ICO割れ
ICO割れ

仮想通貨とは何か?手に入れる方法は3つある?

「仮想通貨」とは、ブロックチェーン理論や電子署名といった「暗号技術」を組み合わせることによって成立する「電子的な通貨」の総称です。

「国家による価値の保証を持たない」という特徴を持っています。

最初の仮想通貨は「ビットコイン」と呼ばれるもので、正体不明の経済学者「ナカモトサトシ」によって投稿された論文において、その具体的な形容が初めて示されることとなりました。

「仮想通貨」という名前とは裏腹に、仮想通貨は日本政府によっても定義がなされており、資金決済に関する法律の第2条5項において定義されており、その存在が認められたなかで「財産的価値」が認知されています。

この「仮想通貨」を手にする方法は大きく3つあります。

❶仮想通貨取引所で購入する

先述したビットコインをはじめ世の中には様々な仮想通貨が流通しています。

その仮想通貨たちは一般的に「取引所」で売買されており、目当ての仮想通貨銘柄の取り扱いのある取引所で購入し入手します。

世間では最もポピュラーな入手方法だと言えます。

❷他人から受け取る

取引所での購入が一般的でありながらも、身近なところでこの手段でも入手可能なのも事実。

具体的な方法としては「相対取引」と呼ばれる個人間同士での「双方同意の下での仮想通貨と金銭の交換」です。

トラブルにならない為のルール決定や売買レートの選定、信頼関係や約束事の証明の用意など手間もかかる為、一般的には取引所での売買が多いというわけです。

❸マイニングを行って入手する!

3つ目の方法はマイニングと呼ばれるものを行って入手する方法。

このマイニングはなんと仮想通貨を購入することなく入手することが出来る方法です。

今回の記事は、この【マイニング】に注目して簡単にイメージをお話していきます!!

仮想通貨のマイニングとは何か?マイニングの役割と仕組みについて

さて、このマイニングという行為、いったいどのようなものなのでしょう?

ズバリ!マイニングとは、仮想通貨における膨大な計算力を要する作業の事を指しますが、これだけだと何の為の作業かサッパリわかりませんね。

マイニングには大きく分けて2つの役割があります。1つずつ見ていきましょう。

  1. 仮想通貨の新規発行
  2. 仮想通貨取引の承認

これらはいったいどのような意味のある作業なのでしょうか。

仮想通貨の新規発行

仮想通貨の新規発行が行われるのはマイニングが成功した時のみであり、非常に重要な作業になります。

日本銀行で新たに紙幣を発行するようなイメージです。

マイニング作業を成功させた人には、新しく発行した仮想通貨で報酬が支払われます。

仮想通貨取引の承認

マイニングという作業には、仮想通貨の新規発行以外にも「仮想通貨取引の承認する」という役割もあります。

簡単に言うと、銀行のような中央集権ではない仮想通貨取引ではマイナー(マイニングをする人たちのことです!)が「AさんとBさんの間でこれだけの仮想通貨の移動がありました」というデータが正しいものかどうかを検証していきます。

正しいと認められたデータは書き換えが出来なくなり、データを改ざんすることが出来なくなります。

これにより公正かつ取引の安全に機密性のあるやり取りになります。

簡単なイメージは銀行で送金をしたときに正しいと判断された送金が履歴として記録され通帳に記帳されていくようなイメージです。

マイニングという行為自体、実際はもっと詳細な仕組みの上に成り立つ行為なのですが、今日は簡単なイメージとしてそれはまたの機会にご紹介していきますね。

仮想通貨のマイニングは簡単にできる?マイニングのやり方とは?アプリやソフトが必要なのか?

まだよくわからないけど購入せずに、仮想通貨が手に入るならとりあえず興味は湧いたかも!という方が次に気になるのはココでしょう。

実際誰でも出来るの?

始めるにはどんな用意が要るの?

何をすればいいの?

