bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

北朝鮮が仮想通貨取引所へのハッキングで巨額取得か

北朝鮮が2017年から2018年にかけて、アジアを中心とした仮想通貨取引所へのハッキング攻撃により、約5億ドル(555億円相当)を不正に取得していることが明らかになりました。

日経新聞は、国際連合安全保障理事会がまとめた対北朝鮮制裁の履行状況に関する専門家パネルの報告書内容を報じました。

報告書によると、北朝鮮は厳しい経済制裁を逃れるため、サイバー攻撃を強化。

日本や韓国などのアジア地域の仮想通貨取引所へ複数回ハッキングを行い、内5回を成功させたことで5億7100万ドル以上の外貨を取得したといいます。

 

国内大手の仮想通貨メディア「COINPOST」の報道では、

すでに被害に遭った仮想通貨取引所の国名や被害額が明らかになっていることから、近日中により詳細な情報(仮想通貨取引所名)が報道される可能性が高いということです。

話題となったハッキング事件一覧

ここからは、北朝鮮からのハッキング攻撃に遭った可能性のあり、仮想通貨流出で話題となった仮想通貨取引所(以下4つ)を紹介します。

  • CoinCheck(コインチェック)
  • Bithumb(ビッサム)
  • Zaif(ザイフ)
  • Cryptopia(クリプトピア)

CoinCheck(コインチェック)

まずは、2018年1月に明らかとなったCoinCheck(コインチェック)のハッキング事件です。

仮想通貨取引所コインチェックは2018年1月に580億円の損失を出す大規模なサイバー攻撃(ハッキング)被害に遭い、1月26日に事件の概要を発表。

数日後には金融庁からの業務改善命令や立ち入り検査などが行われ、一部サービスを停止している状況が続きました。

コインチェックハッキング事件の経緯については以下の表をご覧ください。

コインチェック

出典:毎日新聞

 

そんなコインチェックは、2018年10月30日から一部サービスを再開し、翌月18日には以下6サービス以外のすべてのサービス提供を再開したことを発表しました。

  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

詳しくは以下2記事をご覧下さい。

 

また2019年1月11日、コインチェック(CoinCheck)は、改正資金決済法に基づく「仮想通貨交換業者」として金融庁からの認可(関東財務局登録番号:第14号)を取得したことが明らかになっています。

 

仮想通貨交換業者登録に関するお知らせ コインチェック株式会社

出典:CoinCheck

Bithumb(ビッサム)

2018 年6月には、韓国の3大仮想通貨取引所としてしられているBithumb(ビッサム)もハッキング被害に遭ったことを発表しています。

Bithumb(ビッサム)の被害総額は約350億ウォンで、日本円にして約44億円にのぼります。

Zaif(ザイフ)

続いて日本の大手仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)におけるハッキング事件です。

日本の大手仮想通貨取引所であるZaifは、9月20日の午前2時ころ、約67億円相当のハッキング被害に遭い、仮想通貨の入出金を停止したことをPRTIMESにて明らかにしました。

 

確認されたハッキングの被害状況は以下の通りです。

 

被害総額は約67億円とされており、流出した67億円分の仮想通貨のうち、Zaifが保有する資産は22億円であり、残りの約45億円は、Zaifを利用するユーザーの預かり資産だということです。

Zaifがハッキング被害を公表するまでの経緯は下記の記事で詳しく解説しています。

Cryptopia(クリプトピア)

アジア圏ではありませんが、ニュージーランドに拠点を置く仮想通貨取引所「Cryptopia(クリプトピア」は1月15日、

自社のツイッターにて「1月14日にセキュリティ被害を受け、全ての取引を停止している」事を報告しました。

日本語訳

1月14日、仮想通貨取引所Cryptopiaへの「重大な損失」を伴うセキュリティ被害が判明しました。

被害状況確認のため、現在は緊急メンテナンスを行っています。

警察当局にもすでに通報しており、捜査結果が判明するまでメンテナンス状態を継続し、すべての取引サービスを中止する予定です。

ご迷惑をおかけしますが、解決に向け全力で取り組み、最新状況は逐一お知らせいたします。

 

また、同取引所は1月30日、再びハッキング被害(2回目)に遭っていたことを明らかにしています。

発表によると、1度目と2度目のハッキング事件で奪われた仮想通貨の総額はおよそ17億5,000万円にのぼります。(被害の内訳は以下の通り)

Asset Value (USD)
ETH $3,746,124
Dentacoin $2,446,212
Oyster Pearl $1,948,223
Lisk ML $1,718,610
Centrality $1,148,144
Mothership $880,141
Ormeus $452,841
DAPS $384,425
Zap $147,158
Pillar $254,521
Other tokens $3,051,709
Total $16,178,108

【参考文献】

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事