Huobiがリップル(XRP)の先物取引を開始

中国初の大手仮想通貨取引所Huobiは1月27日、同取引所が昨年末立ち上げた新たなデリバティブ取引市場「フォビ・デリバティブ・マーケット」にて、

仮想通貨リップル(XRP)の先物取引商品を提供する計画があることを明らかにしました。

 

この計画を明らかにしたのは、Huobiの顧問弁護士でグローバルセールスと法人向け事業分門の部長でもあるJosh Goodbody氏です。

同氏は、仮想通貨情報メディアCRYPTO BRIEFINGの取材に応じ、リップル(XRP)の先物取引開始計画について次のように語りました。

Josh Goodbody

Josh Goodbody氏

リップルの先物取引を「非常に近い将来」、リリースする予定であります。

また、2019年中にはリップル以外の仮想通貨も先物取引に追加する予定で、この発表の感覚はさらに短くなっていくだろう。

 

Huobiのデリバティブ取引市場「フォビ・デリバティブ・マーケット」は現在、以下4種類の仮想通貨先物取引を提供しています。

仮想通貨の先物取引を行っている企業はそう多くありません。

Huobiの他には、シカゴ・オプション取引所(CBOE)やシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が先物取引を行う企業として有名です。

また直近で言えば、ニューヨーク証券取引所の親会社ICEが運営するBakktや、ナスダック(NASDAQ)などが挙げられます。

 

仮想通貨のデリバティブ商品は、低迷する仮想通貨市場を後押し、リスクを抑えたい機関投資家向けの金融商品として、注目されています。

ビットコインなどの仮想通貨先物取引商品については下記の記事で詳しく解説しています。

フォビ・デリバティブ・マーケットの狙い

2018年11月、フォビ・デリバティブ・マーケットはベータ版としてリリースされました。

当初はビットコイン(BTC)のみを取り扱っていましたが、約1ヶ月の間にイーサリアム(ETH)、イオス(EOS)、ライトコイン(LTC)も先物取引に追加されました。

 

このようなデリバティブ市場を提供し始めた理由として挙げられるのが、「莫大な資本をもつ機関投資家を仮想通貨市場へ誘致したい」というものです。

機関投資家が仮想通貨市場に参入すれば、莫大な資金が市場に流れ込むこととなり、仮想通貨市場の拡大につながります。

機関投資家向けのサービス展開を行っている企業

機関投資家向けのサービス展開を行っている企業はHuobiのほかにもあります。

 

直近で言えば、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスがOTC取引(※1)提供の開始を発表したことがあげられます。

バイナンスはそれ以外にも、バイナンスにおける「サブアカウント制度」の導入などの、機関・大口受け入れ強化策を施行しています。

※1 OTC取引とは?

OTCとは、Over The Counterの略称で、日本語では「店頭取引」と呼ばれます。

OTC取引とはすなわち、取引所などを介さずに個人間で仮想通貨の売買を行う取引で、個人対個人の取引もあれば個人対販売所という形の取引も存在します。

板取引や流動性に直接左右されることを避ける大口取引ユーザーに好んで利用されるため、最小取引額が1000万円をこえるケースも珍しくありません。

バイナンスのOTC取引開始については下記の記事で詳しく解説していますので、詳細な情報に興味がある方はぜひご覧ください。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事