仮想通貨リスク(LISK)は、日本の取引所コインチェックに上場していることで日本人には知名度の高い仮想通貨ですね。

そして、LISKは開発当初にICOで14000BTCを集めるなど初期から期待されていたプロジェクトになります。

本記事では、LISKについて、以下の目次に沿って紹介しますが、将来的に期待されている仮想通貨ですから、ぜひ最後まで読んで下さいね。

仮想通貨リスク(LISK)の概要

仮想通貨名 LISK(リスク)
トークン名 LSK
時価総額 33,355,742,328円
公開月 2016年5月
開発組織 The Lisk Foundation
開発者 Max Kordek
発行上限 127,339,900LSK(日々新しいコインを発行している)
発行枚数 112,104,759 LSK
アルゴリズム Delegated Proof of Stake(DPoS)
中央機関 非中央集権型
公式HP LISKの公式HP
公式ブログ LISKの公式ブログ
公式ホワイトペーパー LISKのホワイトペーパー
公式Twitter @LiskHQ
公式Facebook @LiskHQ
公式Instagram liskhq
公式LinkedIn
Lisk
公式GitHub Lisk
公式Reddit Lisk
TelegramID LiskHQ
YouTube Lisk

仮想通貨リスク(LISK)の公式サイトは、実に多くのSNSと連携しています。

Twitterのフォロワー数が18万以上もありますが、国内取引所のビットフライヤーなどよりも多い傾向にあります。

もちろん、Twitterのフォロワー数だけで将来性を決めることは出来ませんが、人気の仮想通貨であるといえるでしょう。

仮想通貨リスク(LISK)とは?

Lisk

仮想通貨リスク(LISK)とは、プラットフォーム構築がLISK、通貨名がLSK(リスク)と表記されている仮想通貨です。

そして、LISKが開発された目的は、非中央集権型の分散型アプリケーションを開発することであり、プラットフォーム上で利用する人々に対して簡単で尚且つ安全に事業を展開できるようにすることを目的としています。

また、LISKはスマートコントラクトを採用しており、イーサリアムの技術を使用して開発されていますが、イーサリアムよりも使いやすいとの呼び声もあります。

LISKは承認アルゴリズムにDPoSという方式を採用しています。

DPoSとは?
DPoS(Delegated Proof Stake)とは、アルゴリズムの一種です。

DPoSの方式は、アルゴリズムの1種であるPoS(Proof of Stake)が仮想通貨を多く持っている人を承認者に決定するのに対して、DPoSはLSK(リスク)を持っている人たちの中で投票によってよって承認者を決定するという仕組みです。DPoS方式を採用することによって一部の資産家に承認者が偏ってしまうことを避けることができます。

仮想通貨リスク(LISK)の特徴

LISKの特徴は、イーサリアムの似ている点もありますが、イーサリアムとは異なる点を紹介しますね。

そして、LISKの特徴には次2つがあります。

サイドチェーン技術を採用している

開発言語にJavaScriptを採用している

では、以上の2点を1つずつ見ていきましょう。

サイドチェーン技術を採用している

サイドチェーン技術とは、LISKの独自システムであり、LISK本来のブロックチェーンとは別に稼働している予備のブロックチェーンのことです。

サイドチェーン技術を使用することで、従来の処理能力を飛躍的に向上させることが出来ます。

また、サイドチェーン技術があることで、メインのブロックチェーン上で問題が起きた場合でも、サイドチェーンに切り替えることで業務に差し支えることなく、問題点を改善することが出来ます。

つまり、LISKのブロックチェーンは常にフル稼働できるということですね。

開発言語にJavaScriptを採用している

LISKで使用されている開発言語は、Web業界では親しみのあるJavaScriptです。

イーサリアムの開発には一般的にSolidityという開発言語が使われているのですが、Solidityの開発言語は誕生したばかりで開発の環境や文献などが十分に揃っていないのが現状です。

そして、Solidityの開発言語はバグなども数多く存在します。

しかし、LISKで採用されているJavaScriptは、すでに知識のあるエンジニアが多く存在している為、新しい開発言語を学ぶ必要がなく開発に取り組むことができます。

つまり、開発環境がしっかりと整っていることで、開発に参加するエンジニアの人数も増え、開発スピードやクオリティが高くなるメリットがあります。

仮想通貨リスク(LISK)の半減期とは一体何か?

半減期とは、仮想通貨の発行枚数が半分に減ることです。

半減期を行う目的は、仮想通貨をたくさん発行して起こることによるインフレーション(※2)を防ぐために行われます。

そして、半減期を行うことで仮想通貨LSKの稀少性を高め、価値を向上させることにも繋がります。

しかし、LSKの半減期は、発行枚数がいきなり半分に減る訳ではありません。

リスクの半減期は、通貨が半分になるのではなく、1LSKずつ減っていく仕組みになっています。

もっと言えば、LSKのブロックが300万個作られた段階で、新規発行量が1つ減る仕組みになっています。

LSKの半減期周期は1年に1回で毎年11月に行われます。

ビットコインの半減期が4年周期ですから、LSKの半減期がいかに早いかが分かりますね。

※2インフレーションとは?

インフレーションとは、通貨が社会の通貨需要量よりも相対的に膨張する現象のことです。

別名:物価が暴騰する、インフレと呼ばれています。

仮想通貨リスク(LISK)がハードフォークされた真相

2018年8月29日にLSKはハードフォークが行われ、無事に成功しました。

しかし、LSKのハードフォークはビットコインのようにハードフォークによって新たな通貨が誕生したことではなく、メインネットへの移行が目的でした。

メインネットへの移行をすることで、LISK独自のブロックチェーンになったことにより性能が上がり、開発もしやすくなるといった利点があります。

※2メインネットとは?
メインネットとは、他に依存しない独立したブロックチェーンのことです。

仮想通貨リスク(LISK)のマイニングに参加する方法

LISKのマイニングに参加する方法は他の通貨と異なり次の2つの方法でマイニングに参加することが出来ます。

  • ヴォーティング
  • フォージング

上記の2つはマイニングをしたい人にとっては重要なことですので、詳しく見ていきましょう。

ヴォーティング

ヴォーティングとは仮想通貨LSKを所有している人が承認者を決定するために投票を行うことを指します。

ヴォーティングでは一回に33人まで投票することができ、投票した人が上位101人に入り、トランザクションを処理することで投票した人にも報酬が入る仕組みになっています。

しかし投票するには仮想通貨LSKリスクが必要で一回投票するのに1LSK必要になります。

また報酬でもらえるLSKには差がありLSKを多く所有しているほど多くの報酬を受けることができます。

フォージング

フォージングとはヴォーティングで上位101人に選ばれトランザクションを処理することによって報酬を得ることを指します。

このフォージングですが、ヴォーティングで自分に投票することができる為、ある程度資金力がある人は自分でフォージングの権利を得ることも可能です。

ただし自分に投票する際にも一回あたり1LSKが必要になります。

仮想通貨リスク(LISK)の今後の将来性について

LISKの今後の将来性に期待する声は多くあります。

事実、LISKはMicrosoftとの提携をしていることも、期待されている理由の1つでしょう。

そして、LISKはすでに日本の仮想通貨取引所であるコインチェックビットフライヤーに上場しています。

さらに言えば、開発言語がJavaScriptであることから、アプリやサービスも作りやすいことも将来性に期待できる理由を言えます。

もちろん、LISKはこれまでハードフォークの度重なる延期でユーザーの不安もありましたが、ようやくハードフォークも完了したということでまさにこれからだといえるでしょう。

仮想通貨リスク(LISK)の関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事