チャッティネス

さて、オンラインゲームと仮想通貨のコラボレーション。

オンラインゲームと仮想通貨のコラボレーションと言えば、以前【イーサエモンとは何か?DAppsのイーサエモン攻略でお金が増やせる!?遊び方と特徴を紹介!】でも紹介しました。

あ、噂によるとChattinessもオンラインゲームを開発しているという。オンラインゲームをすればするほど、CHATTYコインが貯まってそのCHATTYコインでECショップでお買い物ができちゃうとか。

因みに、Chattinessの記事はこちら。

【再注目!】CHATTYコイン(チャッティ)の概要と将来性について!格安でショッピングできるECサイト】

今からでもワクワクする仮想通貨は沢山ありますね。

ブロックチェーンの技術が用いられた、オンラインシュミレーションゲーム「クリプトニンジャ(CRYPTONINJA))への事前登録は既に開始されています。

今日はこの話題について、進めていきたいと思います!

ICO割れ

クリプトニンジャ(CRYPTONINJAの概要について


このゲームを開発した、エバーシステム株式会社からは以下のようなリリースが発表になりました。

日本発のブロックチェーンゲーム「CRYPTONINJA」(クリプト忍者)が6月リリース前に事前登録1,300名突破。

ゲームアイテムを自分で管理できるブロックチェーンゲームに高い関心と期待。

エバーシステム株式会社(名古屋市中区金山1-15-14-301代表取締役 石田陽之)が6月にリリース予定のブロックチェーンゲーム「CRYPTONINJA」(クリプト忍者)が、事前登録開始から25日目で登録者1,300名を突破。ブロックチェーンゲームへの高い期待と関心が明らかになりました。

クリプト忍者ゲームタイトルロゴ

<ブロックチェーンへの高い関心の理由とは?>

ゲーム分野へのブロックチェーンの応用は、ゲーム内のアイテムを分散ネットワークで自身のアセット(資産)として、自分でコントロールできるという点にあります。

ゲームユーザーは基本的にゲーム会社が用意したアイテムを購入しますが、そのアイテムを自分が持っているという証明は事実上できない状態でした。

ブロックチェーンゲームではこのゲーム内のアイテムを自分だけが持つ「資産」として管理できるところに多くのゲームユーザーが期待をし、関心を示しています。

<CRYPTONINJAの特徴>

CRYPTONINJA(クリプト忍者)は、アイテムをイーサリアム上のERC721という規格で作成しており、このERC721で作られたアイテムは唯一のデジタル資産として管理をすることが可能になります。

実際のゲームではこの資産でつくられた忍者と城をユーザーが持ち、忍者は城を攻め、城は忍者から攻められるのを守るために罠を仕掛けるという形で対戦をする戦略シミュレーションゲームとなっています。

海外のブロックチェーンゲームを含め、デジタル資産をオークションで高く買うということだけを目的としたブロックチェーンゲームも多い中、CRYPTONINJAでは対戦要素を含め、ユーザーがゲームとして楽しめる内容を目指して開発しました。

出典:共同通信PRWire:https://kyodonewsprwire.jp/release/201806084809

簡単にまとめると、

CRYPTO NINJA(クリプトニンジャ)とは、2018年6月公開予定のエバーシステム株式会社が開発中のブロックチェーンとスマートコントラクトを活用したDApps(分散型アプリケーション)ゲーム戦略シュミレーションゲームと言えるかと思われます。

 Dapps(分散型アプリケーション)とは、DappsはDecentralized Applications<の略で分散型アプリケーションという意味です。

このDappsは、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションのことを指します。

CRYPTO NINJA(クリプトニンジャ)ではゲーム内仮想通貨「EG」を稼ぐことができ、将来的に取引所などでの売買が可能になることが想定されています。

対戦機能もあり、EGトークンを取り合う事もできるバトル要素も搭載されていて、事前登録のみで10000EGをゲットすることが出来ます。

2018年6月時点ですでに1300名の事前登録が集まっているようです。

尚、2018年6月中の配信を予定しているようですが、詳細は現段階=2018年6月13日現在未定。

ゲーム内で仮想通貨はいくら稼げそうか?

