ICO割れ

こんにちは!

今回は、仮想通貨の中でもレバレッジ取引のできるという、珍しいものをご紹介します。

信憑性も併せて見ていきましょう!

ICO割れ

仮想通貨取引所「BITPRO」とは?特徴と概要について

現時点では仮名称ですが「BITPRO500」という仮想通貨取引所が2018年8月25日(土)にオープンが予定されています。

正式名称は、本オープン時に発表されるとのことです。

本オープン前に先行登録が開始され、注目を集めています。

最たる特徴としては、高倍率レバレッジの取引ができるということです。

細かい部分で上げていくと、以下の4つの特徴があげられます。

①世界初のレバレッジ500倍対応

日本の金融庁はレバレッジの倍率が25倍以下でなければ許可をしないため、高倍率のレバレッジ取引をする場合は海外の取引所を使うことになります。

現状、海外の取引所で最も高倍率なのは、BITMEXでレバレッジ100倍。

このBITMEXが登場した際も非常に注目を集めましたが、今回とりあげるBITPROはなんとその5倍のレバレッジ500倍です。

基本的にこの「レバレッジ」という取引はFXの世界でよく聞く用語だと思います。

同様にFXの世界でも、日本ではレバレッジ25倍までなので高倍率の取引を行うときは海外口座を使用します。

これの仮想通貨バージョンが今回のBITPROというわけです。

この、500倍という倍率について、詳しくは後述させていただきますが、とてつもない倍率です。

②ゼロカットシステム導入により、証拠金以上のマイナスにはならない

レバレッジ取引の最大の不安要素は万が一負けて、強制ロスカットとなった際に証拠金以上のマイナスになってしまうことがあり、特に高倍率のレバレッジ取引では莫大な借金を背負う恐れがあります。

証拠金というのは、その口座に入れておいて、取引の際に使用する金額のことを指しますが、それ以下のマイナス損失を出した際に、補填しなければならないことを、追証といいます。

この追証は、逃げられもせず、破産申請もできないため、損失を出しすぎると、それこそ想像したくない、大変なことになります。

ですが、このBITPROには、ゼロカットシステムという預けている資金が0になった時点で強制的に決済するシステムを導入しているため、リスクを証拠金までとすることが可能になっています。

③日本の口座への直接入出金が可能

通常、海外の取引所で取引を行う場合、日本の取引所でビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨を購入し、海外取引所に送金してから行う必要がありますが、

このBITPROという取引所は海外の取引所でありながら、日本国内の銀行に送金することが出来るため、取引所口座と日本の銀行での直接入出金が可能となっています。

これにより、国内取引所から海外取引所に送金する際の間違い等による通貨損失のリスクを減らすことが出来ます。

ちなみに、手数料はわずか0.15%、口座開設維持(年間維持費等)は無料です。

海外取引所の中では一般的な水準となる手数料ですが、国内取引所と比較するとわりかし低い水準となっています。

「BITPRO」に関する会社や関係者の情報がないって本当?

公式サイト(https://www.the-crypto-ico.com/500bai)は存在するものの、関連する会社や関係者の情報は調べても一切でてきませんでした。

今すぐ先行登録というフォームがありますが、サイトのクオリティ的にも、書かれている内容を見てみても、信用に足るようなものは挙げられていません。

そもそもこれだけ話題性が大きそうな取引所ですが、大きなメディアが取り上げている様子はなく、一部の仮想通貨系YouTuberが突然拡散をはじめて情報が拡散されました。

個人の仮想通貨系YouTuberが情報を拡散させているということは、YouTuberと運営元の契約によって拡散依頼された案件であるという可能性があり得ます。

どんな会社のどんな人が運営しているのかが分からず、情報の発信源も個人のYouTuberであるいうのは個人的には信用できない要素が多すぎるような気がします。

「BITPRO」レバレッジ500倍の取引とは?

そもそもレバレッジ(leverage)とは「てこの原理」という意味ですが、投資の世界では少額の資金で大きな金額を動かすことをいいます。

例えば、通常の取引では1万円の資金を持っている人は1万円の取引しかできませんが、レバレッジ取引なら1万円の資金でレバレッジ25倍の取引をした場合は合計25万円分の取引が可能となります。

さらに詳しく言えば、レバレッジなしの場合は1万円で1000円儲けられる取引があったとしたら、少額で終わってしまいますが、25倍なら、1万円元手で25万円分の取引ができるので、同じ場合で取引ができれば、25000円の利益が得られるわけです。

つまり、BITPROはレバレッジ500倍の取引が可能なため、上記の理論でいけば50万円にすることができるというわけです!

さらにもっとロマンのある数字を述べれば、20万円を入金すれば1億円のビットコインやイーサリアムの売買ができ、ビットコインの価格がほんの1%上下するだけで20万円を120万円にすることができる!というようになります。

公式サイトでは、うたい文句としてこのように述べています。

前述のとおり、ゼロカットシステムが導入されているので、証拠金以上のマイナスはでませんが、ハイレバレッジ取引はハイリスクであることには間違いないので、もし興味がある方はその点は十分に注意しましょう。

「BITPRO」にはアフィリエイトプラグラムが存在するが・・・

このプロジェクトは、知人に紹介してメールアドレスを登録させると、知人が取引をするたびに売買手数料の20%を紹介者に払うというアフィリエイトプログラムを実施しています。

ICO割れ

レバレッジ500倍なので、20%のアフィリエイト収入はかなりの額になります。

そのため、現状このプロジェクトの内容がよくわかっていない人もアフィリエイト収入欲しさに知人に紹介するということもありえます。

もちろん、このプロジェクトがうまくいけばこれほど良い儲け話はないでしょう。

しかしながら、上記のとおり、運営元のしっかりした情報がない以上、何も知らずに拡散をするということは、下手すると被害者が増やしてしまいかねないということは意識しておくべきでしょう。

アフィリエイトをして、実際には詐欺に近い案件だった場合、収入が入らないことはおろか、自分も詐欺師扱いされてしまっては、たまったものではありません。

そのあたりも、考えてやった方がいいかもしれません。

「BITPRO」は不安要素が多すぎる?被害に遭う可能性が高い?

既に何度か述べていますが、まず何より運営元・情報の発信源が曖昧だということはこういった投資案件を調べるうえで最も不安材料となります。

また、公式サイトが日本語で書かれているとはいえ、名目上・取引上は海外の取引所であるため、万が一の際、日本の特商法が通じない可能性があります。

それであるにも関わらず、日本円で直接やり取りできるというのも危ない情報です。

公式ホームページの作りが安っぽく、他のICOサイトと同じような造りになっていたり、そもそもBITPROのロゴが某エナジードリンクのマークとそっくりだったりなど、見た目上の問題もいくつか見えてしまいます。

また、実際に取引がオープンになったとして、ゼロカットシステムがしっかり運営されるかも不安要素です。

これがなされなければ、マイナスが出たときの損失により、大幅な被害を受けてしまうことは必至です。

こういったことに対して、一例としては、悪質な海外のFX業者が顧客の資金を集めたあとに突然姿をくらまして、出金もサポートとの連絡もつかなくなる事件が過去にいくつも発生しているので、十分注意する必要があるかと思います。

BITPROにそれでも興味がある方は、今すぐ始めるではなく、しっかり現状を見極めてからやることをお勧めします。

始めることに関してはお勧めできませんが・・・

では、今回の記事はこの辺で、また次回の記事でお会いしましょう!

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事