ICO割れ
ICO割れ

仮想通貨とは/意味

  • 英語表記:Crypto currency(クリプトカレンシー)
  • 類義語:暗号通貨・電子マネー・バーチャル通貨・仮想マネー・バーチャルマネー

仮想通貨とは、ビットコインに代表される別名で、海外では主に暗号通貨(Crypto currency)と呼ばれています。

簡単言えば、デジタルのお金と認識するとわかりやすいです。

デジタルのお金なので、硬貨やお札は存在せず実際には見ることも触れることもできません。

インターネット上には、単に数字だけが表示される為、仮想通貨の事を知った時は本当にお金なのかどうか心配になりますが、正真正銘お金です。

仮想通貨の浸透性について

最近(2018年9月6日時点)では、仮想通貨ATMも普及し、少しずつ世界に浸透しています。

また、QRコードを介してウォレットに保管しているビットコインなどの仮想通貨を現金にしたり、現金からビットコインにすることが可能です。

仮想通貨の誕生について

仮想通貨には、ホワイトペーパーがあります。

ホワイトペーパーには、誕生する仮想通貨がどのような使い方するかなどを提示してあります。

また、発行数などは仮想通貨を発行する事業者が自由に決めることが出来ます。

仮想通貨の使い方について

仮想通貨は、各通貨それぞれに使用目的があり発行されます。

ですが、使用目的以外に、投資対象としての側面もあります。

仮想通貨自体の価格が上がると、少額で持っていた人は高い価格で売却することで、多くの利益を得ることができるからです。

仮想通貨の需要と供給について

仮想通貨の価格は、市場原理に基づいて需要と供給で変動します。

例えば、ある仮想通貨を欲しい人が多くいるとします。

仮想通貨の発行数が少なければ、需要が供給を上回ることになり、仮想通貨の価格が上がります。

反対に価格が下がるときには、その仮想通貨を欲しい人が少なくなり、需要より供給が多くなることで価格が下がります。

簡単に言えば、円高と円安の関係を持っているのが仮想通貨です。

仮想通貨の今度の将来性について

代表的な仮想通貨のビットコインは、2017年末に1ビットコインが220万円前後の価格になりましたが、その後価格は下がり続けて、2018年9月6日時点では80万円前後です。

ビットコインの次に普及しているイーサリアムは2018年初頭に18万円前後でしたが、2018年9月6日時点では3万円前後の価格です。

要するに、仮想通貨は国に縛られる事がない為、全世界で共通のお金になる可能性があるのが仮想通貨です。

ICO割れ
ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事