オンラインカジノと税金

最近、オンラインカジノで仮想通貨も使えるようになってきたため、オンラインカジノの人気が高まってきています。

そんなオンラインカジノの利益に税金がかかるという話は有名です。

このことを耳にした人は「パチンコや競馬で儲けても税金なんか払ったことはない。何故、同じギャンブルのオンラインカジノには税金がかかるの?」と思うでしょう。

この記事では、オンラインカジノの税金について解説します。

オンラインカジノで勝った場合税金はかかります

オンラインカジノで勝った場合、税金はかかる?

利益は「一時取得」に分類される

オンラインカジノで勝利して利益を出した場合、税金が発生します。

オンラインカジノの利益は「一時所得」というものに分類されているからです。

一時所得とは、仕事などの営利を目的とする継続的行為以外から得た所得です。

仕事の対価や資産の譲渡による対価以外の所得を総称して一時所得といいます。

「一時取得」の種類

一時所得には、以下のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引きなどの賞金品
  2. オンラインカジノや競馬、パチンコなどギャンブルの利益
  3. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金など
  4. 贈与された金品
  5. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者などが貰う礼金など

このように、ギャンブルであるオンラインカジノの利益は一時所得として徴税対象にカテゴリーされているので税金を払う必要があります

オンラインカジノでの税金はいくら?

オンラインカジノでの税金はいくら?

オンラインカジノで利益を得た場合、どれくらい税金がかかるのかを解説しましょう。

一時所得は50万円までの「特別控除」があるので、オンラインカジノで50万円以上の利益を得ないと税金は発生しません

なお、一時所得は特別控除で引かれた金額の1/2の利益を課税対象となるので注意してください。

得た利益の金額によって以下のように課税率は変わります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,600円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

参考:No.2260 所得税の税率-国税局

オンラインカジノで税金が発生するタイミング

オンラインカジノで税金が発生するタイミング

オンラインカジノの利益に対する税金は、

“毎年1月1日~12月31日1年間に得たオンラインカジノの利益を、翌年の2月16日~3月15日に確定申告をする”

ことで発生します。

確定申告は前年の利益に対してするものなので、確定申告する年の1月1日~2月15日にオンラインカジノで利益を得ていても、その利益は申告しないように注意しましょう。

オンラインカジノでの税金の計算方法

オンラインカジノでの税金の計算方法

オンラインカジノで得た利益をどうやって計算するのか計算方法を解説します。

一時所得全てが課税対象ではない

オンラインカジノで課税対象となる一時所得を求める基本的な計算式は、

「オンラインカジノの収入−収入を得るために支出した金額(懸金)−特別控除(最高50万円)」

となります。

そして、重要なのはこの一時所得全てに課税されることはないということです。

一時所得への課税は「一時所得の1/2×税率」となるのです。

また、平成25年からは復興特別所得税として2.1%がさらに課税されています。

具体的な計算例

では、具体的な数字を出して計算してみましょう。

  • 一年間に合計50万円の懸金を使って合計80万円の収入を得た場合、利益は30万円となるので特別控除50万円で打ち消されて税金は発生しません

計算式は「80万円−50万円−50万円=−20万円」となります。

  • 一年間に合計50万円の懸金を使って合計180万円の収入を得た場合、130万円の利益となります。

特別控除で50万円引かれても80万円の利益が発生するので、半分の40万円に一時所得税5%と復興特別所得税の2.1%が課税されて20,400円の税金を払う必要があります。

計算式は下記の通りです。
「(180万円−50万円−50万円)÷25%×2.1%」

  • 一年間に合計50万円の懸金を使って合計500万円の収入を得た場合、450万円の利益となります。

特別控除で50万円引かれても400万円の利益が発生するので、半分の200万円に一時所得税10%と復興特別所得税の2.1%が課税され、97,500円が控除されるので104,600円の税金を払う必要があります。

計算式は下記の通りです。
「(500万円−50万円−50万円)÷2×10%×2.1%−97,500円」

オンラインカジノの税金は必ずバレる?

オンラインカジノの税金は必ずばれる?その理由は?