そんなところのお話を簡単にしていきましょう。

先述しましたが、マイニングは膨大な計算力を要する作業です。

これを世界中の人々が、高性能なコンピューターを使って競い合うように行っています。

本来は高性能なコンピューターを用意したり、それを稼働させる為の電気コストやメンテナンスが必要になってきます。

まだ知名度の低い仮想通貨であれば、普通のパソコンでもちょっとした利益が出たりするくらいマイニングが容易になっているものもあります。

自分が持っているパソコンや、スマホ・iPhoneでもマイニングが可能かつ、利益を出すことも可能となっています。

取引量や流通量の多い通貨も普段使うようなPCでのマイニングは可能といえば可能ですが、電気代やコストを考慮するとほぼ利益が出ないと思っておいた方がいいです。

パソコンでちょっとだけマイニングをやってみたい、という場合にはアプリを使うのもオススメです!

インストールしたらすぐにマイニングを始めることができるアプリもあります。

とは言え、真剣にマイニングをやりたい!!という方は少々の初期投資が必要になりますが、「GPUマイニング」というものをするといいでしょう!

仮想通貨のマイニングは儲かるの?儲からないの?具体的なマイニング方法を紹介!

実際気になるこの話題、仮想通貨のマイニングが儲かるかどうか。

これにはまず幾つかあるマイニングの方法について見ていきながらご自身に会う方法を選んでいくと良いでしょう。

マイニングにはクラウドマイニング、プールマイニング、ソロマイニングという3つの方法があります。

それでは1つずつ長所と短所を見ていきましょう。

クラウドマイニングは1番お手軽!?

クラウドマイニングとは、マイニングをしている企業や団体にお金を出して、代わりにマイニングを行ってもらうことにより、団体や企業から利益を受け取るという形のマイニングの方法です。

実際に自分でマイニングをするわけではなく、マイニング企業への投資をして報酬を得るという手段です。

メリットとしては、まず第一にその手軽さや初期設備の用意や準備の必要がないということが挙げられます。

そして次に、海外と比べ電気代の高い日本では、マイニングをする上で必ずと言っていいほど電気代の問題が付きまといます。

クラウドマイニングは、初期投資の金額こそ自分でマイニングをやるよりも高額なものの電気代や毎月のコストを考えると、クラウドマイニングを利用する方が低コストで済みます。

よって利益が出る確率も比較的高くなります。

逆にデメリットの部分は、最大のリスクとしてまず、団体や企業そのものが詐欺であり資金を持ち逃げされてしまう可能性や倒産のリスク。

ここに対してしっかり信頼できる企業をリサーチできるかどうか。

そして企業からクラウドマイニング報酬を受け取る前に、その通貨が価格変動の影響を受け思ったような金額にならない場合もあるということ。

これは仮想通貨には価格変動があるのと、得た利益をある程度まとめて受け取ることも多いのでそのタイムラグの間に暴落してしまったり、場合によっては多少の不自由さを感じる時もある可能性があります。

そして余談になりますが、もし仮にイーサリアムのクラウドマイニングをする場合、イーサリアムは現在マイニング作業を行うプルーフオブワーク(Proof of Work)という仕組みが採用されていますが、

将来的には、プルーフオブステーク(Proof of Stake)というマイニングが行われない別の仕組みに移行することが決定しています。

なので「クラウドマイニングの契約期間中なのにイーサリアムのマイニングができなくなってしまった!」ということがある可能性があります。

イーサリアムのプルーフオブステーク移行の時期はいつになるのか不明の為、もしイーサリアムのマイニング契約をするときはこの点にも気をつけていきたいですね。

プールマイニングは皆で力を合わせて!

