ICO割れ

今回紹介させて頂きますのは、LFT(Linfinity)という仮想通貨を紹介したいと思います。

世の中のモノの流れにとって、一石を投じる仮想通貨となっておりますので、割と私たちの生活に関係するかもしれません。

それでは、説明に入りましょう。

ICO割れ

仮想通貨LFT(Linfinity)の概要と特徴について

まずは、いったん公式サイトで説明されている概要を載せます。

Linchinityは、Blockchain、Internet of Things、Big Dataテクノロジをベースとした信頼性の高い分散型ビジネスプラットフォームとして、信頼性の高いデータ、透過的な情報、効率的な協力、相互接続ネットワークを構築し、企業ユーザーの実用的なビジネス苦境や開発需要に対応します。今日の大きな問題の1つは、サプライチェーンのネットワークの透明な概要が達成するのが難しく、サプライチェーンに沿った原材料と製品の品質と完全性を確保することが難しいことです。サプライチェーンが長く複雑になればなるほど、摩擦コスト、データコスト、説明責任の欠如、過失、さらには偽造や詐欺の可能性が高くなります。より一般的には、今日のグローバルなサプライチェーンは、プロセスごとに望ましくない不透明性を伴い、結果としてサプライチェーンのさまざまな時点で企業ユーザーを困惑させる、遅く非効率的です。
Linfinityのブロックチェーン技術革新とLinfinity R&Dの経験と製品実装チームの国内外のFortune 500企業の食品、たばこ、衣料品、医薬品などの業界に流通しているサービスの経験により、Linfinityは現在の問題を解決することを目指していますコンサルテーション・サービスや情報化ソリューションのR&Dや導入などの実践的な経験に基づいて、より多くの業界や業界を越えた顧客に拡大するために、現在の情報化ソリューションを反復して更新し続けます。一方で、LFTトークンと組み合わせてビジネスエコシステムを改善し、システムに関与するすべての参加者のインセンティブを正しく調整することで、安全で信頼性の高い新しい協力モデルでより多くの新しい利息配分モデルを開発します。

引用元:https://www.linfinity.io/

冒頭でいったんと言ったのは、内容が専門用語が多く記載されているため、難解な形で説明されているからです。

例のごとく、たとえ話で説明してみます。

ここでのキーワードは、サプライチェーンという言葉です。

サプライチェーンとは、製品の原材料が生産されてから消費者に届くまでの一連の工程のことを指します。

今の世の中で、この流れを通らない商品はほとんどないと思います。

車を形取ってサプライチェーンを説明してみましょう。

鉄の採掘 ⇒ 鉄の精製 ⇒ 車の部品を作る工場 ⇒ 車を作る工場 ⇒ 車の販売

ざっくりこんな感じでしょうか。(細かく分けるともっと多くの過程があると思いますが・・・)

引用した説明では、この各過程の連結する箇所で多くの問題があると語られています。

例えば、納品物の品質であれば、納品先に提示している条件を悪意を持って、条件を未達のものを達成していると偽ること。

販売価格の妥当性という部分も個の部分に当てはまります。

提示している金額がぼったくり価格ということで、見積もりで提示した材料が違ったり、材料の金額が違うなどが挙げられます。

このように、相手には目に見えない部分で、割とやりたい放題なことができてしまう仕組みが、現在のサプライチェーンとなります。

今年に入って、神戸製鋼社が金属の成分をごまかしていた問題が発覚しましたよね。

あれも、サプライチェーン内で発生した問題の一つとなります。

このような問題をLFT(Linfinity)では、解決することが目的となります。

現在は、この問題を解決するためのプラットフォームを作成中とのことです。

仮想通貨LFT(Linfinity)の取引所について

それでは、引き続きCardstackを取り扱っている取引所についてですが、以下の海外取引所で交換することができます。

想定した内容ではありますが、日本の取引所では対応していません。

海外取引所であることから、取引所の登録方法および、説明については以下サイトが分かりやすかったので参考にしてみて下さい。

https://cc.ponpupi.net/coinex/

仮想通貨LFT(Linfinity)の買い方とは?購入方法を解説!

買い方については、以下の手順となります。

  1. 国内の取引所でビットコイン、イーサリアム、もしくはビットコインキャッシュを買う。
  2. CoinExにビットコイン、イーサリアム、もしくはビットコインキャッシュを送金する。
  3. ビットコイン、イーサリアム、もしくはビットコインキャッシュでLFTを購入する。

ということで、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを持っていない方は、ぜひ購入してみて下さい。

現在は、値動きが激しいので日々の値動きで値下がりした日が続いたタイミングで購入すると良いかもですね。

仮想通貨LFT(Linfinity)は買うべきなのか?評判はどうか?

