チャッティネス

財界の神と呼ばれる男が世界の金融界、ビジネス界、財界をけん引する重鎮とのネットワークを完成!という触れ込みで、ここ数日、様々なブロガーの皆さんが取り上げているこのプロジェクト。

果たして、この案件がどんな投資案件なのか?詐欺案件ではないのか?

もうみるからに胡散臭いと思ってしまうような案件だとは思いますが(泣)

今日はこの話題に関して、可能な限り、真相に迫ってみたいと思います。

ICO割れ

仮想通貨投資案件「JAPAN HOPE PROJECT」はどんな投資案件?


公式Webサイトとされているサイトで配信されている、このプロジェクトに関わる動画を視聴しました。

1時間49分にも渡る、大長編スペクタクルとでもいえそうなこの動画…。

感想に関しては、たぶん人それぞれだと思われますので、実際に皆さんも視聴してご自身でお確かめいただければと思うのですが…。


一言でこのプロジェクトの謳い文句を言い述べるとするならば、

「人類史上究極の利権である貨幣発行権により世界最大の隠し財産8000兆円が日本国民に分配される。」という投資案件だそうです。

動画を見ても、正直、一体どのような仕組みでそれが実現できるかに関しては、全くもって具体的ことは示されていません。

この動画において「貨幣発行権」という言葉が連打されていますが、通常の金融業界で一般的に用いられる言葉であれば、「通貨発行権」。

「貨幣発行権」という言葉は、法定通貨の世界では全く用いられることがない。

ここからは憶測となりますが、仮想通貨におけるICOでその権利の獲得を促していると予測されます。

そして、それは、自動売買システムによって何もしなくてもお金が稼げるという触れ込みのようなのですが、

本来、自動売買システムというものは指値を指定して、その価値に到達した場合に売買を実行するというシステムですから、“何もしなくてもよい”という話ではなく、

“相場を読んで、指値を指定すること”も出来ない自動売買ツールに運用を任せるというのは、リスク以外の何者でもない筈…。

まとめると動画では、仕掛け人とされるジェームス・ワタナベ氏が、

  • 凄い経歴の持ち主である。
  • 誰もが知る巨大組織の売買に関与している
  • 世界の富をコントロールする側に君臨している
  • 貨幣発行権を握っている

そして、このプロジェクトに参画すれば、

  • どんな素人でも大金持ちになれる
  • 8000兆円を分配する
  • 頑張ってきた日本人に還元したい
  • 日本を希望であふれる国にしたい

と語っているだけ…。

全くこの投資案件の運用に関するシステマティックな、具体的な施策や方法は明示されていません。

ジェームス・ワタナベ氏はどんな人?Wiki的プロフィール紹介


ジェームス氏について述べる前に皆さんに是非、注意していただきたい内容のコメントが、ゴールドマンサックス社から発表されています。

ゴールドマン・サックスの名を騙った投資勧誘や詐欺行為等にご注意ください。
最近、ゴールドマン・サックスとは無関係の第三者による、当社と誤認される名称を使用した、または当社との実在しない取引関係を騙る、などの方法を利用した、仮想通貨や未公開株の売買などの投資勧誘やその他の詐欺的な行為等に関する事例が多く報告されています。
現在、報告されている事例は、当社とは一切関係のない業者によるものです。
ゴールドマン・サックスの名前を騙った投資勧誘や詐欺行為にはくれぐれもご注意いただきますようお願い申し上げます。
このような投資勧誘等により、被害または迷惑に遭われた場合は、警察署または日本証券業協会の「株や社債をかたった投資詐欺」被害防止コールセンター(0120-344-999)等に対応をご相談ください。
また何か不審な点がございましたら、ゴールドマン・サックス(代表:03-6437-1000)までお問い合わせください。
出典:ゴールドマンサックス 公式Webサイトhttp://www.goldmansachs.com/japan/warning-alert/

で、実際に、ジェームス氏という人が在籍した過去があるのか?ついて問い合わせを行ったのですが…。

回答としては、

名前
「個人情報保護の観点から、過去に在籍のあった個人に関わる情報を(会社として)提供することはできません。」

という回答。

ただ、

名前
「このように、弊社在籍経験を実績として語る人による詐欺案件は急増しているようですので、ご注意ください。」

と。

これは推測ですが、

暗に、この案件が詐欺案件ではないか?とゴールドマンサックス社側も認めているのではないか?という事を匂わせるような回答でした。

可能な限り、この方に関する情報を取得しようと、色々とサイト検索や、金融界に関する記事を執筆しているライター仲間などにヒアリングを試みたのですが。

すみません、全くと言っていいほど、ここに列挙されている、過去=ゴールドマンサックス社日本法人副社長、クレディスイス幹部を証明できるような、公的記録を見つけることはできませんでした。

という事で、この方の素性に関しては全くもってどのような方かを語ることが出来ません。

「JAPAN HOPE PROJECT」で稼ぐためには?


このプロジェクトで、参加者は一体何をすればいいのか?

どのようなアクションを行えばいいのか?

ICO割れ

今の段階では、公開動画でも全くもって公開されていませんが、LINE@に登録すれば、新規注目の仮想通貨「J・HOPE」10万円相当をプレゼントとあったり、主催セミナーへの参加権利が付与されるとされていますが、それ以上のことは特に謳われていません。

という事で、仮想通貨「J HOPE 」に関して詳しく調べることにしたのですが、

これに関して、仮想通貨の評価、格付け等に関してのリサーチを行っているCoin MarketCapのアナリストによると、

  • 発行開始日
  • 利用ブロックチェーン
  • トークン
  • 承認アルゴリズム
  • 発行上限、分割単位
  • ブロック生成サイクル
  • ブロックチェーンURL
  • ホワイトペーパー
  • 開発状況の公開

に関する情報は全くないとのこと…。

結局、なぞは深まるばかりです。

仮想通貨投資案件「JAPAN HOPE PROJECT」の真相は?


全く情報がつかめないまま、悶々としている時に、筆者と交流のある妖しい情報商材を扱うブログを執筆している加計勝さんに相談したところ、こんな情報を得ました。

「僕も試しにメール登録してみたんですが、これ、所謂、メルアド等の個人情報収集を行って第三者に譲渡する、名簿ビジネスを生業としている可能性が高いです。
プライバシーポリシーには、第三者に譲渡する可能性があることを示唆している。
ただ、これだけ壮大な事を歌い上げておいて、実際に動画にも女優さんやらを登場させておきながら、何もやらずして、サイトを閉鎖するなんて道義上あってはならないことだと思うし、
それで採算が獲れるのか?と疑問ですが、今、こうした謳い文句で個人情報を獲得するだけ獲得して、それを売り飛ばすというビジネスは横行していますから…。」
と…。

なるほどですね。

今回様々な観点からことの真相を探り当てようと努力しましたが、残念ながら、このプロジェクトの実態は全く掴めませんでした。

これだけ調べて、何もない…。

という事は、ただの詐欺だと断定しても構わないのではないかと。

しかし、このような謳い文句に騙される人、いるのかな?それが居るのが現実だったりします。

個人情報をしっかり守るという観点から、こうした誘いの手口に乗ることの無いようガードはしておきたいもの。

メールボックスがスパムの山になり、不用意にURLをクリックしてハッキングにあうというようなコトからは免れたいものですから…。

世の中には、面白いサービスがこのような案件の他にありますので、仮想通貨に投資をするのであれば、コンテンツありきのまっとうな会社へ投資をしましょう^^

チャッティネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事