最有力視されているビットコインETFを申請中のVanEck及びSolidXの両社とCboe BZX取引所が、アメリカ証券取引委員会(SEC)に対し、ETF承認の妥当性をプレゼンで主張したことがSECの公式文書にて新たに分かりました。

VanEck・SolidXとは?両社によるETF申請の経緯

VanEckはニューヨーク市を拠点とする投資顧問会社(運用資産総額は380億円を超える大手)で、SolidXはブロックチェーンソフトウェア開発と金融サービスのプロバイダー企業です。

VanEck、SolidX両社は2018年6日、ビットコインベースの上場投資信託(ETF)をアメリカ証券取引委員会(SEC)に申請しました。

仮想通貨関連のETFに対して厳しい姿勢を見せているSECは、これまで2度の可否決定延期を行っており、今もまだ審査中という状態です。

しかし、両社は2度目の可否決定延期が決まった10月にSECに対して、以下の2点を中心にプレゼンを行いました。

  • ビットコインETFが規制に則っていること
  • 投資家の保護が十分であること

SECに対してのプレゼンの概要

先述したように、前回のプレゼンでは、

  • ビットコインETFが規制に則っていること
  • l投資家の保護が十分であること

を中心にプレゼンを行ったVanEck、SolidX両社でしたが、今回は「成熟したビットコイン市場」という観点から、既存のETF(金、銀、原油)とビットコインを比較しながら以下の5段階に分けてプレゼンを行いました。

  1. 既存ETF商品(金、銀、原油)とビットコイン
  2. 重要なマーケット
  3. CBOEのマッチングエンジン(※1)キャパシティと応用解析
  4. MVISビットコインOTC取引指数
  5. 付録
※1.マッチングエンジンとは?
マッチングエンジンとは、電子取引の中核をになうソフトウェア(およびハードウェア)コンポーネントで、入札単価とトレードを完了するためにオファーを組み合わせる作業を担うことです。

プレゼンの中で両社は、3つの商品先物市場において「実質的なエビデンス」は「スポットと先物の価格はともに協和分(Cointegated)されている」ことを示しました。

そして、「スポットと現物の価格は緊密に結びついている」と指摘すると共に、ビットコインのスポットや先物も上記に当てはまるとして「十分に機能する資本市場としてのエビデンス(※2)」だと主張しました。

※2.エビデンスとは
エビデンスとは、証拠や根拠、証言、形跡などを意味することです。

また両社は、ビットコインETF審査のうえで重要視される市場操作の問題に対し、

ビットコインのエコシステムはすでにETF商品が承認されているほかのコモディティと比較しても、操作の影響を受けにくい

ことの具体例を挙げながら、以下のように主張しました。

通常であれば、コモディティ市場のインサイダーがその商品供給に関する取引情報を入手していたば場合、価格へ影響を与える可能性が高いが、ビットコインの場合はこのような問題に直面する可能性が極めて低い。

なぜなら単一の取引所でビットコインの価格操作を行うにも、グローバル規模でビットコイン価格操作を行う必要があり、それはかなり難しいことだからです。

グローバル規模でビットコインの価格操作を行うには、大量の資金を用意しなければなりませんが、裁定取引のトレーダーはアービトラージを行うために、必ず複数の取引所に資金を分散していなければならず一か所に資金を集めることができません。

つまり価格操作にあたって、1つの取引所かOTCプラットフォームに資金を集中させる可能性は極めて低い。

仮想通貨ETFに対するSECの姿勢

仮想通貨関連のETFに対するSECの姿勢には厳しいものがあります。

過去にはあのウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Geminiが申請したETFも却下していますし、ここ数か月で数十件のETF申請を却下していることも明らかになっています。

11月27日に行われた仮想通貨カンファレンスで登壇したSECのJay Clayton長官の発言により、ビットコインETF申請を承認するために必要不可欠な要素は以下の3点だとわかりました。

  • 適正な価格形成プロセス
  • 価格操作のリスク
  • ETFの現物である仮想通貨の徹底したカストデイ

Jay Clayton長官によると、特にビットコインETFが実現しない要因としてあげられるのは「価格操作のリスク」だとしています。

つまり、SECがETFの承認するのにはまだ時間がかかる可能性が高いでしょう。

【参考文献】

ETFに関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事