マーチンゲール法

絶対に負けないギャンブル手法なんて聞くと絶対に詐欺だろうと怪しんでしまいますが、実はそんな夢のような手法が本当に存在します。

マーチンゲール法といって200年以上前からあるのですが、理論上は確かに絶対負けません。

しかし、この手法を使って大損した人がいるのも事実。

そこで今回はギャンブル必勝法であるマーチンゲール法の特徴とやり方、さらに大損しないためのポイントを紹介します。

簡単な攻略手法ですからギャンブル初心者の方も是非一読下さい。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法

マーチンゲール法とはカジノの攻略法のことです。

18世紀にフランスで考案された方法で、勝率50%の賭けで利用できます。

マーチンゲール

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。

まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。

多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

引用:Wikipedia

名前の由来はフランスのマーティギュー地方にあるカジノで行われていた、コインの裏表を当てるギャンブルで利用されていたことから来ています。

なお、当時マーチンゲール法をカジノで使って者たちの多くは大負けして破産したと言われています。

マーチンゲール法の魅力は「理論上絶対負けない」ということです。

しかし実際は様々な要因により長期的には負けるケースもあります。

勝率50%の賭けなら何でも対応できるので、値が上がるか下がるかを当てる株や為替相場にも使えます。

ただし有価証券の取引では手数料が取られますので、賭け方によっては利益が消えてしまう場合もあるでしょう。

株やFXで利用するにはルールのカスタマイズが必要になります。

200年以上も人々に信頼され使われ続けているマーチンゲール法。

なぜ様々なジャンルでマーチンゲール法が用いられているのでしょうか?

次は、マーチンゲール法が人を引きつける理由を、その特徴をから迫ってみましょう。

マーチンゲール法の特徴

マーチンゲール法

マーチンゲール法は200年の間、様々な人たちに重用され続けてきました。

その中にはギャンブルをする方にありがたい特徴があります。

マーチンゲール法を活用できるよう押さえておきたい特徴を紹介します。

何度負けても1回で取り戻せる

マーチンゲール法が絶対に負けない攻略法と呼ばれる理由は、1回のベットでそれまでの負けを帳消しにできるからです。

例えばトータルで$90負けていても、次のベットで$50賭けて勝てば$100を得られ、$10ドルの利益になります。

やり方さえ守ればほぼ確実に勝てるので、カジノが対策を立てることがあります。

しかし、マーチンゲール法は全てのカジノで利用できる方法ではないので注意しましょう。

様々なギャンブルで利用できる

マーチンゲール法はルーレットで利用されることが多いですが、それ以外にも勝率が50%で勝った時に賭け金の2倍の額が払われるものなら何にでも使えます。

中には為替取引やバイナリーオプションに利用する強者もいます。

多くの場合、マーチンゲール法をそのまま使うのではなく自己流に改良して利用します。

それは短期で大きな利益を出せるようにしたり、大きな損失が出ないよう改善するのが狙いです。

ギャンブラーや投資家が自由にカスタマイズしたり、他の手法と組み合わせることができる柔軟性もマーチンゲール法の魅力のひとつです。

負ける確率が非常に低い

実際のカジノでマーチンゲール法を利用すると負けることがあります。

絶対に負けないはずの賭け方にもかかわらず負けるのはなぜでしょうか?