プールマイニングとは、グループのメンバーで力(計算力)を合わせて共同でマイニングを行っていくマイニングの方法です。

それを行う集団のことをマイニングプールと呼びます。

ICO割れ

メリットとして挙げられることは、利益の安定性です。

プールマイニングでは、みんなで計算力を合わせてマイニングを行い、得られたマイニング報酬を提供した計算力の割合に応じて分配するので、

あまり大きな波がなく、ほぼ期待値通りの報酬が得られることが挙げられます。

簡単に言えば、クラウドマイニングやソロマイニングでは、個人で所有する小さな計算力でマイニングの計算を行っていくので、大きなマイニング報酬が得られる日もあれば、

ほとんどマイニング報酬が得られない日も出てくるので、個人が得られる報酬に大きくバラつきが出てしまう傾向があるのに対して、

チームでマイニングの計算を行うマイニングプールの計算力は個人より遥かに大きく、より安定したマイニング報酬を得やすい為、プールマイニングでは期待値通りの報酬を得やすいということが言えます。

逆にデメリットの部分は、安定した収入が得られる反面、マイニングで大きな成功を収めたことによる大きな収入は得づらい、という部分です。

何故ならば、もし自分が大きく功績をあげたとしても、それはマイニングプール全体の功績であり、その利益は分配されてしまうからです。

また少額ではありますが、手数料も取られてしまいます。

そしてプールマイニングでは、自分もマイニングプールの一員としてマイニングを行って行く為、自分もマイニングを行う為の機材の用意が必要になります。

ソロマイニングは1人でガッツリ!

その名の通り、他者と組むことなく自分一人の力でマイニングを行う方法です。

利益を大きく狙って行う人はもちろん、趣味程度にのんびり揃マイニングをやる人もいます。

プールマイニングとは違い自分1人で行いますから、当然その報酬も自分1人で受け取ることになるのでマイニングの成果が大きい日は大きな報酬を手にすることが出来ます。

また手数料においてもプールマイニングでは微量ながらも手数料がかかったり、ビットコインのマイニングに限りますがクラウドマイニングでも毎日のメンテナンス代という手数料が通例かかってきますが、

ソロマイニングであれば、自分1人が故にこのような手数料が一切かからないのもメリットです。

デメリットは自分1人で行う為、全てその日の自分の成果次第で報酬に大きくバラつきが出てしまうという点です。

大きく報酬が取れた日もあれば、ほとんど報酬を取れなかった日もあったり波が大きく出ることも考えられます。

そして設備に関しても自分で全て揃える必要がある為、手間であったり資金であったり最初にかかる労力は全て自分で賄う必要があります。

様々ある中で自分にあった方法を適切に選び、自分で納得のいく方法で継続することが1番だと思いますが、

個人的には信頼できるパートナーや企業がいるならばクラウドマイニング(投資としての要素が強いですが)がスタートアップとしては比較的オススメかなと思います。

仮想通貨とマイニングの余談とまとめ

今回のお話でみなさん簡単にマイニングについて分かってきたかと思います。

本当はもっと奥の深い話がマイニングにはたくさんあるのですが、それはまた次の機会に・・・。

さてここでまとめに入ります。

  • マイニングは仮想通貨を入手する手段の1つ
  • 仮想通貨取引を承認するために必要な作業
  • クラウドマイニング、プールマイニング、ソロマイニングの3つの方法からチャレンジ出来る。

そして「マイニングで得た利益にも、得た利益-かかった経費の差額に応じて税金がかかる」ので確定申告やお近くの税務署への相談はしておきましょう。

仮想通貨は持ってみないと始まらない!

今回はマイニングについて簡単にお話していきましたが、皆様々な方法で仮想通貨に興味を示し仮想通貨を持ち始めていると感じます。

段々と馴染むものはやっぱ馴染んでいくんだなーと思いながらこの記事を書いています。

結局のところ持ってみないと始まらない、やってみないと始まらない、そこに尽きるのかなと思う今日この頃です。

【関連記事】

仮想通貨ノードの意味とは?ノードの種類とマイニングとの関係性

仮想通貨のマイニングとは?クラウド・プール・ソロ・3種類の意味を分かりやすく説明

仮想通貨XPの概要を説明します!!(マイニングについても)

仮想通貨mine(マイン)とは何か?特徴や購入方法と将来性について解説!ラファエルが紹介後の上場する可能性は?

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事