した人物でもあります。

ビルクリントン氏は、自身の大統領時代の情勢を交えながら、リップルSWELL2018では以下のようにコメントしました。

かつてのEC(エレクトロニックコマース=電子商取引)がそうであったように、ブロックチェーンやAI技術、ロボット技術などの新しい技術が発展すればするほど(新しい技術への)アクセスの格差をより感じるようになる。

ブロックチェーンの将来性は素晴らしいが、それが犯罪に利用されるリスクは大きく、そのリスクに対する否定的な政治によってその未来を破壊してしまう可能性がある

ビルクリントン氏の発言に対して、リップル社CEOのGarlinghouse氏も自信のツイッターで賛同の意を表しています。

リップル社CEOの発言

リップル社CEOであるGarlinghouse氏はSWELL2018において次のように発言しました。

【日本語訳】

破壊的なイノベーションは必要だが、必要のない破壊も時にはある。銀行にとって代わる存在になるのではなく、イノベーションを起こす業界の建設者とパートナーになること。

それがリップルの目指すところである。

Garlinghouse氏が実際に発言していた映像がこちら⇩

xRapid関連の発表

リップル社は1日目のSWELLにて、xRapidが商品化し、すでに3つの企業がxRapidを導入したことを発表しました。

このことはリップル社の公式HPでも発表されています。

>>>リップル社が公式HPでxRapidを発表した内容はこちら

そして、CoinDeskの独占報道によると、xRapidを導入したのは以下の3つの企業です。

  • Bittrex(アメリカ)
  • Bitso(メキシコ)
  • Coins.ph(フィリピン)

Bittrexはアメリカ最大のデジタル資産取引企業の1つです。

>>>Bittrexの公式サイトはこちら

そんなBittrexが今回、xRapidを率先して導入したことにより信頼が担保され、加速度的にxRapidの利用が増加することが予想されます。

またCoins.phのCEOであるロン・ホーズ氏はリップルSWELL2018で次のように述べました。

「Rippleと提携したことで、ブロックチェーン技術の利点を生かし海外のフィリピン人労働者にとって、より手ごろな価格で国境を越えた決済・送金を実現できる。」

動画はこちら⇩

リップルSWELL2018:1日目が終了した後の価格

リップルSWELL2018の1日目が開催していた期間は、価格が下落していたが、終了後は価格が戻っています。

しかし、2日目が始まるまでに価格は徐々に下落。

ですから、2日目の発表後どうなるか気になるところですね。

リップルSWELL:2日目の日程・コンテンツ

SWLL 2日目の日程がこちら。

10/2(火)

  • Survey Says (Cory Johnson氏が個人調査の結果を発表)
  • Crypto Regulation Around the World:世界各国の仮想通貨規制
  • The Future of Commerce:商業の未来
  • Siam Commercial Bank Flashtalk: サイアム商業銀行;どうやってリテール送金を改善したのか
  • BeeTech & InstaRem Flashtalk: カスタマーエクスペリエンスの改善
  • TransferGo: クロスネットワーク決済の解決
  • Futurists Panel:未来派のパネル
  • The 800 Pound Gorilla: 仮想資産の採択

引用:coinpost:リップル『SWELL 2018』前夜にRippleNet委員会発足

>>>リップルSWELLの詳しい内容はこちら

どんな発表があるのか、楽しみですね。

【参考文献】

リップル関連記事

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事