買うべきかについてですが、こちらについては私の主観がたっぷりなので、一つの判断材料にして頂けますようお願いします。

最近は、世の中の問題解決のためにプラットフォームを作成して、解決していくスタイルが流行っているような気がします。

しかし、LFTについては、プラットフォーム作成は2019年までかかるとロードマップで語られています。

また、ツイッターで以下の告知が流れていました。

まだ、プラットフォームがリリースされていないことを考えてみると、2つの見方ができます。

①豪華景品をエサに、通貨を購入してもらい、ある程度集まったらドロンするパターン

②現状、セールスポイントがないため、豪華景品を使って、LFTの知名度を上げるパターン

結局のところ、現段階ではどちらが正解とは言えません。しかし、判断ポイントはあります。

2018年の4半期の段階でプラットフォームがリリースされるという計画になっていることから、ここできちんとリリースされることを確認しましょう。

目に見える形で、取り組んでいるとわかるのは、こういうことでしか確認できません。

なので、現段階では購入しない、あるいは、少額での購入をオススメします。

また、ツイッター内でも検索になかなかヒットしないことから、知名度自体もまだまだ低いと言えます。

逆張り的な考え方をすると、知名度が低いタイミングから購入しておくことが、送り人になる秘訣という。。。

個人的な話で恐縮ですが、数年前にリップルコインをほぼ底値で買わないかという話が来た時に、買わなかったことを後悔したことを思い出しました(笑)

ICO割れ

私が見えている観点での判断となりますので、情報を集めてみて、より良い判断があるかもしれないので、各自確認をしてみるのもよいかもしれません。

仮想通貨LFT(Linfinity)の今後は?将来性はあるのか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

最後に、LFT(Linfinity)についての将来性の話をします。

図のようにサプライチェーンに対する問題を解決するために、多くの人が従事しています。

仮に、この問題の5割を解決できるのであれば、その分別の仕事ができることになります。

別の仕事をすることで、商品をブラッシュアップすることに時間を割くことができるようになり、企業価値が向上することが期待できます。

そういった部分で、将来性があるサービスを開発していると言えます。

一方で、こういったプロジェクトを始める際、実証実験を行うための企業がパートナーとして、提携することが多いのかなと考えているのですが、そこの情報が私には得られていません。

その企業からの公式情報があると、かなり信頼度が高く、仮想通貨自体の価値も保証されるものとなります。

このLFT(Linfinity)が、この情報をどの段階でアナウンスするのかが、とても興味があります。

また、ビックデータを活用しないと、サプライチェーンを解決することはできないです。

ビックデータというのは、多量の情報を分析して、企業の問題解決に役立てるデータを指します。

この情報が中小企業だと、データ量が限られてしまうため、大企業であればあるほど良いとされます。

今後の流れとして、公式サイトからは以下のように提示されています。

  • 2018年Q2:Linfinityホワイトペーパーの公表とLinfinityサービスプラットフォームのテスト その間、世界中の有名企業とのビジネス協力交渉。
  • 2018年Q3:ブロックチェーン2.0に現在のLinfinityサプライチェーントラッキング/偽造防止機能を正常に組み込み、ビジネスエンティティに導入すること。蓄積された端末の顧客とのスマートなデータプロモーションに従うための基本を固めるとともに、SaaSのアプローチでビジネス収益化。現行のソリューションとプラットフォームで、Linfinityはたばこや中国酒、製薬企業など様々な企業と協力の意思を確認します。
  • 2018年四半期:現在のLinfinity TQMを達成するために、ブロックチェーンで電子的な証拠プラットフォームを実現し、法人顧客、特に小売企業、食品産業、製薬企業にデータを与えることができます。さらに、サプライチェーン内のさまざまなエンティティの相互信頼メカニズムと導通効率を大幅に向上させます。
  • 2019年Q1:Linfinityのブロックチェーン+ IoTメインプラットフォームの実装を達成する。IoT Intelligent Gateway、Apps、および中央ビッグデータ監視プラットフォームのリソースが蓄積されている現在、Linfinityの現在のチームは、ブロックチェーン構造を融合して、クラスター化されたクラウド展開とブロックチェーン展開を企業に提供。特に、機能性と、信頼性が高く、耐タンパ性の高いサービス保証が考慮されています。
  • 2019年Q3:スマートデータプラットフォームの実装。蓄積されたビジネスユーザーとデータおよびAI関連のリアルタイム分析技術を使用して企業データの価値をさらに向上させる。ブロックチェーンベースの共有とモチベーションの仕組みを通じて、企業がセキュリティレベルを上げてリソースを共有し、ビジネスエコシステムアプリケーションを拡張。

引用元:https://www.linfinity.io/

プラットフォームにすべての機能が実装されるのは、2019年の10月ちょい前という感じですね。

現状、将来性が髙いサービスとは、中々言えませんが、実現した際のインパクトはかなりデカいとは言えます。

今のうちに仕込んでおくこと自体は、分があると思います。

ということで、今回はLFT(Linfinity)を紹介させて頂きました。

個人的に勉強になったのは、こういたプラットフォーム系のプロジェクトについては、世の中に出す前にどの企業とタイアップするかといった情報があると、より信憑性が髙く、信頼を勝ち取れる気がしました。

ただ、作り手としては、まずは資金集めということで、通貨を世に流通させるという使命も当然ながらあります。

そういった部分を専門にお手伝いする会社とかあると、最近の動向としては儲かったりするのかなと思いました。

それでは、本記事も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。次回も宜しくお願い致します!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事