bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

Coinbase(コインベース)が大口顧客向けにサービスを拡大

アメリカを拠点とする世界最大規模の仮想通貨取引所Coinbase(以降、コインベース)は1月23日、アジア地域を中心とした大口顧客向けのサービスを拡大する方針を発表しました。

コインベースの発表によると、拡大するサービスは以下の2つです。

  • 機関投資家向けの取引プラットフォーム
  • 現存のカストデイ業務(コインベースカストデイ)

 

また、これらのサービス拡大にあたり、アジア在住の顧客がアメリカ国外の銀行口座から資金の入出金が行えるように、SWIFTを利用した電信送金サービスも提供するとしています。

アジア地区機関投資家向けセールス部門トップのKayvon Pirestani氏は、仮想通貨取引におけるアジアの重要性について次のように言及しています。

Kayvon Pirestani

Kayvon Pirestani氏
世界で最も活発な、多くのトレーダーや機関投資家が生活の拠点としている地域であるため、

アジアは仮想通貨エコシステムにとって非常に重要です。

 

仮想通貨市場において、アジアを重要視しているのはコインベースだけではありません。

リップル社もアジア市場に関心を向けている企業の1つで、同社のヨーロッパ規制関連責任者であるDan Morgan氏は、アジア地域の魅力について次のように語っています。

Dan Morgan

Dan Morgan氏

XRPはまだ始まったばかりだが、われわれはアジア市場に最も注目している。

コルレス銀行のコストが高すぎることでサービスが不十分であることによる過渡期であるせいかもしれないが、国際送金の需要はあると感じている。

デジタル資産についていえば、ほとんどの流動性はアジア市場にある。

カストデイやOTC取引等のサービスも提供

先述したように、コインベースはカストデイやOTC取引のサービス拡大を行います。

 

カストデイサービスは、ニューヨークの金融サービス局により信託銀行として信頼憲章の交付を受けているCoinbase Custodyが提供します。

Coinbase Custodyに預けられたすべての資産は強固なセキュリティ管理のもと、オフラインで管理され、保険によって保護されます。

Coinbase Custodyの詳細な情報については以下の記事をご覧ください↓

>>>米Coinbase Custodyにリップル(XRP)を含む約40種類のアルトコインが追加!

 

OTC取引(※1)は、コインベースが昨年11月末に立ち上げたOTCトレーディングデスクにて行われます。

今回の発表によると、アジア、ヨーロッパ、イギリスの一部機関投資家がOTC取引の利用が可能になるということです。

 

※1.OTC取引とは?

OTCとは、Over The Counterの略称で、日本語では「店頭取引」と呼ばれます。

OTC取引とはすなわち、取引所などを介さずに個人間で仮想通貨の売買を行う取引で、個人対個人の取引もあれば個人対販売所という形の取引も存在します。

板取引や流動性に直接左右されることを避ける大口取引ユーザーに好んで利用されるため、最小取引額が1000万円をこえるケースも珍しくありません。

バイナンスでも大口顧客向けサービス拡大の動きが加速

これまでは、個人投資家がメインとなり市場が拡大してきた仮想通貨ですが、最近では大手の金融機関や企業が仮想通貨市場に参入する動きが活発化してきています。

アメリカの仮想通貨決済企業である「サークル」は1月3日、OTC取引の取引高が2018年に想定で240億ドルを記録したと発表しました。

OTC取引は大口の機関投資家等が好んで利用する取引方法で、OTC取引の増加=大口顧客の流入増加 を意味します。

 

今回、大口顧客向けにサービス拡大を発表したコインベースですが、コインベースと同様に世界最大規模の仮想通貨取引所バイナンスも先日、

機関・大口顧客受け入れ強化のため、OTCトレーディングデスクの開始を明らかにしました。

バイナンスは同取引所における「サブアカウント制度」も発表しており、世界中の大手仮想通貨取引所が大口顧客獲得に向け動きを活発化させていることがわかります。

>>>バイナンスが初カンファレンスにてOTCデスク開始を発表!顧客データ流出報道は否定

【参考文献】

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事