プレゼントのバナー

電子マネーというとコンビニのポイントのようなイメージを持っている方も少なくありません。

会計の決済で財布から現金を出すことなくスムースに行える、便利なものというポジティブな考えの方も多いのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨というと、リスクが大きい、敷居が高いなどの印象を受ける方もいれば、電子マネーとの違いがよく分からないという方もいます。

そこで今回は電子マネーについて説明し、仮想通貨との違いについても簡単にお話ししたいと思います。

プレゼントのバナー

電子マネーとはそもそも何か

      電子マネーとは、一言で言うと、現金の代わりにデータをやり取りさせて会計を済ませるサービスです。

      対応している店舗であれば、あたかも通貨(現金)のように使えますが、対応していない店舗も多くあり、法律でも通貨として認められていません。

      しかし、コンビニ大手やチェーン展開する大規模な飲食店、小売店など全国で通用するサービスであり、利用者の生活形態によっては実質現金と変わらない扱いになっています。

      ただ、(中国やアメリカ、欧州全体や東南アジアと比べ)比較的市場の狭い日本でさえ、楽天Edy、Suica、WAON、nanaco(TポイントやPontaは厳密には電子マネーではありません)など4つあり、通貨の「円」のように統一されていないという弱みもあります。

      電子マネーと仮想通貨の違い

      電子マネーと仮想通貨との違いは、レートが固定されている点と絶対的な運営者がいるという点です。

      レートが固定されているというのは、日本の場合では通貨として流通している「円」が電子マネーのベースになっています。

      しかし、仮想通貨の場合は毎日レートが変わり、価値も変化しています。

      なので、今日10仮想通貨という単位で売られていたものが、次の日は20仮想通貨になっていることもあるのです。

      また、電子マネーの場合は楽天やイオン、セブンアンドアイなど電子マネーの発行者が完全に主導権を握っていますが、仮想通貨の場合プログラムを運営する人間がいるものの、基本的には平等であるという点です。

      これらの違いが電子マネーと仮想通貨との違いです。

      プレゼントのバナー

      ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      仮想通貨情報をお届けします

      Twitterでフォローすると良い事あるかも!

      おすすめの関連記事