ICO割れ

「最近よく耳にするマイニングって一体なんだろう…?」

と、思われているあなた!

この記事を最後まで読めば、マイニングのことを理解頂けます。

なぜなら、この記事が仮想通貨初心者に向けた記事であり、分かりやすく書いているからです。

では、マイニングの基礎を紹介します。

ICO割れ

マイニング(採掘)の意味とは?

マイニング(採掘)とは、簡単に言うと、仮想通貨のシステムに参加するという意味です。

ここでいうシステムとは次の意味です。

  • 暗号化システム
  • 取引履歴の記録システム

以上の事の意味です。

そして、マイニングを行わなければ仮想通貨のやり取りはできません。

「えっ?」じゃあ仮想通貨投資を行っている人は全員マイニングをしているの?」

と、疑問に思われると思いますが、必ずしも投資家がマイニングをする必要がありません。

あなたが仮想通貨投資をしていても、企業がマイニングを行い、仮想通貨のやり取りをできる状態にしてくれています。

そして、企業がマイニングを行う代わりに提供しているのがウォレットです。

要するに、ウォレットを提供している企業と契約(登録)することで、仮想通貨のやり取りができます。

ウォレットの提供とは別に投資家が仮想通貨を手に入れる方法もあります。

それが、仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所とは、仮想通貨を売りたい人と買いたい人をつなぐ役割をする所です。

つなぐ役割の為、取引所はマイニングをしなくても、仮想通貨を手にする事ができます。

マイニングが採掘・発掘と呼ばれている意味?

マイニングの類似語で、採掘、発掘などと耳にした事はありませんか?

結論から言いますと、「鉱山で金を掘り当てる行為」に似ている事から、マイニング(採掘)と呼ばれています。

では、どういった所が似ているのか?

前述として、発行されている仮想通貨は発行上限が決められています。

ここでは、ビットコインを例にあげて紹介します。

例えば、ビットコインは2040年までに2100万の仮想通貨を発行すると、あらかじめ決められています。

そして、現在はビットコインは1700万枚マイニングされています。(2018年4月調べ)

計算すると、【2100万-1700万=400万枚】残りの400万枚が、まだマイニングされていないビットコインに当たります。

つまり、システムに参加をし、新しい仮想通貨を発見する=採掘する様子が、「鉱山で金を掘り当てる行為」に似ている事からマイニング(採掘)と呼ばれています。

ニュースでマイニングという言葉を聞いたら、新しい仮想通貨と発見する行為

という風に覚えておきましょう。

マイニングの種類は3つある?

仮想通貨のマイニングの種類と意味

マイニングの種類は1つではありません。

マイニングの種類には次の種類に分けられています。

  • クラウドマイニング
  • プールマイニング
  • ソロマイニング

上記の3つをまとめて「マイニング」と呼ばれています。

では、1つずつ具体的に紹介します。

クラウドマイニングとは?

クラウドマイニングとは、マイニングをしている企業に投資をし、配当を得る仕組みのことです。

例えば、株式投資をして配当を得る仕組みと、考えると分かりやすいです。

メリット・デメリットとして次の事があります。

クラウドマイニングのメリット

  • マイニングをする為の機材が必要ない
  • 電気代がかからない

企業にマイニングをする為、投資金以外は何もかかりません。

要するに、投資家がマイニングを行う上で最も取り組みやすいマイニングの方法です。

クラウドマイニングのデメリット

  • 詐欺に合う可能性がある

仮想通貨投資に関わらず、お金を企業に預ける時はどんな企業か調べましょう。

クラウドマイニングをする企業の体制やセキュリティが甘いと、配当が遅れたり、ハッキングされる恐れもあります、

また、クラウドマイニングを行う企業に投資をした際に、仮想通貨が暴落すると、原資金を回収できない事になります。

要するに、クラウドマイニングを行う企業は投資をする前にしっかりと調べましょう。

プールマイニングとは?

プールマイニングとは、マイナー(採掘者)が集団でチームを作り、協力してマイニングを行うことです。

大規模なプールマイニングが、一斉にマイニングを行うと、仮想通貨市場の価格に関わってきます。

その為、マイニングの中で、最も仮想通貨市場に影響力のあるマイニングの方法です。

プールマイニングのメリット

  • 多額の配当金を得る事が出来る

クラウドマイニング同様、出資する事で配当金を得る事が出来ます。

ICO割れ

企業が行うクラウドマイニングに対して、プールマイニングが規模が大きい為、多くの配当金を得る事が出来ます。

プールマイニングのデメリット

  • 自分から参加すると配当が少ない

プールマイニングは自分からも参加する事が出来ます。

しかし、マイニングを行う専用機材でしている人に比べると、ほんのわずかしか配当金ができません。

配当金がごくわずかである為、原資金を回収するのに数年かかることもあります。

また、マイニングができる仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムだけではありません。

日本国内でおすすめなのは、モナコインなどです。モナコインなどは、国内人気は高くても海外ではそれほど注目されていないアルトコインです。

要するに、マイニングをする時は、競争率が低い仮想通貨を選びます。

ソロマイニングとは?

ソロマイニングとは、自分1人でマイニングをすることです。

ソロマイニングのメリット

  • 報酬を独占できる
  • 手数料を取られない

プールマイニングの場合は集団であり、クラウドマイニングの場合は手数料が発生します。

しかし、ソロマイニングは、自分1人でする事が出来る為、報酬を全て独占する事ができます。

その為、ソロマイニングを趣味としている人もいます

ソロマイニングのデメリット

  • 初期投資がかかる
  • 報酬が日によってバラバラ

ソロマイニングは自分1人で行う為、まずはマイニング専用の機材を色々と準備しなければいけません。

他のマイニングに比べると始めるまでに手間がかかります。

また、日にとっては報酬が発生しない日もあります。

その為、気長にマイニングをする必要があります。

マイニングのまとめ

マイニングの基礎について紹介しましたが、理解いただけたでしょうか?

「理解したからマイニングをしたい!」と、思われた人は下記にマイニングのやり方を記載していますので、ご覧下さい。

マイニングのやり方と流行りのマイニング方法まとめ

マイニングは、仮想通貨の売買に比べてリスクが少なく、報酬に繋がりやすい資産運用方法の1つです。

この機会に資産運用の一環で、マイニングをしてみてましょう。

【関連記事】

仮想通貨XPのマイニング方法

注目のマイニングは?

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事