パチンコや競馬などで得た利益もオンラインカジノで得た利益と同様に一時所得に分類されていますが、パチンコや競馬で得た利益にかかる税金を払う人はほとんどいません。

これは、オンラインカジノで税金逃れをすると必ずバレてしまうのに対して、パチンコや競馬で得た利益に対する税金を払わなくても国税庁にバレないからです。

何故、オンラインカジノで税金逃れをすると必ず国税庁にバレてしまうのか。

銀行口座を経由するため必ずバレる

それは、オンラインカジノで得た利益を得るには必ず銀行口座を経由するからです。

オンラインカジノで利益を得たことがわかるお金の流れに関する情報が、銀行のデータに記録されているからバレてしまうのです。

ビットコインなど仮想通貨でオンラインカジノを遊んで利益を得ても同様です。

仮想通貨の状態で保持しつづければ国税庁にバレませんが、仮想通貨を現金に換金して引き出す場合は銀行口座を経由するので必ずバレてしまいます。

銀行は100万円以上の入金の申告義務がある

また、「一般人の銀行口座まで細かく国税庁はチェックしないだろうから黙ってればばれない」と考えて確定申告をしない人がいます。

しかし、銀行は一度に100万円以上の入出金があると国への報告義務があるので、100万円以上の多額の利益がある場合は、税金逃れをしていることが容易にバレてしまうのです。

ちなみに、パチンコや競馬で得た利益の税金を払っていないのに国税庁から咎められないのは“見逃されているだけ”です。

パチンコや競馬は利益を得た場合、基本的に手渡しであるので記録が残らず、お金の流れを追跡するのが難しいから見逃されているのです。

実際、競馬で1億円以上稼いだ男性が税金を払っていないことを国から咎められて裁判となり、有罪になっているケースもあります。

オンラインカジノで税金がかかる場合の注意点

オンラインカジノで税金がかかる場合の注意点

オンラインカジノの利益に税金がかかる場合の注意点が3つあります。

損失は計上できない

仮想通貨を売買して利益を得た場合、雑所得として税金が発生します。

しかし、その税金は仮想通貨を売買して出た損失を計上して利益から損失相殺することによって節税が可能となります。

しかし、仮想通貨でオンラインカジノを遊んで利益を得た場合は、損失を計上して利益から相殺することによる節税ができないのです。

たとえば、2/10日にオンラインカジノで遊んで50万円の懸金で180万円の収入があったとします。

そして、翌日の2/11日にオンラインカジノで遊んで50万円の懸金を使って50万円負けて損失を50万円出したとします。

この場合、普通の仮想通貨取引ならば損失計上によって130万円の利益から50万円の損失を差し引いての税金計算となります。

しかし、オンラインカジノだと損失は一切無視して利益しか考慮されないので、どれだけ損失があっても、130万円の利益に対する税金20,400円を払う必要があります。

住民税が増えて会社にオンラインカジノ利用がバレる可能性がある

会社勤めの場合、住民税を天引きして給与が支給されます。

この住民税は、所得が増えれば比例して増えるので「なぜ住民税が増えた?」と会社に疑問に思われてしまうとオンラインカジノで遊んでいることがバレる場合があるのです。

もし、オンラインカジノで遊んでいることをばれたくない場合は、確定申告の時にひと工夫する必要があります。

確定申告の記入項目に、「住民税に関する事項」という項目があります。

この項目で、「住民税を給与から天引きする」を選ぶと給与からオンラインカジノで得た利益に関する住民税が天引きされてバレる切っ掛けになります。

そのため「住民税を自分で納付する」を選択しましょう。

そうすれば、給与から天引きされる住民税は従来と同じなのでオンラインカジノで遊んでいることが会社にバレることはありません。

税金逃れをすると犯罪

パチンコや競馬と同じ感覚で税金逃れをしていると、非常に痛い目をみることになります。

パチンコや競馬は利益が少なく、利益を得た記録が残らないから見逃されているだけです。

それに対し、オンラインカジノはお金の流れに関する記録が残るので、国税庁に簡単に利益を得たことを把握されてしまいます。

確定申告をせずに税金逃れをすると、脱税として逮捕されたり追徴課税を受けたりするので注意しましょう。

オンラインカジノの税金まとめ

オンラインカジノの利益は一時所得というカテゴリーになっていて課税対象です。

50万円以上の利益を得た場合、利益額に応じて5%~45%課税されます。

さらに、復興特別所得税として2.1%も利益に課税されます。

仮想通貨取引で損失を出した場合は、損失計上して節税できますが、仮想通貨でオンラインカジノを遊んだ場合は損失計上による節税ができないので注意しましょう。

オンラインカジノで得た利益に課税される税金は、翌年の2月16日~3月15日に必ず確定申告してください。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事