いくら稼げるか一番気になるところじゃないですか?笑

今までのオンラインゲームは課金ばっかでしたが、ゲームをすれば仮想通貨が貯まってサービスの利用に使うことが出来るなんて...。

このゲームの前身となっているのと想定されるのが、クリプト陣取りというゲームで、ブロックチェーン技術を用いたカードを収集するDappsです。

このゲームはイーサリアムブロックチェーン上でカードを取引することに注目しています。

プレーヤーは領地やお城を集め、それらを取引したり対戦したりすることが出来ます。

日本の地図を閲覧し、好きな場所を買うだけ。

取引が処理されると、あなたはブロックチェーン上で、その権利を持つ世界で唯一の人となります。

自所有する領域は他のプレーヤーによって購入されることがあるので気をつけなければなりませんが、うまく利用すれば利益が出せるという仕組みになっています。

どうやって利益を出す?利益の出し方とは?

以下、ゲームの利益の出し方に関するリリースです。

表示されている価格でどこかの領地を買って見てください。あなたが買った領地を他のユーザーが購入すれば、その10%があなたの利益となります。

日本の所有者は、8つに分けられた地方(北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州・沖縄)・都道府県・お城に関わる全ての取引において1%の利益を得ることが出来ます。

それぞれの地方の所有者は、都道府県・お城に関わる全ての取引において1%の利益を得ることが出来ます。

都道府県の所有者は、その土地にあるお城の取引において1%の利益を得ることが出来ます

開発者の利益はどれくらいですか?

我々は、全てのプレーヤーに還元をしていきたいと考えています。

開発者の利益となるのは全取引の3.5%です。

そこで、あなたが招待した全てのユーザーの取引の開発者に支給される分の10%を配当として得ることができます。

招待したプレーヤーはブロックチェーン上に記録されます。

【開発者の利益について】
我々は、全てのプレーヤーに還元をしていきたいと考えています。

ICO割れ

あなたが招待した全てのユーザーの取引の開発者に支給される分の10%を配当として得ることができます。

招待したプレーヤーはブロックチェーン上に記録されます。

出典:クリプト陣取り:https://cryptojintori.jp/

このように詳細が規定されてリリースされれば、色々と計算式を立てて、利益シュミレーションが出来るのですが、

今の段階では、こうしたゲームに関する詳細な利益配分の情報が記されていませんので、どれだけ利益を上げるか?について明言することはできません。

ただ、ここでクリプト陣取りの運営チームは、“全てのプレーヤーに還元をしていきたい”事を表明している点には注目したいところ。

果たして、CRYPTO NINJA(クリプトニンジャ)の開発者が、どのように運営者が利益を確保し、還元する姿勢を見せるのか?

それによって、ユーザーがどの程度、利益を出せるのか?が決まってくるのではないか?と考えます。

つまり、開発者サイド、運営側がここで利益を確保するという事になれば、簡単に考えれば、多くのユーザーがここでプレイすればするほど、開発者、運営者の利益に繋がるということです。

クリプトニンジャ(CRYPTONINJA)の評判と今後について

リリース前ということで、ゲームの専門家に問合せを行ったところ、ユーザビリティやゲームに関する評価などに関しては「正直、よくわからない。」という事だったのですが、
ビジネスという観点からこの運営主体であるエバーシステム株式会社を取材したライターの情報によると、

エバーシステム株式会社は「ゲーム単体で1万ユーザーを6か月以内に達成することを第1目標にブロックチェーンの特徴である、デジタル資産の安全な移転、管理、流通履歴の追跡といったビジネス上のアプリケーションでも応用可能な技術を用いていることから、ゲームのみならず、ブロックチェーン関連の開発支援も積極的に展開していきたい。」

と述べているとのこと。

つまり、「ゲームで、ブロックチェーンという技術のシュミレーションを行いつつ、こうしたモデルを他に転用することを考えているのではないか?」と予想しています。

例えば、こうした技術を活用して可能な事というのは、少額出資でビバレッジを利かせ、大きなビジネスを動かすことが出来る。という事で、

例えばですが、今まで、巨大複合ビルディングは大手で巨大資本を所有するデベロッパーでしか建てることが出来なかったけれど、全国どこに居ても少額出資でビルの一部を自らの資産にできるという時代が到来することになるかも知れない…。

ゲームでこうしたブロックチェーン技術、Dappsを活用した技術がどのようにリアルなビジネスに反映されるのか?

今後の注目点はそこかも知れません!

あくまでも僕の見解ですけども(´・ω・`)

【関連記事】

チャッティネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事