それは負け続けてマーチンゲール法のルールに従った賭け金が出せなくなったためです。

マーチンゲール法は負け続けると賭け金がとんでもない額になります。

そして、その賭け金でベットできないと負けが確定してしまうのです。

ですから負けが続かなければ最終的に損失を出すことはありません。

勝率50%のギャンブルに7回連続で負ける確率はたった0.8%。

負け続けても7回連続でベットできれば、まず負けないことが分かるでしょう。

最初に賭ける金額を大きくすることでリターンが増える

マーチンゲール法は負けた場合に、賭けた金額の倍額を次のゲームで賭けます。

これを勝つまで繰り返し、勝つと最初に賭けた金額分だけ利益がでます。

つまり最初に大きく賭けるほど、勝った時の稼ぎが大きくなるのです。

もちろん最初の賭け金を増やすほど、その後のゲームでベットする金額が倍々に増えていきますから資金に余裕が無くなります。

負けないためには最低でも7回は連続でマーチンゲール法のスタイルでベットできる資金的余裕が必要です。

ファーストベットの額をアップする場合は「その額でスタートした場合に今の資金で何回ベットできるか」を考えてからにしてください。

3回程度しかベットできないなら負ける可能性は12.5%と一気に高くなります。

非常にシンプルなので初心者でもやれる

マーチンゲール法を簡単に説明すれば『勝つまで賭け金を倍にしながらベットを続ける』というものです。

ギャンブルの必勝法は何かと小難しいものが多く、効果のほども判断が難しいのが大半ですが、マーチンゲール法なら問題ありません。

昨日今日始めたばかりの素人でも実践できます。

カジノを経験するのが初めてで、とりあえず雰囲気を楽しみたいけれど損はしたくない、そんな方にピッタリの攻略方法です。

$1でスタートすれば7回連続で負けたとしても8回目のベット額は$128です。

8回連続で負ける確率は0.39%ですから、2万円の資金を用意すれば負ける心配はほぼしなくて済むでしょう。

マーチンゲール法はFXでも理論上活用できる

マーチンゲール法

FXは対象とする通貨の価格が上がるか下がるかを判断して通貨を購入し、売買益を上げるものです。

理論上、勝率50%の賭けを常に行うわけですからマーチンゲール法が利用できます。

話を分かりやすくするために、予想が的中した場合に得られる金額を投資した額の2倍とします。

これで予想が当たった場合の利益は最初の投資額と同額になります。

この場合、大きな利益を上げるためには最初の投資額を増やすか、投資額の増加率を2倍から3倍にする必要があります。

そのため潤沢な投資資金が無いとマーチンゲール法を用いて大きく稼ぐのは難しいです。

また、取引回数が多いスタイルの投資方法を採用している方は、連続で10回負ける確率(0.1%)を無視できません。

仮に1日20回の取引を行うとすると、2ヶ月の間に1回は10連敗することになります。

最初の投資額が100円だった場合、10連敗で失う資金は51,200円です。

対して1000回の取引で得られる利益は、1回の取引の勝率を50%とすると50,000円。

スプレッドや手数料を考えれば、さらに利益は減るでしょう。

そして1000回の取引の間に10連敗が1回起きるだけで、それまでの利益が全て吹っ飛ぶます。

マーチンゲール法でFX取引をするなら、10連敗は絶対に避けなければなりません。

そのためには取引回数を抑えるのがポイントになります。

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法

これまで何度か簡単に紹介してきましたが、ここで改めてマーチンゲール法のやり方を紹介します。

まずはマーチンゲール法を利用できる条件を確認しましょう。

  • 勝つ確率が50%
  • 勝った時は賭け金の2倍の配当が貰える

この2つの条件が成立するのはルーレットの他にバカラ、ブラックジャック、シャックボーなどがあります。

ここからは実際のやり方について順を追って解説します。

1.最初のベット額を決めてゲームを始める

最初のゲームでベットした額が、ゲームに勝った時の利益になるので大きく稼ぎたい方はなるべく最初のベット額を大きく設定しましょう。

2.ゲームに負けたらベット額を2倍にして次のゲームを行う

ゲームに負ける度にベット額を倍に増やすことで、それまでにどれだけ負けていても1回のゲームで負けを取り戻して利益を上げられます。

3.勝負に勝ったらベット額を最初のものに戻す

ベット額を高いまま続けると、ベット額を倍にできなくなります。

ベット額を倍にできないとマーチンゲール法は使えませんから、ベット額を最初のものか十分に低い額に設定してから再度ゲームに挑んで下さい。

マーチンゲール法はゲームに負けて終わると大きな損失になる可能性があります。

必ず勝って終わるか、損失が大きくなるまえにゲームを撤退するのが賢明です。

マーチンゲール法を活用する際の注意点

マーチンゲール法

マーチンゲール法はルールが簡単ですから、誰でも気軽に利用できます。

しかし気をつけないと大きな損失を出す可能性もある攻略法です。

マーチンゲール法を使うなら覚えておきたい注意点を3つ紹介しますので、必ず覚えておいてください。

実際は大きく稼ぐことができない

マーチンゲール法で大きく稼ぐためには最初のベットを大きくするか、負けた時のベットの増額倍率を3倍以上にするのが手っ取り早い方法です。

しかし大半のカジノには1回にベットできる賭け金が決められています。

その額を超えてベットすることはできません。

マーチンゲール法で最初のベットを高くすると、その後のベットがより高額になります。

カジノによってはベットの上限額に引っかかりゲームに参加できないケースが出てきます。

ゲームに参加するためには最初のベット額を抑えるしかないので、大きな利益は期待できません。

十分な資金が必要

負けたらベット額が倍々で増えていくマーチンゲール法。

十分な資金が無いと途中でゲームを降りることになり、それは同時に大きな損失が発生することを意味します。

利益を大きくするために最初のベットを大きくした場合は、負けてもベットを続けるのに多額の資金が必要になります。

資金がない場合はベット額を抑えてゲームを始めるのが賢明です。

ベットリミットが高いカジノを選ぶ

1回のゲームにベットできる金額の上限はカジノごとに異なります。

マーチンゲール法では1回のベット額が大きくなる傾向があるので、大きく稼ぐならベット上限の高いカジノを選んでください。

中にはベット上限額が10,000ドルに設定されているハイリミットテーブルという特別のテーブルもあります。

中でもおすすめなのが、ギャンブルの中で最も還元率の高く、マーチンゲール法と相性の良いゲーム『バスタビットがあります。

バスタビットについては下記で詳しくまとめていますので、ご覧下さい。

マーチンゲール法のまとめ

マーチンゲール法は確かに負けないギャンブル手法でした。

しかし完璧な攻略法ではなく、リターンが少なかったり、資金力が必要などの欠点があります。

またカジノによってはマーチンゲール法の対策がなされており、この手法を使って大きく稼ぐことは難しいです。

FXに関しても状況は似たようなものです。

資金力が無いと大きなリターンを得られません。

そして何より心配なのが0.1%ながら大負けする確率があることです。

年に数回しかギャンブルしない方なら影響は少ないですが、オンラインカジノを毎日楽しむ場合には問題になります。

損失が膨らまないように、負け続けてた時のベット回数に上限を設けておくのもいいでしょう。

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事