bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)が法定通貨の取引を開始

世界有数の大手仮想通貨取引所として知られているHuobi(フォビ)のアメリカ市場で展開しているHuobi USがアメリカドル(米ドル)建ての取引を開始したことを6日、ツイッターにて公式発表しました。

日本語
USDトレーディングペアがHuobiマーケットプレイスで利用可能になりました!
USD / ETH、USD / BTC、およびUSD / USDTを取引してください。

今回取引が可能となった通貨は、

以上の3種類です。

米ドルで取引を行うにはネバダ州にあるPrime Trustというの信託企業の米ドルの入出金サービスを利用する必要があります。

また、米ドルのウォレットの利用についてはレベル2のKYC認証を完了したアメリカ居住者のみで、最小限の入金額は100ドルとなっています。

Huobi(フォビ)とは

米ドル建てのBTC、ETH、USD取引を発表したHuobi USですが、本部のHuobiはシンガポールにある仮想通貨取引所です。

元々は中国に本拠を構えており、バイナンスやOKExと並ぶ大手中国三大取引所の1つでした。

そして、Huobiは世界トップクラスの取引量を誇り、現在でもユーザー数は世界トップクラスです。

Huobi USは2018年6月に、Huobi Globalとの戦略パートナーとしてアメリカでオープンしました。

今回の米ドル建てでの法定通貨による取引開始は、初の法定通貨取引ではありません。

2018年にHuobiグループは日本の金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可を取得したビットトレード(株)の全株式を買収し、2019年1月からはHuobi初の法定通貨(円)建ての仮想通貨取引所として取引を開始しています。

1月10日にスタートした日本円建ての取引では

以上4種類の通貨との取引を開始しました。

Huobi(フォビ)の今後の展望

今回新たに米ドル建の取引を開始したHuobi USですが、今後はどのような展開を広げていくのでしょうか。

Huobiのシニア事業担当者David Chen氏が2019年の事業抱負を以下のように語っていました。

「2019年末までに、私たちは5大陸の少なくとも30カ国、特にアジア、アフリカ、ヨーロッパにパートナーを持つことを目標にしています。

これらは10カ国以上で法定通貨建ての仮想通貨取引所の立ち上げを視野に入れています。

引用:Erie News Now

日本やアメリカ以外にも、法定通貨建ての仮想通貨取引所の立ち上げや、立ち上げ支援を考えていることがわかります。

世界で10ヶ国以上の国で法定通貨建ての仮想通貨取引が行われることになれば、今よりも断然多くの資金が仮想通貨市場に流れることになるでしょう。

今後、Huobiがどの国で法定通貨建ての取引所を立ち上げてくるのか、その動きに注目をしていきたいところです。

【参考文献】

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事