アメリカECサイト(eコマース)大手のOverstock社が、今現在収益の中心である小売事業を近いうちに売却し、仮想通貨・ブロックチェーン技術にフォーカスする意向であることが明らかになりました。

今回の報道は23日、ウォールストリートジャーナルによってなされたものです。

Overstcock社が仮想通貨・ブロックチェーンに注力するが小売業はどうなる?

以下の3点を解説します。

  • なぜ仮想通貨・ブロックチェーンに注力するのか?
  • 収益の中心である小売事業はどうなる?
  • Overstock社の株価の動きは?

なぜ仮想通貨・ブロックチェーンに注力するのか?

Overstock社が出資しているブロックチェーン企業の1つに「tZero社」があります。

2015年8月、Overstock社CEOであるPatrick Byrne(パトリック・バーン)氏は、タイムズスクエア放送スタジオを貸し切って豪華に最新プロジェクトの発表パーティーを行い、その時にブロックチェーンプロジェクトの一環として「tZero」を立ち上げました。

つまり、Overstock社は2015年以前より、仮想通貨とブロックチェーンに注目していたということですね。

tZeroの立ち上げから約3年がたった今、同社はまだ商業化されておらず、月に何百万ドルもの損失を出している状況です。

これらを踏まえOverstock社CEOのPatrick Byrne氏は、小売事業を売却してまで仮想通貨・ブロックチェーンに注力する理由を次のように語りました。

tZeroが月に200万ドルの損失を出しているかどうかは問題ではない。

我々は仮想通貨やブロックチェーンの未来に賭けている。

今後はブロックチェーンに関連したスタートアップへの投資事業を手掛けるMedici Centures社にリソースを注いでいく。

参照:ウォールストリートジャーナル

収益の中心である小売事業はどうなる?

Overstock社はアメリカのECサイト大手ですので、もちろん収益の大部分を小売り事業が占めています。

今回の報道で同社が仮想通貨・ブロックチェーン事業に注力していくことが明らかになりましたが、小売り事業はいったいどうなってしまうのでしょうか?

それを知るうえで重要なポイントは以下の3つです。

  • 小売り事業は売却する
  • 売却先は明らかになっていない
  • 売却は2017年以前から考えていた

Overstock社は、今までの収益の中心であった小売り事業を他社に売却し、本格的に仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入することを表明しています。

売却先の名前は明らかになっていませんが、小売り事業の売却は2017年以前から考えていたとしており、少なくとも2019年2月には売却取引を終える予定です。

Overstock社の株価の動きは?

Overstock社の株価は下記の画像の通り、今回の報道がされた11月23日の早朝頃から急騰しており、同日には前日比23%の上昇を見せています。

ウォールストリートジャーナル

出典:WSJ

17ドル前後のレンジを保っていた同社の株価は、わずか数時間で一気に価格が上昇し一時は約22ドルの値を記録しました。

Overstock社CEOのPatrick Byrne氏は、以前からブロックチェーン・仮想通貨を高く評価している熱狂的な信者です。

その証拠に、同社は仮想通貨が話題になる以前の2014年に自社のECサービスをビットコイン決済に対応させ、2018年8月には約40種類のアルトコイン決済にも対応させました。

以上のことを理由に、Overstock社は仮想通貨関連株として多くの海外投資家から注目を集めており、仮想通貨市場にも一定の影響力をもつと考えて良いでしょう。

【参考文献】

大手会社が仮想通貨参入する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事