2018年11月16日、ビットコインキャッシュのハードフォークが実行され、BitcoinABCとBitcoinSVは、それぞれが掲げるビットコインキャッシュのフォークを実行しました。

出典:CoinDance

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークの見るべきポイント

ビットコインキャッシュは2017年8月、ビットコインの技術的な限界を突破するためにハードフォークして誕生した仮想通貨です。

>>>【詳細】ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ誕生した?

ハードフォークの主な目的は「ブロックサイズ(※)の拡大」であり、ビットコインキャッシュのブロックサイズはビットコインの1MBから8MBに大きく拡大しました。

また、その後のアップデートにより2018年5月にはブロックサイズは32MBまで拡大しています。

※ブロックサイズとは?
ブロックサイズとは、ブロックチェーン上の1つのブロックに書き込める情報量のことです。
ブロックサイズが小さいと次のブロックを生成するコストが増大し、手数料の増加や取引反映の遅延を招きます。

BCHの分裂騒動、ポイント、詳しい経緯などについてはこちらをご覧ください。↓

>>>ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークして価格が20%高騰!今後はどうなる?

ビットコインキャッシュ(BCH)が2つの通貨に分裂成功

BitcoinABCとBitcoinSVはBCHプロトコルのルールセットの変更をするために、それぞれハードフォークを実行しました。

まず初めに動きが見られたのはBitcoinABCです。

出典:CoinDance

日本時間の16日午前3時頃、ビットコインキャッシュのブロックがハードフォーク実行ブロックである「556767」に到達すると、BitcoinABCが実装した最初の新しいブロックをBitcoin.comがマイニングしました。

BitcoinSVは、何かしらのトラブルにより十数分新しいブロックの生成(マイニング)が確認されない状況に陥っていましたが、日本時間の午前3時20分ごろにSVのブロック生成が確認されました。

BitcoinABCとBitcoinSVのブロック生成が確認されたことで、無事BCHはハードフォークを完了することとなりました。

フォーク前の状況ではBitcoinSVのハッシュレートが優勢でしたが、ロジャーバー氏率いるBitcoin.comがハッシュ戦争(※)の開始となるチェーンスプリットに合わせてBTCからBCHにハッシュ割合の大幅な変更を行ったことにより、BitcoinABCが優勢という状況に転換しました。

※ハッシュ戦争とは
※ハッシュ戦争とは、BCHのハードフォークにおいてBCH ABCとBCH SVのどちらがBCHの引き継ぎ通貨となるか、その争いのことを指します。

ブロックチェーン上では、より長いチェーンを生成した通貨が「信用に値するコイン」として認識されます。

よって、BCHABCもしくはBCHSVが正式に通貨として認められるためには、できるだけ多くのブロックを生成(ハッシュの生成)をする必要があります。

Bitcoin.comのアドバイザーを務めるJake Smith氏は、BCHのマイナーたちがいつまでこのハッシュ戦争を続けるのかにもよるがと前置きしつつも、現状について次のように語りました。

Wright氏が今後、この状況を打破することができるのかは定かではないが、もし今後もBitcoin.comがハッシュパワーを今の水準で保っていけるのであれば、クレイグ陣営に勝ち目はないだろう。

BitcoinSVに勝ち目はあるのか?

今のところ、クレイグ氏がチェーンに攻撃を仕掛けるほどBitcoinABCが優勢である状況ですが、BitcoinSV側に勝ち目はあるのでしょうか?

フォーク当初から劣勢に立たされているBitcoinSVですが、すでにクレイグ氏はこのハッシュ戦争を続けると公約しています。

また、クレイグ氏が持っている手札(作戦)はすべて使用する動きに出る可能性が予想されるため、BitcoinABC側も油断できない状況です。

今後の価格と注意点

Jake Smith氏が発言している通り、このハッシュ戦争がいつまで続くのかは定かではありません。

送金は可能?

BitcoinABCとBitcoinSVの両方の取引を継続しているPoloniexなどの仮想通貨取引所であれば、送金は可能です。

しかし、まだ両社のハッシュ戦争は終結しているとはいえず、今送金してしまうとなんらかのトラブルに巻き込まれる可能性も否定できないため、送金等の取引行為は状況が落ち着いてからのほうがいいと思われます。

ハッシュ戦争の中心にいるBitcoin.comも、公式に以下のような発表をしています。

どちらかのチェーンが圧倒的なリードをとることが確認できるまで、送金などの取引は行うべきではない。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格はどうなるのか?

今後、BitcoinABCとBitcoinSVのどちらがハッシュ戦争の勝者となるのかで状況は変わりますが、仮にいまのところ優勢なBitcoinABCがハッシュ戦争に勝利した場合は、BitcoinABCが引き継ぎ通貨、BitcoinSVが付与通貨に該当することになります。

2つの通貨が付与され、利用できるわけではないので注意が必要です。

今後の詳しい価格についてはBinanceなどの取引所を参考にしましょう。

>>>Binanceの公式サイト

【参考文献】

ビットコインキャッシュ(BCH)の関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事