ペーパーウォレットとは/意味

  • 英語表記:Paper wallet

仮想通貨におけるペーパーウォレットとは、紙の財布のことです。

そして、紙の財布とは、ウォレットのことでもあり、仮想通貨の場合は仮想通貨を保管する場所を意味します。

つまり、仮想通貨の情報を紙に印刷して管理する方法であり、仮想通貨の長期保管に利用される手法のことです。

コインチェック事件では、仮想通貨を取り扱う会社から約580億円相当の仮想通貨が紛失した事件がありましたが、仮想通貨の利用者からは、安全に自分の仮想通貨を保護したいと思う人が増えてきています。

保護したいと思う人が利用する保管方法の一つとして、ペーパーウォレットがあります。

ペーパーウォレットの特徴

ペーパーウォレットは、紙に印刷して管理する仮想通貨の保管でありますが、一体どういうことでしょうか?

それはアドレス(現金でいう所の預金通帳に相当)と、秘密鍵(パスワードのようなもの)を紙に印刷することです。

ネットのつながっていない環境で保管できる為、不正アクセスの被害を受けにくく、無料で作れることがメリットで上げられます。

ただし、ペーパーウォレットはあくまでも、紙ですので、紛失したり、燃えたりする恐れがあり、盗難にも合いやすいが簡単に仮想通貨を手に入れられるというデメリットもあります。

ペーパーウォレットの作り方

まず、公式サイトにアクセスします。

そして、マウスを動かしたり枠の中に文字を入れると%が増えていき、100%になるとペーパーウォレットのアドレスと秘密鍵が作成され、QRコードが二つ表示されます。

表示されるQRコードは、次の2つです。

  • SHARE:作成したビットコインアドレス(コードの下に書かれた文字列)
  • SECRET:作成した秘密鍵(コードの下に書かれた文字列)です。

上記を印刷した後、Paper Walletを選択し、これも印刷します。

また、公式サイトでは、パスワードをつけたペーパーウォレットも作ることができます。

そして、出来上がったアドレスと秘密鍵が財布になります。

このままでは空なので、取引所から作成したペーパーウォレットへ入金します。

入出金を押した後、BTC送付をクリックし、送金先を入力してビットコインアドレスと数量を入力します。

最後にビットコインを外部アドレスに送付するをクリックすると、ペーパーウォレットへ入金することが出来ます。

ペーパーウォレットの出金方法は、スマホなどにビットコインのアプリを入れておき、秘密鍵のQRコードを読み込んでおきます。

そして、【ペーパーウォレットの全残高インポート】をタップすると、秘密鍵のインポートが完了して、通常の手続きを踏むと出金できるようになります。

ペーパーウォレットの関連記事一覧

>>>続きはこちら

仮想通貨初心者に分かりやすい各一覧表

この記事が役に立ったら【はてなブックマーク】でシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨トリビアの最新情報

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!大手メディアが主要銘柄に関する情報しか発信していない中、仮想通貨トリビアではアルトコインやここでしか知ることが出来ない情報も満載で発信しています。登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩※購入を進めるような投稿は一切していません。

仮想通貨 美人

チャッティネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

あなたにおすすめの仮想通貨記事