bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

仮想通貨市場と逆行してDapps市場が好調

Dappランキング

出典:State of the Dapps

2018年は仮想通貨市場にとって過去最大の下落を見せた厳しい1年でした。

そんな大幅な下降トレンドとは逆行するようにDapps業界が勢いづいていることがDapp.comの調査で明らかになりました。

価格だけで見ると、2009年にiPhoneアプリ市場の「App Store」が記録した、年間売上高4600億円を37%上回る勢いだとか。

「App Store」といえば2018年第3四半期だけで120億ドル(約1.3兆円)の収益を上げる市場にまで成長した過去があります。

「State of the Dapps」の調査によると、分散型アプリケーションには2,400を超えるdAppsが存在。

デイリーアクティブユーザーは約56,000人に登り、24時間の取引高は1570万ドル(約17億円)にもなるといいます。

今後、Dapps市場がどこまで収益を伸ばすのか注目が集まっています。

Dappsとは

Dapps(Decentralized Applications)の略で分散型アプリケーションのことを指します。

ブロックチェーンの技術を活用して、中央管理者なしでの運用が可能。

Dappsの多くはEthereum(イーサリアム)のプラットフォーム上で開発が行われていますが、最近ではEOSTRON、STEEMのプラットフォーム上のアプリが増加しています。

Dapp

出典:Dapp.com

Dapps市場のゲームが全体人気を大きく牽引

Dappランキング

出典:State of the Dapps

Dappsの中でも人気を集めているジャンルが「ゲーム」。

ゲーム内アイテムが売買できるという点が支持されているようで、ブロックチェーンゲームが全体の35%を占め、続いてソーシャル分野(20%)やギャンブル分野(20%)となっています。

日本でもDappsは開発されており、国産DAppsとしてブロックチェーンゲームの「マイクリプトヒーローズ」が勢いを見せています。

マイクロプトヒーローズは発表2ヶ月目にして、世界的に人気なEOSやSteem上のNo.1ゲームアクティブユーザー数を超えることも度々見られるほど。

イーサリアムのプラットフォーム上でのアプリが先行者利益もあり、多くを占めていますが処理能力の低下(スケーラビリティ問題)があり、やや勢いを落としています。

その中で勢いを伸ばしてきている「Steem」のプラットフォーム。

アカウント全体の約44%がDAppsユーザーで、イーサリアムアカウント数比の2%、EOSアカウント数比の27%を大きく上回っています。

Steemはスピードの速さと手数料不要な仕様や、Steem上でブログ、ソーシャルネットワークを展開するソーシャルニュースサービスが人気です。

また、広告に依存しない収益モデルを作り出すことで、有益な記事を書いた人に還元される仕組みが指示を集め、「State of the Dapps」では「Steem Monsters」が3位にランクインしており、コレクター要素の強いデジタルカードゲームとして、人気を集めています。

Dappランキング

出典:State of the Dapps

EOSやSteemのDappsが勢いに乗る中で、仮想通貨の価格の繁栄はあるのか、アプリケーションの売り上げがどこまで伸びるのか、今後の注目が集まります。

【参考文献】

ゲームに関する関連記事

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事