中国の仮想通貨取引所Huobiが日本のビットトレードを買収!

日本の仮想通貨取引所であるBit Trade(ビットトレード)が、臨時株主総会において株式譲渡の承認を決議し、中国の大手仮想通貨取引所であるHuobi(フォビ)の事実上の傘下に収まることを発表されました。

ビットトレードは2016年9月に設立された日本国内の仮想通貨取引所であり、2017年9月29日に日本の金融庁から認可を受けていました。

ですが、2018年の初めにはアメリカの実業家Eric Cheng氏に5000万ドル(55億円相当)で全ての株式を買収されています。

よってこのニュースは、そのEric Cheng氏が保有するビットトレードのすべての株式をHuobiに譲渡し、ビットトレードがHuobiの完全子会社になったことを意味します。

>>>Bit Tradeが発表した経営権の異動に関するお知らせはこちら!

仮想通貨取引所のHuobiとはどんな会社か

Huobiは2013年に中国で設立された仮想通貨取引所で、2017年には中国本土の仮想通貨への規制強化の影響で、拠点を香港とシンガポールに移し現在まで活動しています。

また、Huobi2018年9月現在約110種類の仮想通貨銘柄を取り扱っており、その規模は世界でも上位5位以内になるほど大きな仮想通貨取引所です。

そして中でも、現物取引、信用取引における貿易取引額は2018年1月時点で世界3位であり、中国ではBinance(バイナンス)に次ぐ大手でもあります。

仮想通貨取引所のHuobiは、かねてより日本進出の機会をうかがっていましたが、日本の金融庁の仮想通貨への規制が、コインチェック事件の影響で厳しくなり、Binanceでさえも、日本への進出の撤退を発表したことからも、今回の買収に至るまでにHuobiは慎重な動きを見せていました。

>>>日本の金融庁がBinanceに警告!その理由は?

仮想通貨取引所Huobiが中々日本へ進出出来なかった理由

ある地域や国で仮想通貨事業を行うためには、その場所の法的機関で認可を受ける必要があります。

ですので、Huobiが日本で仮想通貨取引所運営しようとなると、次の2通りの方法に絞られます。

  1. 新会社、もしくは分店を任意の地域(国)に設立する
  2. すでに任意の地域(国)に存在し、認可を受けている取引所を買収し経営権を得る

今回Huobiが日本への進出をする為に取った行動は2番目の方法です。

つまり、日本で仮想通貨取引所として金融庁から認可を受けているビットトレードを買収し100%子会社とすることで、日本での運営が可能となったのです。

ビットトレードがHuobiに株式譲渡した目的は?

ビットトレードがHuobiに株式譲渡した目的は主に次の3つです。

  • Huobi Japanとの連携によるグローバルなプラットフォームの構築
  • Huobiグループ総勢500人を超えるエンジニアのバックアップ
  • Huobi Japanとの連携によるグローバルなプラットフォームの構築

Huobiは仮想通貨取引所としてグローバル化に成功しており、その規模は世界トップクラスです。

尚且つ、Huobiは通貨ペアとして積極的にUSDT建てや、仮想通貨建てを導入したり、事業を世界各地に拡大させるなど、仮想通貨の普及に対して積極的な動きを見せています。

逆に、ビットトレードはグローバル化が進んでおらず、通貨ペアやプラットフォームなども、日本人向けにしか対応できていません。

ですから、ビットトレードにとってHuobiと連携することで仮想通貨のグローバル化を進めることができる為、今回の株式譲渡は、ビットトレードにとっては最適な決断だったといえるでしょう。

ビットトレードがHuobiに株式譲渡した最大の理由

ビットトレードがHuobiに株式譲渡した最大の理由は、Huobiグループ総勢500人を超えるエンジニアのバックアップがあることです。

それはビットトレードが抱えている悩みに、次の3つがある為です。

  • 早急な内部管理体制の確立
  • セキュリティ体制の確立
  • コンプライアンス体制の確立

以上のビットトレードが抱えている悩みを解決する為に、Huabiグループ総勢500人を超えるエンジニアのバックアップにより、システムの迅速かつ正確なアップグレードを図ろうとしています。

Eric Cheng氏がHuobiにビットトレードを売却したことを称賛!

今回の株式譲渡をうけてEric Cheng氏は次のように述べ、ビットトレードの選択を称賛しています。

Huobiのグローバルなフットプリント、優れた管理チーム、高度なセキュリティシステムを活用して、Bit Tradeを日本のマーケットリーダーとして成長させます。

Huobiのような確立されたブランドとの長期的なパートナーシップを持つことは、Bit Tradeのためのただしいステップであり、我々に急速な成長をもたらすと考えています。

引用:BITCOINMAGAZINE

ですから、今回中国の仮想通貨取引所であるHuobiが日本の仮想通貨取引所であるビットトレードを買収したことは、日本の仮想通貨浸透に大きく影響してくる可能性が高いでしょう。

【参考文献】

【関連記事】

【中国】仮想通貨取引所大OKCoinが米国の計21州に業務拡大すると発表!

フランスがICOを合法化し、仮想通貨大国の仲間入りに!?

ビットポイントが本田圭佑選手とテレビCMで契約!出川組の次は本田組の登場か

仮想通貨のカルダノエイダコインとは?特徴・購入できる取引所・今後の将来性

 

この記事が役に立ったら【はてなブックマーク】でシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨トリビアの最新情報

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!大手メディアが主要銘柄に関する情報しか発信していない中、仮想通貨トリビアではアルトコインやここでしか知ることが出来ない情報も満載で発信しています。登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩※購入を進めるような投稿は一切していません。

仮想通貨 美人

チャッティネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

あなたにおすすめの仮想通貨記事