プレゼントのバナー

プレゼントのバナー

韓国税関がブロックチェーン技術導入を決定!技術提供会社はなんとあのサムスン電子!!!

長年検討されていた韓国税関のブロックチェーン技術導入に関して、韓国大手のエレクトロニクス企業である【サムスン電子】が技術提供するという形で、両者の合意が完了しました。

今回の合意は、韓国大手のエレクトロニクス企業大手のサムスン電子のIT子会社であるサムスンSDSが、Nexledgerをベースにしたブロックチェーンプラットフォームを開発したことから始まります。

韓国税関がサムスンSDSのブロックチェーン技術をロジスティクスサービス(物流)に活用するという形に決定しました。

Nexledgerは特にデータ改ざんに強く、ブロックチェーンのリスクを最小限に抑えることができます。

サムスン電子のブロックチェーン活用技術はどれ位凄いのか

サムスン電子は、1969年創業の総合家電・電子製品・電子部品メーカーで、韓国最大規模の企業です。

また、サムスン電子はサムスングループの中核を担い、スマートフォンやNAND型フラッシュメモリでは、ともに世界シェアトップを誇ります。

過去には韓国のGDP(国内総生産)の22%を占めたことや、時価総額が韓国株式市場の25%に達したこともあります。

最近では、サムスン電子のIT子会社であるサムスンSDSがサムスン電子の国際的なロジスティクス(物流・運送)経験に基づくノウハウとAI(人工知能)を組み合わせた運送システム「チェロスクエア3.0」を開発し、世界中のEC(エレクトロニックコマース)企業に提供するなど、積極的に最新技術を用いたインフラ整備を行っています。

そして今回、韓国税関が導入するのはNexledgerという技術です。

Nexledgerはビジネス向けの統合型ソリューションを提供するために開発されたプラットフォームであり、デジタル金融取引やデータの管理・交換の際の大幅なコスト削減を目的として開発されています。

サムスン電子のNexleedgerはコスト低減の世界的なモデルとなるのか?

先ほど、Nexledgerは大幅なコスト削減を目的としていると記述しましたね。

では一体、Nexledgerとは、具体的にどのようなシステムで、何の業務においてコスト削減を行うのか、紹介します。

効率的な情報伝達を行うことができるシステムである

まず、Nexledgerは、これまでの物理的な情報管理をデジタルに移行しブロックチェーン技術を用いて効率的な情報伝達を行うことができるシステムです。

これにより、デジタル金融取引の際の不正防止や、書類管理に割くコストの軽減を実現します。

作業の合理化、不正書類の検出を行う

また、Nexledgerは輸出入の際の申告~納品までの各段階における作業の合理化、不正書類の検出にも役立ちます。

人の手によってあちこちに散在していた重要な情報や書類の共有から、従来の無駄を除去するだけでなく、ブロックチェーンによるコンセンサスシステム(合意形成システム)を要して、不正書類や書類不備などの発見を効率化することが出来ます。

また今回、韓国税関が導入する、Nexledgerをベースにしたプラットフォームは韓国政府だけでなく、EC事業を手掛けている企業などにも応用できるため、韓国税関のほかに、公的機関や海運業、保険業などを含めた45のサービス事業者との間でも合意が完了しています。

次々と新しい技術を市場に導入し、先駆者となろうとしているサムスン電子の子会社、

サムスンSDSの金融コンサルティング担当バイスジデントである「孫光宇」氏は、今回のNexledger完成に伴い次のようにコメントしています。

ブロックチェーンプラットフォームの開発では、システムインテグレーションサービスのノウハウとブロックチェーンテクノロジのメリットをどのように融合させるのかを考えた結果、このような技術を開発することができました。

「孫光宇」氏が言う通り、技術開発は時間と共に進化しているのが分かりますね。

サムスン電子から見る今後の私達が考えなければならないこと

私達には今、昨今嘆かれている「AIによって仕事が奪われる」などの悲観論を除去し、デジタルが私達の生活に組み込まれていくという新しい「あたりまえ」にどのように人間が適応していくいのか、人間が何を生み出せるのかを熟慮することが必要となってきていますね。

ですから、今後も仮想通貨を始めとしたブロックチェーン技術には関心を持っておく必要がありますね。

【参考文献】

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事