プレゼントのバナー

プレゼントのバナー

バイナンスが次に立ち上げる仮想通貨取引所はアルゼンチンか?

世界最大の仮想通貨取引所Binance(以後バイナンス)のCEO 通称CZ氏は3月9日、

自身のツイッターを更新し、アルゼンチンにおける”法定通貨経由で仮想通貨取引ができる仮想通貨取引所”の立ち上げを示唆しました。

日本語訳
次はどのこの国に”法定通貨経由で取引可能な仮想通貨取引所”を建てようか?

詳しくは後述しますがバイナンスは先日、アルゼンチン政府との提携を発表しており、

アルゼンチンにおける仮想通貨・ブロックチェーンの普及・拡大をサポートする

という旨の文書を発表しました。

 

今回CZ氏は、「次はどこの国に”法定通貨経由で取引可能な仮想通貨取引所”を建てようか?」という文言とともに、アルゼンチン政府とバイナンスが提携したことを知らせるニュース記事を掲載。

アルゼンチンにて、新たな仮想通貨取引所を開設する可能性を示唆しました。

CZ氏が語る「法定通貨経由の仮想通貨取引」とは?

2019 年の1月19日~1月22日にかけて開催されたバイナンスの初カンファレンス「Binance Blockchain Week」にて、とあるユーチューバーのインタビューに応じたバイナンスCEOのCZ氏は、その場で2019年の展望を語っていました。

 

CZ氏は「2019年におけるバイナンスの目標はなにか?」という質問に対し、「法定通貨を経由した仮想通貨取引の促進」と回答。

同氏は以前より、仮想通貨市場全体の成長は、法定通貨から仮想通貨への流れが制限されていることにより妨げられていると指摘しており、

2018年9月には、そのソリューションとして「今後一年間で5~10の”法定通貨建て”の仮想通貨取引所を開設する計画」を発表しています。

 

2019年3月現在では、もうすでにいくつかの仮想通貨取引所が世界中で開設されており、同年1月には欧州の法定通貨建て取引ペアを提供する仮想通貨取引所「バイナンス・ジャージー」が開設されました。

バイナンスがアルゼンチン政府と提携|最大5,000万円の出資を約束

先述した通りバイナンスは3月6日、同取引所の投資部門 Binance Labs(以後バイナンス・ラボ)とアルゼンチン政府が提携し、同国のブロックチェーン企業をサポートしていくことを発表しました。

 

日本語訳

アルゼンチン政府の出資額は、我々が出資する投資額とほぼ同額です。

アルゼンチンに称賛を!

 

バイナンスの発表によると、バイナンス・ラボとアルゼンチン政府は以下のような内容で提携しており、

バイナンス・ラボとしては、アルゼンチンのブロックチェーン企業や各地域に対しアドバイスを行い、現存する課題を解決できるようサポートしていく方針だということです。

  • 4年間の間バイナンスとアルゼンチン政府が提携
  • バイナンス・ラボが投資しているアルゼンチン企業10社にアルゼンチン政府も投資
  • アルゼンチン政府はバイナンス・ラボの投資額とほぼ同額の5万ドル(最大)の出資を約束

詳しくは以下の記事でわかりやすく紹介しています。

【参考文献】

プレゼントのバナー

ハワイ⇧詳しくは上記をクリック⇧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事