ICO割れ

今、様々な暗号通貨=仮想通貨が登場し、これから先どのように実用性が伴ってゆくのか?様々な議論を呼んでいます。
今回そのなかでも決済における自動引き落としや定期固定払いのPull型の決済の実現を目指す、プーマペイ(PumaPay)についての話題に触れてこうと思います。

ICO割れ

プーマペイ(PumaPay)とはどんな仮想通貨?どんな特徴があるのか?

PumaPay(プーマペイ)とは、従来の仮想通貨決済では実現できなかった、自動引き落としや一括引き落とし支払いなどのプル型決済を可能にする仮想通貨です。
プル型決済とは、今商品の売買に関して、商品やサービスの対価を購入した際に自らがお金を支払う決済方法(プッシュ型決済)とは異なります。
そして、事前に結んだ契約によって決済を自動的に完了させ、お金を引き出すような方法のことを示します。
現在、クレジットカードでの自動引き落とし機能なども一般化してきましたが、結局、クレジットカードで決済することには、多くのプレーヤーが関ります。
それを一切割愛して、顧客と商品やサービスの提供者間による契約を行うことで余分なコスト、手間を省略できることがこの通貨の特徴であり、強みと言えるでしょう。
ホワイトペーパーなどによると、やや専門的な話にはなりますが、PumaPay Pull Payment Protocol(プル決済プロトコル)では、下記のような特徴を持っていることが示されています。

  • ブロックチェーンにより幅広い決済を実現
  • 銀行などを介さないことによる経済コストの削減
  • オンラインでも実店舗でも使用可能
  • 分散型プラットフォームによる経済の活性化

プーマペイ(PumaPay)は何に使える?利用方法を紹介!

今までの仮想通貨に比較すると、その利用シーンは大きく拡大するということが予想されるのですが、プーマペイ(PumaPay)ならではの活用方法があるので、そこに注目してみたいと思います。

金額固定定期支払

例えば、これWebサイトの月々の有料コンテンツの閲覧などの際に、IDとメールアドレスを登録し、更に決済方法を選択するなどという手間が不要になります。
これコンテンツ提供者にとっては非常に便利。

今まで、決済が完了する、入金の確認を行うなどの手間や時間がかかっていたところが、瞬時に対価を得ることが出来ます。
もし、この通貨が一般化すればWeb上でのコンテンツ決済がもはやクレジットカード不要となり、ユーザーにも提供者にとっても便利で簡単、楽になることが予想されます。

利用毎支払い

当然、購入した商品、利用したサービスの通常の決済も可能。
決済システムの普及次第ですが、リアル、Webをとわず、様々なシーンにおいて、クレジットカードや電子マネーのような使い方が可能になります。

期間固定定期払い

例えば、家賃、電気料金、ガス、水道などの料金も利用者が明細を見て、その内容に納得すれば、支払い許可を承認することで決済が終了するという事も可能になります。

割り勘

もっとも特徴的なのはこの機能。
リアル店舗、Webでの決済で共同購入した際の一人頭の金額が瞬時に計算され、利用者が承認すれば瞬時決済も可能ですし、
更にアフィリエイトのように、成果報酬の分配を行う際もこうした機能を活用することで、電卓をはじき、成果報酬を度合いに応じて、銀行振り込みを行う手間も必要とせれませんし振込手数料も生じません。

特定条件付きの支払い

例えば、子供が年齢制限のあるサイトを閲覧しようとした際には、ブロック制限をかけることが可能なように、ある目的以上を逸脱すると、それは支払い不可能とする特定条件を付与することも可能。
これで、オーバーペイが防げるというわけです。
ざっくり言うならば、様々な用途で決済が可能な引き落とし決済可能な仮想通貨。
今までできるようで出来なかったことがこの通貨を活用することで可能になるとういわけです。

プーマペイ(PumaPay)はICOするのか?

仮想通貨におけるICOとは、Initial Coin Offeringを示し、市場から資金調達をクラウド上で行い、トークンに価値を持たせるという事なのですが、株式の資金調達であるIPOとは意味が異なります。
ICOによるトークンの提供は、発行者への株主・所有者的権利(エクイティ的権利)を必ずしも付与するものではないとされており、出資分の価値が付与されるというわけではなく、この通貨が実際に流通し、その価値が変動することによって対価を得るという仕組みなので、投資にはリスクが伴うものです。
また、プーマペイ(PumaPay)ICOのための資金調達をうたう詐欺行為も横行する可能性があります。
まったく面識のない個人投資家を名乗る人からの誘いに乗ると、目的とは異なる運用をされるケースがあるので、ICOへの△に関しては深慮が必要です。
更にロードマップによると、2019年、つまり来年初頭からの実用化運営に向けて動き出していることは確認できます。

ICO割れ

プーマペイ(PumaPay)の買い方について!気になる購入方法は?

通常であれば、ICOを果たし、仮想通貨取引所に登録された段階で購入は可能となりますが、公式Webサイト上でアナウンスがあった際に、プレオープンで事前に購入も可能ですが…。
正直、とても、一般の人が購入できる金額ではありません。
正直、まだまだ不透明なプーマペイ(PumaPay)ですが、投機対象、投資対象というよりも、この技術や特性が活かされれば、より安全で安心な様々な用途における決済が可能な、本来の理想とする仮想通貨の誕生になるのでは?という見方ができると思います。
そういう意味において、このプーマペイ(PumaPay)の推移には注目したいと思います。

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事