ICO割れ

今回ご紹介するのはHOT(Holo)という草コイン。

名前からして熱そうなコインですよねw

そんなHOTは名前負けしないほどホットな仮想通貨なんです!!では早速解説していきます~

ICO割れ

仮想通貨HOT(Holo)の特徴と概要について

HOTは、現在仮想通貨全体の時価総額ランキングで74位にランクする草コインです。

100位以内にランクインしているので、時価総額という点でも草コインの中では優秀ですね。

一部を中央集権化した分散型プラットフォーム

HOTのプラットフォームは、分散型でありながら一部を中央集権化しています。

このため、従来の非中央集権的なブロックチェーンの仕組みとは違い、低コスト、低リスクな運用を行うことが可能です。

HOT(Holo)の思想

HOTはユーザーのコミュニケーションをベースに作られています。HOTは以下の思想ともいえる考えを持っています。

私たちのそれぞれは、どのようにして誰とやり取りするかを制御したいと考えています。

進化し、繁栄するためには、私たちのコミュニティは皆のユニークさをサポートしなければなりません。しかし、今日のオンラインの関係は、集中化された企業Webサイトによって支配されています。
Holochainは、ユーザーの自律性がアーキテクチャとプロトコルに直接組み込まれた分散型Webを可能にします。

データとは、私たちの生きている経験を共有することです。

そのデータの保存と処理を分散することで、私たちがどのように調整し相互作用するかを変えることができます。ユーザーコントロール下でのデジタル統合により、Holochainは、私たちの選択と情報に対する企業のコントロールからオンライン生活を解放します。

一度読んだだけでは何をいっているのかさっぱりですよねw

これは注目される仮想通貨あるあるなのですが、初見だとどういう通貨なのかわかりません。

おそらくHOTについても、後々「そういうことだったのか!」と機能について大方の人が理解できるようになるのだと思います。

アプリケーションをニーズに合わせて接続する

HOTでは、集中システムを使用しないトランザクションを用いているため、軽量で高速で安価なアプリケーションを構築できています。

仮想通貨に実用性が求められている昨今、取引の速さはもはや必須となってきていますね。

ユーザーはホストとして機能する

HOTではユーザーはホストとして機能します。

つまり、より多くのユーザーがアプリを使用するほど、より多くのホスティングパワーとストレージが利用可能になります。

これによりユーザーが増えれば増えるほど、HOTはよりよくなっていくというわけです。

いわゆるPeer to Peer の原理をユーザーにまで落とし込んでいるということですね。

仮想通貨HOT(Holo)の取引所、買い方について

HOTは残念ながら現在日本円で直接買うことはできません。

購入の手順としては、

国内の取引所でイーサリアムを購入→以下の海外取引所で交換、という流れになります。

  • Binance
  • HOTBIT
  • IDEX

海外取引所で怖いのはセキュリティ面ですよね。

この中だとIDEXはDEX取引所のため、セキュリティに強いです。HOTはIDEXで買いましょう!

こちらの記事内に、IDEXを利用しての仮想通貨の購入方法をわかりやすく紹介しております。

HOTの購入方法をまとめると以下になります。

  1. 国内の取引所でイーサリアムを買う
  2. IDEXにビットコインを送金
  3. イーサリアムでHOTを購入

仮想通貨HOT(Holo)は買うべきなのか?口コミについて

各所にて、このようなポジティブな意見も多く見られます。

HolochainもNano初期の再来とか言われてましたな。公式のツイートが質実剛健で好きだ。

あの有名なSuppomanも $HOT holochain に乗っかってきましたねー。まだまだHOTはアツイ。

仮想通貨HOT(Holo)の今後は?将来性について

HOTの今後はどうなっていくのでしょうか。

まずHOTの中の人の見解から。

HOTのコミュニケーションディレクターは、仮想通貨の今後については以下の通り悲観的に捉えています。

「ユーロや米ドルをはじめとする各国の通貨は、2038年にはほぼ消滅しているだろう。ビットコインやその他の現世代の仮想通貨も同様だ」

ただし楽観的にみている部分もあります。それはブロックチェーン技術そのものについてです。

「価値を持つようになった新たなトークンによって、(ブロックチェーンが)つぶされてしまっているということはないだろう。ただ、新たに活力を得た暗号化通貨のエコシステム(デジタル

署名されたシグナルなど)に置き換えられている可能性はある」

ICO割れ

理解し難いこその魅力

HOTは、序盤で解説した通り、一部を中央集権化した分散型システムを導入しています。つまりブロックチェーンと同等な技術を自前で作ってしまったということですね。

ビットコインを初め、多くの仮想通貨は管理者がいないことがメリットでもありデメリットでもありました。

例えば、多くの人が何らかのスマートフォンアプリを毎日使用していますが、使用しているアプリに対して「ちょっとここが変えられたらいいのにな」っていうのは一度でも思ったことがあるはず。

ユーザーが使っているアプリに改良を加えたくとも、直接改良することはできませんよね。

そのため、現存するアプリの性能を効率よく向上させ、本当にユーザーにあったアプリを生みだすためには、根本的になにかが変わらないといけないわけです。

その「何か」を特定し、従来のアプリが作られる仕組みそのものを大きく変化させようというプロジェクトがHOTなんです。

・・と説明してピンとくるでしょうか?!

なんとなく可能性を感じるもののおそらくピンとはこないはずですw

それもそのはず、HOTではまだ多くの人が理解できないようなことを進めているわけなんです。

ビットコインを初めとする仮想通貨自体も初めはそうでした。多くの人は理解に苦しんでいましたが、徐々に普及してきていまでは誰もが価値を感じるまでに発展しましたよね。

新しい技術というのはいつでもそうで、HOTの技術もまたそういうものなんですね。目新しいすぎる。

逆にいえば、皆さんのピンとこなさが大きければ大きいほど、HOTに対する期待度は高まるといえるのではないでしょうか。

HOTがビットコインと同等までに成長する前、つまりいまが間違えなくHOTの買い時といえるでしょう!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事