プレゼントのバナー

プレゼントのバナー

暗号通貨とは?仮想通貨とどう関係している?

暗号通貨とは、暗号化技術を用いることにより実現される「通貨機能をもつネットワークを形成するプログラム」です。

同義の言葉として、「仮想通貨」という呼称が使われています。

現在は、「仮想通貨」という言葉が一般的となり、改正資金法の中でも「仮想通貨」という表記が用いられています。

英語では「cryptocurrency(クリプトカレンシー)」と表現され、「crypto」は「暗号」、「currency」は「通貨」を意味しており、「仮想」という意味は含まれていません。

暗号化技術は、何かの通信を行う際のリスク(盗聴や改ざん)といったものに対するセキュリティ対策として幅広い分野で使われています。

暗号通貨においても同様で、通貨としての機能を果たすために通信を行う必要があり、それらのセキュリティ対策として暗号化技術が使われています。

暗号通貨に利用されている代表的な暗号化技術としては、「公開鍵暗号方式」が挙げられます。

「公開鍵暗号方式」とは、「データの送信時に暗号化に使われる鍵」と「データ受信時に復号化に使われる鍵」で異なる鍵を使うという特徴をもつ暗号化技術です。

この暗号化技術を利用して「身元確認をする方法」として応用させることで、間違いなく本人から送信されたデータであるという判断を可能としています。

少し具体的に説明すると、

  • データの暗号化はデータの送信者しか知らない「秘密鍵」でのみ可能
  • データの復号化は、データの送信者しか知らない「秘密鍵」をもとに作られる「公開鍵」を使って行われる。

という2つの性質を利用して、「通信時の身元確認」を確かなものとしています。

データの暗号化は当事者にしか行えず、それを復号化する鍵は当事者しか持っていない鍵をもとに作られるので、

「”秘密鍵をもとにつくられた公開鍵”を使ってデータを復号することが可能、かつ暗号化も本人にしか行えないのであれば、データ通信を行ったのは本人に間違いない」

ということになります。

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事