プレゼントのバナー

プレゼントのバナー

フェイスブックの独自仮想通貨|売上は2兆円超えと予測

アメリカの著名メディアCNBCの報道によって、イギリス・バークレイズ銀行の著名アナリストであるRoss Sandoler氏が、

「フェイスブックが、独自通貨開発・リリースで得られる収益は2021年までに最大で190億ドルを超える」と予想したことが明らかになりました。

仮想通貨Facebook

出典:CNBC

詳しくは後述しますが、フェイスブックは独自仮想通貨の開発を進めていることが以前より知られており、

  • そのリリースがいつになるのか?
  • リリース後の経済効果はどれほどのものになるか?

など様々な専門家からの注目を集めていました。

専門家Ross Sandoler氏が語る「フェイスブックの仮想通貨収益」

イギリス・バークレイズ銀行の著名アナリストであるRoss Sandoler(以後サンドラー)氏によると、フェイスブックが開発している独自通貨(以後フェイスブックコイン)は、数十億ドル規模の収益機会の一部になりうるといいます。

 

サンドラー氏はCNBCに対し、「フェイスブックは独自通貨をリリースすることにより、190億ドルもの追加収益を手にすることができる」との予想を語りました。

 

フェイスブックは昨年、ユーザー、政治家、広告主など、あらゆるフェーズからの攻撃を受けました。

代表的な出来事として挙げられるのは、

英データ分析会社がフェイスブックの最大8700万人分の利用者データを使い、2016年の米大統領選とブレグジットをめぐる国民投票の結果に影響を与えたとされた、いわゆる「ユーザーデータ流出事件」です。

この事件により、フェイスブック社の創設者兼CEOであるマーク・ザッカ―・バーグ氏はアメリカ国会の証人喚問に招集されています。

フェイスブックが抱える”一流の従業員たち”

独自通貨を開発しているフェイスブック社について、サンドラー氏は「フェイスブックは一流の従業員を雇い、開発を進めている」と語りました。

事実、フェイスブックは2014年に、送金・決済サービス大手のPayPal元CEOであるDavid Marcus氏をメッセンジャーアプリの実行者として採用しました。

David Marcus氏はFacebook内のブロックチェーン開発を担当しており、現在では”約40人規模のブロックチェーンチーム”をまとめるチームリーダーを務めています。

また、Facebookの広報担当はブロックチェーン技術開発について、声明文の中で次のように述べています。

Facebookも、他企業と同様にブロックチェーンの活用方法について様々な角度から模索しています。

また、David Marcusが率いるブロックチェーンチームも、様々なアプリケーションを検討している。

フェイスブックが開発の独自仮想通貨とは?

フェイスブック社が独自の仮想通貨を開発しているというニュースは、2018年12月に初めて報じられたものです。

大手アメリカメディアBloomBergによると、Facebookは自社のメッセージングアプリ「WhatsApp」内で、送受金できる仮想通貨の開発を行っているといいます。

WhatsAppとは?

WhatsAppとは、Facebookが提供しているメッセージングアプリでインド・中国を中心に世界規模で利用されているサービスです。

インドでは約2億人のユーザーが存在しており、ドイツやシンガポールでも高いシェア率を獲得しています。

Facebookが開発している独自通貨は、アメリカドルにペッグしたステーブルコインで、価格が安定している法定通貨と同様に、生活の中で利用しやすくする狙いがあると考えられます。

フェイスブックの独自仮想通貨は2019年上半期中にリリースか

アメリカの大手メディア「ニューヨークタイムズ」は2月28日、

世界最大のSNSサービスを提供するFacebook(以後フェイスブック)社が、「2019年上半期中に自社の独自通貨をローンチする方法を模索している」と報じました。

ニューヨークタイムズの報道によると、フェイスブック社はすでにいくつかの大手仮想通貨取引所と協業を進めており、

同紙のジャーナリストが行った匿名の取材によって、以下のような発言が確認されたといいます。

同企業は仮想通貨関連事業の計画を重ねており、現在複数の仮想通貨取引所側と『フェイスブック・コイン(仮)』の上半期における販売を模索している

【参考文献】

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事