日本の大手仮想通貨取引所Coincheckが11月26日より、仮想通貨XRPと仮想通貨FCTの取引(入金・購入)を再開したことを自社HPとツイッターにて発表しました。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下当社)は、本日2018年11月26日より、XRP・FCTの2通貨の入金・購入を再開したことをお知らせいたします。

引用:Coincheck公式HP

ハッキング被害から今日までのCoincheck

Coincheckは2018年1月に、約580億円の巨額な損失をだす大規模なサイバー攻撃(ハッキング)被害に遭い、先月まで既登録ユーザーの仮想通貨売却・送金以外のサービスを停止している状態が続いていました。

ハッキング事件については下記をご覧下さい。

>>>コインチェックNEM流失事件まとめ

ハッキング被害にあったCoincheckは、同年4月に大手金融グループであるマネックスの傘下となり、経営管理体制や内部監査体制の整備に注力し、経営再建に向けて準備を進めてきました。

マネックスの傘下となった後のCoincheckの動きや、これからの展望については、マネックスCEOでである松本大(まつもとおおき)氏が語っています。

>>>コインチェックを買収したマネックスグループが決算発表/松本CEOの今後の狙いは?

そして松本大氏がCoincheckの展望を語った翌日の10月30日、同取引所は以下3つのサービス提供再開を発表しました。

  • 新規口座開設
  • 一部仮想通貨の入金(BTC・ETC・LTC・BCH)
  • 一部仮想通貨の購入(ETC・LTC・BCH)※

※BTCの購入は当初より停止していません

10月30日に続いて、動きがみられたのは11月12日。

Coincheckは取引を再開できていなかった通貨のうちの以下3通貨の取引再開を発表しました。

  • 一部仮想通貨の入金(ETH・XEM・LSK)
  • 一部仮想通貨の購入(ETH・XEM・LSK)

ハッキング以前にCoincheckが取り扱っていた仮想通貨は全9種類。

そのうちBTCなどを含む計7通貨が11月12日までで取引再開されましたので、後は仮想通貨XRP(リップル)・FCT(ファクトム)の取引再開を待つのみという状況になっていました。

CoincheckにてXRPとFCTの取引が再開!

仮想通貨取引所Coincheckは11月26日、仮想通貨XRPと仮想通貨FCTの取引を再開したことを発表しました。

  • 一部仮想通貨の入金(XRP・FCT)
  • 一部仮想通貨の購入(XRP・FCT)

よって、ハッキング以前にCoincheckが取り扱っていた仮想通貨全9種類の取引全てが再開したことになります。

尚、今回の取引再開に伴い、

入金アドレスの再発行をする必要があり、旧入金アドレスは使用できなくなる。

などの注意点がいくつか存在しますので、詳しく知りたい方はCoincheckのHPをご覧下ささい。

ハッキング被害後、今日までに再開されたサービスは次の通りです。

  • 新規口座開設(国内居住のお客様)
  • 仮想通貨の入金・購入・出金・売却(全取扱仮想通貨対象)
  • 日本円の入金・出金
  • レバレッジ取引における決済・証拠金の入出金
  • Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)

また、いまだ再開されていないサービスは次の通りです。

  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

これらのサービスの再開時期は明らかになっていませんが、10月30日の発表からわずか1か月で全通貨の取り扱い再開を実現したスピードを踏まえると、これらのサービスも予想を上回る速さで再開されていくと考えられます。

【参考文献】

Coincheck(コインチェック)の関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事