ICO割れ

Maker(MKR)を語るには、ステーブルコインDaiの存在を知っておく必要があります。

Makerはドルの価値を固定したDaiの発行や供給に絶対的に必要な役割を果たします。

いわば、なくてはならない存在ということですね。

ステーブルコインは法定通貨にペッグ(固定)した、価値の裏付けを持つ仮想通貨で知られています。

安定した価値を持つ仮想通貨がブロックチェーン技術を最大限に発揮するため不可欠な理由は需要の高さからもよく理解できます。

代表的なコインで言えばTether(USDT)が有名ですが、仮想通貨界隈でも担保となるドルが十分に確保されているのかという疑惑が一気に駆け巡りました。

そういったニュースが流れてもなお、ステーブルコインの需要は減らず次々と新しいプロジェクトが進出してきています。

価格変動のないコインは決済に向いていますが、投資の視点ではつまらないものに映ってしまいます。

では何故、安定した価格のステーブルコインに注目が集まっているのでしょう?

ステーブルコインの代表格となりうるDaiの機能を支えるMakerにその理由があるようです。

今回は知っておくべきMakerプラットホームについてとってもわかりやすく解説していきます。

ICO割れ

仮想通貨Maker(MKR)の概要と特徴について

1ドル=1Daiの価値を持つDaiは誰でも発行できるシステムです。

簡単に言うとETHを担保に預け入れ、価格変動が高い市場から安定した相場へ移行したいときにDaiを発行するのです。

1ドルと同等の価値が約束されたDaiは、仮想通貨の特徴である送金時のコストのメリットを残したまま保管ができます。

さらに担保が約束されているので大事にガチホするだけではなく、ETHをそのままにDaiを利用したトレードができるのです。

そこで問題になるのが、担保のETHは価格変動がある仮想通貨であるということ。

どうやってDaiをドルの為替レートにペッグさせ、Makerがどのように利用されるのか?

それはCDP(Collateralized Dept Position)というスマートコントラクトがDaiを発行します。

CDPによって担保として預けたETHの市場価格とMakerシステムのレートで発行される量が決まるということです。

CDP(Collateralized Dept Position)は日本語では、担保された負債オプションといいます。

正直、何のことをいっているのか理解できませんね。

すごくわかりやすく例えるとするなら、

1. CDPという質屋さんに行ってETHを担保にして、かわりにDaiを発行してもらう。

2. Daiの発行数はその時のETHのレートとDaiの価格を安定させるためのMakerシステムのレートが関係するから、いつも一緒とは限らないよ。

3. CDPっていう質屋さんは利用料としてMakerで払ってもらうから、ここに来たらMakerっていうコインは絶対必要だよ。

あとやっぱりETHに戻したいって時にもMakerを持ってきてね。

ざっくりなイメージではこのような流れになります。

ETH価格の下落に備えてFXの証拠金のように多めに預けて置きますが、Daiを返却すれば戻ってくる仕組みになっています。

Makerは独自のMRK供給メカニズムと価格変動によって、Daiの価格を安定させるアルゴリズムが特徴です。

利用料として支払われたMRKはバーンされ、市場価値を高めます。

このことからMarkerは価格変動があり、ホルダーにとっては供給量を調整するためのインセンティブも期待できるのです。

法定通貨は日銀が需要と供給のバランスを保つために、マネーサプライ(通貨供給量)の調整をしていますよね。

厳密にいえばこちらも日銀と違いますが、Daiを基軸した金融政策を実施する役割を持っていると考えるとイメージしやすいでしょう。

そして全てのMakerホルダーはシステムの変更や重要な取り決めがある場合に、Dai金融政策について投票できる権利を持ちます。

投票制のあるコインは通貨の保有を条件にしているので、悪意のある者がネットワークを阻害して自分のコインの価値を下げることは考えにくいですよね。

MRKはMakerシステムに重要なガバナンストークンであり、Daiにとって必要不可欠ということが理解できたのではないでしょうか?

仮想通貨Maker(MKR)の買い方とは?購入方法と取引所について

Maker(MKR)は国内の取引所で取り扱いはありません。

OKExやHitBTCなど大手で取り扱いがあります。

しかしあまりよろしくないニュース(OKEx)や表向きは日本人ユーザーのサポートをしない方針なので、DEX(分散型取引所)の利用が一番安心なようです。

取引量が多いのがCyber DEX ですが、中国発のまだできたばかりの分散型取引所です。

日本人ユーザーの情報も少ないことや引き出しが遅れている等の口コミを見つけましたので、現時点ではあまりお勧めできません。

メタマスク、ミストなどイーサリアム系ウォレットを持っている人は、少額の取引であればOasis DEXもおすすめです。

OasisDEX(分散型取引所)はETHとDaiやMKRを手数料無料で交換できます。

ただし、利用時にはGasが必要になります。

Oasis direct公式

仮想通貨Maker(MKR)のチャートについて

Maker(MKR)のチャートをみていきましょう。

今年の1月には最高値の¥199まで価格が上昇しました。

その後2月に一気に¥80まで下落し、¥120から¥50の価格帯で推移しています。

5月の価格上昇はAirSwapの提携も関係がありそうです。

AirSwapはERC20トークンをサポートするDEXで、個人間でトークン同士を交換できる特徴を持ちます。

この話題はフォーブスに取り上げられ、時期的にもリンクしています。

イベントや最新情報が発信されるのが主に海外からになりますが、ブログやTwitter を追いかけていくと価格の変化を察知できそうです。

現在では1MKR=¥57と最高値に比べて購入しやすい価格となっています。

仮想通貨チャートのあらゆる側面を網羅

ICO割れ

仮想通貨Maker(MKR)の今後について!将来性はあるのか?

MakerホルダーがホクホクになるにはETH価格の上昇とDaiの流動性、つまりEthereum ブロックチェーン上で展開していくサービスも関係してきます。

最近ではOmine Go(OMG)との提携があり、Ethereum ブロックチェーン上でDaiを活用できるプロダクトがあります。

OMGも追加され今後も様々な担保オプションが増えていくと、自ずとネットワーク全体の流動性に繋がります。

これからDappsが提供されていく流れを考えれば、法定通貨を軸にしたDaiの有用性はどんどん高まっていくのが予想されますね。

どうしてもステーブルコインは仕組み上、中央集権化した発行元での運用を強いられ破綻リスクが心配されていました。

分散化構造でなおかつ、ステーブルコインDaiを支えるMakerコミュニティに適切なインセンティブ設計がされているプロジェクトに注目が集まるのは自然な流れといえましょう。

運用時に心配であろうETH価格の下落に対しても、緊急措置としてMKRをオークションにかけて債務をカバーする仕組みなど細かな設計がされています。

債権オークションでMKRの利回りを期待するユーザーが安く購入できるということですね。

今回紹介したMakerプラットホームの自動メカニズムはほんの一部で、予測される様々な状況に応じて高度なプログラミングコードが機能するように設計されています。

2014年から始まったMakerチームのプロジェクトは、着々と開発が進んでいます。

もっと詳しく知りたい方はDaiのホワイトペーパーに実用化した場合のユースケースや、今後普及が見込まれる市場について詳細があります。

中には非中央集権型のプラットホームでの運用に不安を感じる人もいるでしょう。

今まで長い間、中央集権的な組織に資産を預けてきたのだから無理もありません。

そんな石橋を叩いて渡るタイプの心配症の方も、想定されるリスクについての策がいくつかありますので、是非目を通してみましょう。

markerdao公式

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事