ICO割れ

仮想通貨の世界に、中国からまた新たに注目されるモノが誕生しました。

それがBKKトークン。

2018年6月1日に発行されたこのBKKトークン。

まだ、生まれたばかりのこの通貨が注目を集めているのはなぜでしょう?

この仮想通貨がまた、少し他の仮想通貨と異なる性格を持つと言えるのは、仮想通貨取引所が発行する、独自の通貨であるということ。

日本でいえば、仮想通貨取引所であるビットフライヤーが、ヒットフライヤーマネーという独自の仮想通貨を発行するようなものと考えていただければいいかと思われます。

今回は、このBKKトークンに注目してみたいと思います。

ICO割れ

仮想通貨BKKトークンの概要と特徴について

まず、BKKトークンについて述べる前に、仮想通貨取引所である「BKEX」について説明しておきたいと思います。

先日、価格が約60倍と大幅に値を上げたFTを発行するFcoinと非常によく似た取引所であり、現在既に30万人以上の登録があるとのこと。
後述しますが、BKKを購入する際には、このBKEXへの登録が必要となります。

またこのBKKトークンの特徴とは、FcoinのFTやOKEXのOKBのような配当をBKK保有数によって得ることが出来ること。

そして、マイニング分=採掘によっても、配当もあることもその特徴と言えるでしょう。

マイニング報酬の分配割合

  • BKKトークン保有者に毎日発行量の40%分配
  • 紹介者に毎日発行量の10%分配
  • コミュニティパートナーに毎日発行量の5%分配
  • BKEX運営に毎日発行量の10%分配(ロックアップされるものと予想されます。)
  • BKEX運営に毎日発行量の35%分配(運用、保守費用として)

更に、総発行枚数30億枚は全て流通させるというわけでなく、一定サイクルで新規に発行されていく仕組みになっています。

その周期、サイクルは以下の図が示す通り。

仮想通貨BKKトークン

1サイクルは90日間になっており、16サイクル繰り返すことで30億枚が市場に流通させるという計画が示されています。

ホワイトペーパーを読み解くと、最初の90日間のサイクルでは毎日「5,873,225枚」発行され、こちらも配当の一部や運用費などに充てられることになっているようです。

そして、ここに登録することで得られる報酬とは以下のとおり。

BKKトークン保有者に毎日発行量の40%

紹介者に毎日発行量の10%

これらの報酬に関しては、BKEXでの取引量に応じてBKKトークンが分配されます。

第一周期に関していえば、毎日発行量5873225枚なのでその50%=約290万BKKトークンが毎日取引量に応じて分配されるとされています。

まとめると、BKEXがという仮想通貨取引所が発行する独自トークンであり、

  • 取引量に応じた利益配分が為されること
  • マイニング報酬の分配されること
  • 事前登録者数が30万人を超えたこと

これらがこの仮想通貨BKKトークンのキャラクターを示すものであると言えるでしょう。

要するに、投機家や投資家の売買によってその値が決まる、他の仮想通貨とは、大きくその個性が異なるもの。

つまり、ある種、投機組合的なコミュニティを形成して、その中で利益配分を行ってゆこうという意味合いにもとれるような試みと言えるのではないでしょうか?

仮想通貨BKKトークンの買い方とは?購入方法を解説

先述した通り、この仮想通貨は、仮想通貨取引所である「BKEX」が発行する仮想通貨ですから、「BKEX」への登録が必要です。

その登録方法について説明していきます。

仮想通貨取引所「BKEX」登録方法

まず、公式サイトにアクセスします。

仮想通貨BKKトークン

最初は中国語表記になっていますので、右上で日本語表記にしてください。

その後、電話番号登録ができないので、メールアドレスからの登録を選び、必要部分に入力していきます。

入力後アカウント作成をクリックで登録完了です。

仮想通貨BKKトークン

続いては、二段階認証の設定。

メニューのマイページをクリックすると上記の画面に飛びます。
こちらのグーグル認証を設定することで2段階認証も設定完了になります。

続いては本人認証。

これが出来ないと、取引はできません。

こちらもマイページから上記の画面に飛びます。こちらの実名認証を設定していきます。

【すぐに認証する】をクリックしてください。

仮想通貨BKKトークン

上記の画面で必要カ所を入力。

本名入力

パスポート番号もしくは免許証番号入力

必要画像をアップロード

身分証の正面写真

身分証の裏面写真

身分証、日付・BKEXと書いた紙、自分の顔が写った写真

これらを提出したら、あとは認証を待つのみです!

急激な登録人数増加により、少し時間がかかることが予想されます。

入金に関しては本人認証が完了後にできるようになります。

仮想通貨取引所「BKEX」入金方法

仮想通貨BKKトークン

メニューのマイポケットから上記の画面に飛びます。

入金したい通貨の【お預入】をクリック。

画面中央のボタンをクリックすると入金アドレスが表示されますので、そちらのアドレスに入金すれば完了です!

ICO割れ

紹介報酬受け取りのためのリンク確認方法

仮想通貨BKKトークン

メニューのマイページから飛んでください。

その後左の一覧から【加入招待】をクリックすると上記の画面になります。

中央の青いボタンをクリックすることで紹介リンクをコピーすることができます。

マイニング報酬受取方法

仮想通貨BKKトークン

メニューのマイポケットから上記の画面に飛びます。

赤丸で囲んだ青いボタンをクリックすることで、マイニング報酬を受け取ることができます。

取引をした日に毎日クリックしないと、報酬が発生しませんので気を付けてください。

仮想通貨BKKトークンの将来性について!購入すべきなのか?

仮想通貨BKKトークン

(図は、BKKトークンと類似する、FTのチャートです)

あくまでも筆者本人が下した結論であり、それを推奨するわけでもなく、強要するわけでもありませんが…。

チョッと毛色の違うこの仮想通貨、登録して保持しておくには、損はない通貨であると判断しています。

なぜなら、他の仮想通貨とは異なる生業であり、ある種の投機組合的なコミュニティであり、登録者数が増えれば、ある意味、自動的に値が上がることにはなるでしょうし、

アフィリエイト報酬やマイニング報酬など、相場を読んで博打を打つ的な投資、投機とは全く異なる意味合いの報酬を受け取る仕組みになっているから。

仮想通貨というのは、どの仮想通貨に関しても言えることの一つとしては、そこに関わる(投機する)人の数によって、その価値が変動するもの。

ブロックチェーンやDapsに関する技術の深堀がどの程度行われているかはわかりませんし、それが果たして、何処までこの通貨に反映されているのかは読めません。

ただ、こうした投機組合的なメンバーの一員となり、相場に一喜一憂しながら、管理画面を操作するのではなく、運営者側の努力に委ね、その価値の行方を見守る分には、ある意味、絶好の機会と言えるのでは?

運営主体であるところの「BKEX」のお手並み拝見と、行きたいところです。

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事